FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から ボディ マウント を 進めてまして
 

gdfhdsgvb (14)


gdfhdsgvb (15)


ボディ マウント 兼、  バンパー ブラケット の

取付 部分 を 兼ねた  フレーム を 製作 し


右 に 傾いていた  竜兵 フレーム を 切り落としたら


gdfhdsgvb (12)


取り付ける 位置 が 狂わないよう、  

鋼材 で 治具 を 組んで  固定 し


新しい フレーム に  差し替えまして


gdfhdsgvb (13)


先日、 新しい 鉄板 から 再生 した  

インナー フェンダー の 先端 と、  


フェンダー を 取り付ける 部分 の 隙間 は


gdfhdsgvb (16)


フレーム 差し替え 作業 の 邪魔 に なるので

2 ピース に 分割 して 製作 し


フレーム 差し替え 作業 を 終えたので

 
gdfhdsgvb (17)


先日 製作 した 部分 から 下 の 部分 も

型紙 を とって  鉄板 を 切り出し


プレス ライン を 入れて  再生 しましたら


gdfhdsgvb (18)


腐食 部分 と、 ルーバー を 再生 した

インナー フェンダー を 含め、  本溶接 へ


本溶接 の 際、 薄い 鉄板 の インナー フェンダー は 


gdfhdsgvb (19)


溶接 の 熱 で 歪むので、  ハンマリング で

修正 しながら  本溶接 を 進めますが


インナー フェンダー の 裏側 には、 フレーム と 渡して、  


gdfhdsgvb (20)


強度 を 出すように 溶接 してあった 補強 の バー が あり


そのまま では 歪み の 出方 に 影響 を 及ぼしたり

バー の 付近 は 邪魔 に なって ハンマリング 出来ないので、  
 

eghheryhy (7)


一旦  撤去 して  本溶接 と、 歪み の 修正 を したら

再び 組み戻すことに なりまして


フレーム側 は  MUSTANGⅡ フレーム化 の 際


eghheryhy (9)


フレーム 形状 が 変わり、  接続 できなくなったので

切りっ放し で ぷらぷら に なってまして


インナー フェンダー側 は  スポット 溶接 されてたので


gdfhdsgvb (21)


スポット 溶接 を 剥がして、  補強の バーを 撤去。


スポット 溶接 されていた 合わせ面 は 錆 を 落として

錆び止め を 塗って おきまして


gdfhdsgvb (22)


インナー フェンダー、  フロント ボディ との 

接合 部分 を  新しく 再生 した パネル を  


しっかり 全周 溶接 しながら、 本溶接 していきまして

  
jyjeryueryeryj (1)


jyjeryueryeryj (4)


本溶接 を 終えたら、  表側 の 溶接跡 を 綺麗 に 仕上げし


裏側 も、  エンジン ルーム を 覗き込むと 丸見え なので

こちらも  綺麗 に 仕上げて いきますが

 
gdfhdsgvb (27)


gdfhdsgvb (28)


エンジン に 近い 場所 や、  サスペンション の アーム 付近 は  

狭くて 仕上げする 工具 が 入らないので


後ほど  フレームオフ した 際に 仕上げると しまして

 
fjhfgjfjfjfhj (1)


インナー フェンダー と  フロント ボディ 側面 の

本溶接、  仕上げ を 終えたら


続いて、  フロント ボディ の 先端 の 本溶接 へ


fjhfgjfjfjfhj (2)


右側 に 曲がっていた ボディ の 建付け を 直すため

裏骨 や ブレス を 切り離して、


一旦 ボディ の 強度 を 落していき


gdfhdsgvb (25)


上側 の 突き合わせ 部分 を 切断 し、 ズレ や  歪み、 

位置 を 誤差 1mm 以内 で 修正 していくと、


中央 の 突き合わせる 部分 が 寸足らず に なったので

 
gdfhdsgvb (24)


隙間 が 出来た 数ミリ分 の 鉄板 を 切り出して

継ぎ足しして  こちらも  本溶接 して いきまして


切り離して 綺麗 に 板金 し直した  下アゴ 部分 も


gdfhdsgvb (26)


フロント ボディ に 位置出し して 接合 し、 

溶接 の 熱 で 歪んだ 部分 を 修正 しながら  


全周 しっかり 本溶接 しまして


gdfhdsgvb (23)


溶接跡 を 綺麗 に 仕上げし、  

フロント 周り の 再生 が 完了 です


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2018/11/11 04:00 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)