FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940  LINCOLN   ZEPHYR 

1940  LINCOLN   ZEPHYR 



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ の  外板 は、 全周 ボトム 部分 が 腐食 し

アメリカ で 張り替えた 跡 が ありまして


ergerg (2)


1940 ZEPHYR  の  ボトム は、  フロント の

フェンダー の 後ろ から、  フェンダー スカート前 まで


全部 ライン が 異なる、 流暢 な カーブ を 描いていますが


ergerg (1)


その通り に 鉄板 で 再生 していくのは 超 3D 形状 で、  

とても 難儀 な 板金 技術 を 要するので


超 アバウト に 鉄板 を 貼って、  その上 に


ghgdfhstrhjy (7)


数 センチ の パテ が 盛られて  成型 して ありまして、、、、


おまけに 張り替えた 外板 は、 フロア や ブレス に 

接合 されていないので、  強度 は 全く ありません


ghgdfhstrhjy (11)


パテ を 盛って とりあえず  見れるように するために

貼っただけの 鉄板 は  1940 ZEPHYR の


流暢 な  カーブ とは ほど遠く、  そのまま 残すと


ghgdfhstrhjy (8)


再び  数センチ の パテ を 盛ることに なるので

S庭 師範 は、  オリジナル を 忠実 に 再生 するようで


張り替えされている ボトム は  どこも 形が 合っていないので


ghgdfhstrhjy (9)


どこに 基準 を 合わせて  作り直せばいいの 解らないので


唯一 張り替えた 跡が 残っていなかった  右側 の 

クォーター パネル で 型紙 を とり、  確認 しまして


ghgdfhstrhjy (10)


「  なるほど、  どこも 無茶苦茶 ですね 

   ドア も  クォーター も、  全部 やり直しです 」


と、 作り直し が 決まったのと、  作業 の 邪魔 なのでと


ghgdfhstrhjy (26)


クォーター パネル は  再び  張り直す 際 に


溶接 で 歪みが 出ずらい 部分 で  

切断 して  摘出 されまして、、、、、


ghgdfhstrhjy (31)


表から 見ると、  外周 から  錆が 進行 して

黒ずんで きていますが


そうなった 錆 は  裏側 まで  貫通 してるので


ghgdfhstrhjy (32)


錆 が 貫通 して 変色 した  部分 は  

表面 が クレーター の ようになり


強度 が なくなってて、  使えませんので


ghgdfhstrhjy (33)


新しい 鉄板 で  作り直さないと いけません


表側 より  裏側 の ほうが  面積 が 大きいのは

ボディ の 内部 に 溜まった 水 が


ghgdfhstrhjy (34)


中から  外に 向かって  浸食 していったのと 思われ


よく、  表 に 小さな 錆 が 出てきたら

裏側 は  酷いことに なってる。。。。 と、 言いますが


ghgdfhstrhjy (28)


まさに  その 状態 が よく 見てとれます


クォーター パネル を 剥がすことで、  ドアポスト裏 や

インナー フェンダー の ブレス も  よく 見えるようになり

、  
ghgdfhstrhjy (29)


腐食 や 鉄 の 状態 を 確認 したり、 

付近 の 修復 作業 も  やり易く なりまして


ピラー下 の  ボトム 部分 も  腐食 して  ボロボロ で

 
ghgdfhstrhjy (14)


クォーター パネル、  ひな壇 付近 の ボディ を  

フレーム に 支えさせる 袋状 の ブレス 部分 も  


腐食 が 進行 し、  枯れ葉 なみの 強度 なので


ghgdfhstrhjy (15)


それらも  新しく 作り直しつつ、  今回 ボディ の 

レストア と  合せて、 ボディ を フレーム に 溶接 する


リジット 構造 から、  ボディ マウント化 を 行うので
 

ghgdfhstrhjy (5)


フレーム に  ボディ の 荷重 を 渡す  マウント を

取り付ける、  インナー ロッカー 部分 を


前 から  後ろ まで、  鋼材 を 流して 作ること に なり


ghgdfhstrhjy (6)


ボディ の 外板、 フロア、  マウント の 位置 関係 に

合う サイズ で  鋼材 を 切り出したら


フロント の インナー フェンダー、  ファイヤー ウォール、


ghgdfhstrhjy (12)


ドア ポスト、  ロッカー パネル、 ピラー下、

クォーター パネル、  ひな壇、  


リア の インナー フェンダー の   強度 の 基準 になる


ghgdfhstrhjy (17)


インナー ロッカー 部分 を  製作 して いきまして


次 は、 そこに つながる、 ボディ マウント の

製作 に 進みます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2018/09/15 10:49 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)