FC2ブログ
ホーム > 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * > 1937 LINCOLN ZEPHYR

1937 LINCOLN ZEPHYR



 1937  ZEPHYR  3W COUPE  

通勤 快速 号 作業 を  進めてまして、  
 

リア バンパー の 取り付け を 終え


dtukdtuk.jpg


フロント バンパー の 取り付け に 進みまして


フロント バンパー は、 フレーム の

先端 部分 に  ブラケット を 取り付けますが


trjruk7i, (1)


通勤 快速 ゼファー の  フロント フレーム は


1949 - 1951年 の  マーキュリー用 の

MUSTANG Ⅱ クリップ を 組んだので


trjruk7i, (2)


ボディ に 開いている  バンパー ブラケット を  通す 穴 と、  

フレーム の 幅 が 全然  合いませんので、


フレーム の 幅 を 変える  加工 が 必要 に なりまして

 
dtuudt.jpg


フロント フレーム の 先端 部分 には


フェンダー や グリル、  ラジエーター を 支える

コア サポート の マウント も 付いているので

 
dtukdt.jpg


バンパー ブラケット を 取り付けする 部分 と

コア サポート も 絡むことに なるので


グリフィン に 作ってもらった、 ラジエータ- を  


dktuku.jpg


取り付けたい 位置 に あてがってみて


グリル や フェンダー、 コア サポート との

位置 関係 を  確認 したら


dtukdtu.jpg


コア サポート は 今より  下げないと いけないのと


フロント フレーム の  先端 は、  内側 を 向いた

コの字型 に なっていますが、

 
trjruk7i, (3)


それが   外側 を 向いた  コの字型 だと


フロント バンパー の ブラケット と  ボディ の 穴の 幅が 

だいたい 合うことが  解ったので
  

trjruk7i, (6)


まずは  内側 を 向いた  コの字型 の フレーム の

内側 の 側面 に 溶接 してある  コア サポート を


再利用 したいので、  側面 ごと 切断 して  摘出 しまして


trjruk7i, (5)


摘出 した 側面 は、  不要 な 部分 も 摘出 し

上面 と 下面 だけ に したら


以前、 MUSTANG Ⅱ クリップ を  Z-ING しながら


trjruk7i, (4)


取り付けする 際 に、 フェンダー と 距離 が 近くて


先端 部分 が 当たるかもと  一部 切断 しておいた

MUSTANG Ⅱ クリップ の  先端 部分 を


trjruk7i, (9)


外側 を 向いた  コの字型 に なる 向きに なるよう


左右 の 先端 を 差し替えつつ、  向き を 反転 して

取り付けすることで  外側向き に 反転 させまして


trjruk7i, (10)


コア サポート を 摘出 がてら、  上下面 を 残して

側面 を 切断 した 部分 に  


鉄板 を 切り出して、 溶接 して  ざっと 仕上げしまして


trjruk7i, (11)


反対側 も 同様 に 処理 して、 内側 向き の フレーム から  

外側 向き に  反転 が  完了


次 は NEW ラジエター に 合わせた  コアサポート 製作 に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!



[ 2018/08/29 07:44 ] 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * | トラックバック(-) | コメント(-)