FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から ボディ マウント を 進めてまして


tuyghkjfgjkr (2)


インナー フェンダー が フレーム に 溶接 して

固定 されていた 部分 は


ボディ マウント 構造 に 変更 し、  不要 に なるので


tuyghkjfgjkr (5)


フレーム を 傷つけないよう、  剥がして  除去。


袋状 に なっていて、  雨水 が 溜まるのか

腐食 して  強度 が  無くなってますし


tuyghkjfgjkr (6)


フロント フレーム を  MUSTANG Ⅱ 化 する際


インナー フェンダー と フレーム が 溶接 されてると

フレーム 加工 が 出来ないので


tuyghkjfgjkr (1)


インナー フェンダー は フレーム の 上 で 全周  切断 されてたので


本来、 フレーム に 接合 して 強度 を 出していた 構造 が 

接合 されていないので、  ぺろぺろ で  動いてしまい


tuyghkjfgjkr (9)


おまけに  アッパー アーム を かわすよう

インナー フェンダー を  切り欠いて ありますが


エンジン ルーム の 熱 や 風 が 抜けるように 


tuyghkjfgjkr (10)


ルーバー が 切ってある 構造 の 部分 だったので


切ってしまった  ルーバー 部分 を  再建 できず

よけい に 強度 が 落ちて  ぺろん ぺろん。。。。。

 
tuyghkjfgjkr (4)


このままでは、  ボディ マウント 化 しても

インナー フェンダー の 強度 が 落ちたままで


ボディ の 外板 や、  ファイヤー ウォール、


tuyghkjfgjkr (3)


フロント ボディ の 荷重 を 支えられないので


切りっ放し に なっている  インナー フェンダー を

復元 して  強度 を 取り戻して いきます 


tuyghkjfgjkr (8)


左右 両サイド の  インナー フェンダー が  フレーム に 

溶接 されていた  部分 を  剥がしたら  


インナー フェンダー 全容 の  型紙 を とりまして


tuyghkjfgjkr (7)


今後 は、 MUSTANG Ⅱ フレーム の アーム類 を かわし


ボディ マウント化 して  フレーム に 接合 する 構造 の

新しい デザイン の テンプレート を  製作。


tuyghkjfgjkr (12)


現在 残っている  オリジナル の ルーバー 部分 は 


新しい デザイン の インナー フェンダー に なると 

位置 や 形状 が 合わなくなる 部分 も 出るので


tuyghkjfgjkr (11)


この先 の 製作 行程 を 見据えた 位置 で

けがき を 入れて 切断 し、  一部 を 摘出。


続いて、  下側 の 全周 が  切り落とされて


tuyghkjfgjkr (13)


ぺろぺろ に なっているので、  フレーム、 サスペンション の

構造 に 合せて  下側 を 作り直して いきます


鉄板 を 切り出し、  新しい デザイン の アーチ に 合せて


tuyghkjfgjkr (20)


シュリンカー と  ストレッチャー を 使い、

まっすぐ の 鉄板 を カーブ させたら


鉄板 に 強度 を 出すため、 ビードマシン で

 
tuyghkjfgjkr (18)


tuyghkjfgjkr (19)


カーブ に 合わせた  デザイン の  ビード を 入れていきます


平面 の 鉄板 は  手で 簡単 に 折り曲げれて しまいますが

ビード の 折り目 が 入ることで、  山谷 の 構造 に なり  

  
tuyghkjfgjkr (14)


折り曲げようと しても、  ガチガチ で 曲がらないほどの

強度 を 持たせることが  できます


各カーブ に 合せて 曲げた 鉄板 に  ビード を 入れたら、 


tuyghkjfgjkr (15)


tuyghkjfgjkr (16)



インナー フェンダー の 下側 の、 裾 に なる 部分 が 完成。


テンプレート を 使い、  作りたい 形状 に なっているか

確認 しながら  裾部分 を 作っていきまして  


tuyghkjfgjkr (17)


中央 の  カーブ を 突き合わせる 部分 は


ビードマシン で 入れた  ビード の 両端 が

マシン を 使った  そのまま の  仕上げ だと、 


tuyghkjfgjkr (24)


ビード の 終わり 部分 の 形状 が

ぼんやり してしまい、  カッコ悪いので 


最後 の エンド 部分 は  ハンマリング で


tuyghkjfgjkr (21)


tuyghkjfgjkr (22)


エンド 部分 の  エッジ が  際立つように

ビード の 形 を 仕上げて いきまして


際立つよう に 仕上げる 前、 仕上げた後 を 見比べると、  


tuyghkjfgjkr (25)


俄然、  仕上げ後 の 方が  見栄え も 良くて

ビシっと 締まって   カッコよく なりまして


ビードマシン が あっても、  良い ビート が 作れるわけでは なく 


tuyghkjfgjkr (26)


良い マシン の 使い手 と、  最終的 には  やっぱり 

職人 の 手 と、 技 なんですね


次 は  ルーバー の 再建 に 進みます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2018/10/31 05:35 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)