FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940  LINCOLN   ZEPHYR 

1940  LINCOLN   ZEPHYR 



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ の  レストア の 際 に、 ボディ を 分解 すると

強度 が 落ちて、  歪んで しまうので


kihuggjjok (8)


要所要所 に 必要な 補強 を 室内 と フレーム に 渡したら

いよいよ  修復 が 必要な 部分 の 再生 へ


ルーフ や ダッシュ、  ファイヤー ウォール や


kihuggjjok (18)


フロント ガラス、 ドア の 重さ を 支えている、  

ドア ポスト の ボトム の 腐り が 酷いので


修復 を していきますが、  そこに つながる 


kihuggjjok (17)


前側 は インナー フェンダー と、 後ろ側 は

ロッカー パネル の インナー 部分 が あって、  


作業 したい 部分 に  アクセス できず  邪魔 に なるのと 


kihuggjjok (25)


ロッカー パネル も 過去 に  アメリカ で 

直した 跡 が ありますが


修復 作業 の レベル が 低く、  直し方 も

強度 も 話 に なりません、、、、、 という事で 


kihuggjjok (30)


どうせ  ロッカー パネル も  インナー フェンダー も

作り直さないと いけないので  切り捨てられまして、


ドア ポスト の ボトム の 下には、  フレーム に 接続して、
  

kihuggjjok (27)


強度 を 出しつつ、  下側 の ドア ヒンジ を 支える

箱状 になっている、  ヒンジ の 土台 が ありますが


こちらも  腐って ボロボロ なので、 切り落とし、、、、


kihuggjjok (26)


続いて、  ロッカー パネル の 後ろ側 で


ピラー や  クォーター パネル と 接続 されて

強度 を 出している 重要な 部分 の  ボトム も 

 
kihuggjjok (28)


kihuggjjok (29)


やはり  腐食 し、 腐り落ちて しまっているので


再生 の ため、 作業 の 邪魔 に なる

インナー ロッカー と  フレーム を 接続 して 


kihuggjjok (38)


強度 を 出している  箱状 の 部分 も 切り落とし。。。。。


室内 の フロア パネル も  形こそ 残ってるものの

腐食 して  強度 は 無くなっているので


kihuggjjok (31)


kihuggjjok (36)
 

フロア の 裏側 と  フレーム を 渡している

ブレス 部分 を 残して、  摘出 しまして


メンバー、  ブレス 部分 は  フロア を 剥がして


kihuggjjok (33)


中 の 腐食 具合 を 確認 してみたら、  


幸い、  朽ち果てたり、  腐って 強度 が 落ちてる 

部分 は 無さそうなので、  再利用 としまして


kihuggjjok (35)


ボディ の ブレス や、  メンバー 部分 の 上 の

フロア は  新しく 作り直すので
 

ブレス や メンバー に  スポット 溶接 されていた


kihuggjjok (37)


古い フロア は、  スポット 溶接 されている 部分 は


ドリル で 抜いてしまうと  ブレス や メンバー に

穴が 開いて  使えなく なってしまうので


kihuggjjok (40)


裏にある  ブレス や メンバー まで 削って 

傷 を つけて しまわないよう


慎重 に  ディスク サンダー で 削って いきますが 


kihuggjjok (41)


新しい フロア を 綺麗 に 張るために


削り過ぎて、 薄く なってしまったり、  

傷 を 付けたりせずに  綺麗 に 剥がすのも 


kihuggjjok (42)


経験 と 技術 の いる、  難しい 作業 ですね
  

ポスト や フロア と 接続 される 部分 の 

腐食 して  使えない 部分 が 


kihuggjjok (43)


どんどん 摘出 されていき、  透け透け に なってきまして

次 は  ロッカー 部分 の 再生 に 進みます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!


[ 2018/09/12 06:42 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)