FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940  LINCOLN   ZEPHYR 

1940  LINCOLN   ZEPHYR 



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から ボディ マウント を 進めてまして


dtghbdgbD (28)


K藤 さん の  1940 ZEPHYR の 作業 では


ボディ の 外板、  床、  補強 など  ほとんどを

作り直していく  メタルワーク が 主なので  


hsrhgn


様々 な 工作 機械 を 使って  作業 しますが


中でも  いまは  クルマ に 合せて 鉄板 を 切ったり、  

曲げたりする 作業 が とても 多く、  


dtghbdgbD (30)


作業 の 効率化 と  仕上がり を 良くするため、  


鉄板 を 切る シャーリング、  折り曲げる ベンダー、

丸める ローラー が   新たに  仲間入り しまして


wfwsrfvwed (13)


ボディ の フロア を 支える、  フロア ブレス を


強度 を 出すために  ”  ハット曲げ ” と、 呼ばれる  

折り曲げた 鋼材 を  2 サイズ  作りまして


dtghbdgbD (1)


dtghbdgbD (2)


ボディ と  フレーム の 位置 関係 に 合わせ

フロア の 板 を 支える  ブレス を 製作


ブレス は、  前 から 後ろ まで  場所 に よって


dtghbdgbD (3)


dtghbdgbD (4)


長さ や  フレーム の 逃げ の 深さ が 違うので

1か所 づつ、  計測 して  導き出した 寸法 に なりまして


箱状 に して  強度 を 出しつつ、  凹ませたり

    
dtghbdgbD (5)


dtghbdgbD (6)


出っ張らせたり、  裏 に 補強 が 入ったりと

複雑 な 形状 に なりまして


ボディ の インナーロッカー に 接続 する 部分 は


dtghbdgbD (7)


dtghbdgbD (8)
 

角度 や  ねじれ 具合 が  3D で これまた 複雑、、、、、、、


なるべく 強度 が 出るよう、  鉄板 は 1枚物 で

ベンダー を 使って 曲げていき


dtghbdgbD (9)


dtghbdgbD (10)


ベンダー で  曲げられない 部分 は  溶接 して 作って、

溶接跡 も 綺麗 に 仕上げて いきまして


左右分、  合計 10 種類 の ブレス を 製作 しまして


dtghbdgbD (11)


dtghbdgbD (12)


続いて、  腐食 して  朽ち果てた  ひな壇 部分 の 

ボディ マウント 部分 の 製作 に 進みまして


型紙 を とって  採寸 した 寸法 に 合せて 


dtghbdgbD (23)


鉄板 を 切り出し、  ベンダー で  曲げたり

溶接 したり しながら  箱状 に していきますが


ひな壇 部分 なので  角度 が 付いたり


dtghbdgbD (24)


dtghbdgbD (25)


フロア や インナー ロッカー に 接続 するための 

耳 や 折り返し も あったり と、  


こちらは  超複雑 な 形状 に なりまして、、、、、、、


dtghbdgbD (26)


dtghbdgbD (27)


次 は フレーム に 取り付ける 

ボディ マウント の 製作 に 進みます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2018/09/27 05:01 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)