FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から ボディ マウント を 進めてまして
   

gdfhdsgvb (23)



フロント ボディ に 下あご 部分 を  接合 し、 

溶接 の 熱 で 歪んだ 部分 を 修正 しながら  


本溶接 と、  溶接跡 の 仕上げ を 終えたら


jyjeryueryeryj (1)


jyjeryueryeryj (4)


グリル の 開口 の 両端 部分、 縦 部分 が

2重 構造 に なっているのを


耳状 に 折り返して、  巻き込む 処理 を して 


jyjeryueryeryj (2)


jyjeryueryeryj (3)


オリジナル と 同じ、 3重 の 構造 に なりまして


写真 では 解りづらい ですが、、、、  現車 見ても

もう 仕上げ処理 してしまったので、  解りまめん。。。。。


eghheryhy (1)


下あご の 接合、  グリル 開口 の 仕上げ も 終り


腐食 や 過去 の 修復 不良 で 強度 が 無かった

フロント ボディ は 再生 が 進むにつれて 


eghheryhy (2)


強度 も 取戻し、  ガチガチ に 固く なってきまして


ボディ 本体 の 強度 を 出したところで、  次は

フロント ボディ を 支える  ボディ マウント の 製作 へ


eghheryhy (3)


eghheryhy (4)


型紙 を とって、  鉄板 を 切り出したら


穴開け した 鉄板 と  それを  支える

補強 の リブ として  組み合わせて いきまして


eghheryhy (5)


ボディ側 の ボディ マウント ブラケット を 製作。


溶接 すると  後に 塗装 が 出来なくなる 

インナー フェンダー との 合わせ面 など


eghheryhy (6)


eghheryhy (8)


先 に 錆止め を 塗って  処理 を しましたら


竜兵 フレーム を 作り直す 際に、 事前 に 位置 を 決めて

ボディ マウント を 取り付ける 穴 を 開けてあるので

 
ghsjgdahsfdtgre (3)

ghsjgdahsfdtgre (4)


溶接 の 熱 で 寸法 の 狂い が 出ないよう


実際 の 本番 に 入れる ボディ マウント ゴム と 

同じ 厚み の  金属製 の 治具 を 挟んで 固定 し


ghsjgdahsfdtgre (1)


ゼファー の フロント ボディ の 溶接跡 を 見ると 

外側 から スポット 溶接 してある 処理 が 多いので


オリジナル 同様、 外側 からの  スポット 溶接 してあるように


ghsjgdahsfdtgre (2)


見えるような、  溶接 の 仕方、 処理 で 仕上げまして

ボディ マウント ブラケット の 製作 と 取り付け が 完了


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2018/11/16 05:05 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)