FC2ブログ
ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE > 1956  BEL AIR CONVERTIBLE

1956  BEL AIR CONVERTIBLE




 T江 さん の  56 BEL AIR CONV、

プロジェクト  進めてまして


塗装 に 出す前に  燃料 タンク も 組み付けし


ijlkljhugij; (31)


塗装後 に 組み立てたら、  問題 ありました、、、、

と、 ならないよう  確認 しましたら


リプロ品 の 新品 ですが、 オリジナル構造 の ボディ に  


ijlkljhugij; (32)


コルベット の サスペンション を 組み込んだ

カスタム フレーム なので


燃料 タンク は  オリジナル を 使わない 想定 だったのか


ijlkljhugij; (33)


給油口 と タンク を 接続 する  給油 パイプ、

”  フューエル ネック ” を 通す 部分 に


クロスメンバー が あって、  組めません の 刑


ijlkljhugij; (34)


オリジナル の 燃料 タンク、  フューエル ネック を

使うのを 辞めるか、  フレーム を 加工 するかで


フレーム を 加工 することを  免れらなく なりまして

 
ijlkljhugij; (36)


フューエル ネック を 通す  スペース を 作るため

フレーム の クロスメンバー を  ノッチ 加工。


メンバー の 高さ を 下げる為、  えぐるように 切開 し


ijlkljhugij; (37)


ijlkljhugij; (38)


切りっ放し だと  強度 が 落ちるので


切開 した 部分 に  蓋 を して

えぐれた 形状 にする 鉄板 を 作り

 
ijlkljhugij; (39)


全周 溶接 して   接合 しまして


ボディ と  フレーム の 狭い 隙間 の 中で 

TIG 溶接 するのは  極めて 難儀 なので


ijlkljhugij; (41)


フレーム オフ して、  上 に ボディ も 何もなくて

作業 が し易い 状態 で  溶接 したかったのですが


チリ合わせ、  建付け 調整 を 終えた 状態 の 今 は


ijlkljhugij; (40)


この後、 フレーム オフ して  塗装 した 後 に


合わせた チリ、  ボディ の 建付け 通り に

狂わずに  組み戻せるよう  治具 を 作り


ijlkljhugij; (46)


対策 を するので、 それまで フレーム オフ 

したく ありません ということで  


狭い スペース で  溶接、  仕上げ と なりまして


ijlkljhugij; (47)


同様 に  ファイヤー ウォール下 に 付く

サイド ブレーキ の  ワイヤー を 通す


ガイド ローラー ブラケット が  フレーム に 近く、


ijlkljhugij; (42)


そのまま だと、 メンテナンス性 が 悪いので と

 
こちらも  フレーム を  改造 して

スペース を 作ると  切開 し

 
ijlkljhugij; (43)


フレーム を 切開 して 凹ませた 形状 に なるよう

鉄板 を 切り出して  蓋 を 作り


狭い スペース で  溶接、  仕上げ と なりまして


ijlkljhugij; (44)


こちらも  フレーム は  ボディ と 近くて  


溶接 トーチ や  ディスク サンダー も 

入らないほど  狭い 場所 でしたが


ijlkljhugij; (45)


それでも  いつもと  変わらずの  溶接、  

綺麗 な 仕上がり は、  流石 です


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!




[ 2018/08/28 04:39 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)