FC2ブログ
ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE > 1956  BEL AIR CONVERTIBLE

1956  BEL AIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56 BEL AIR CONV、

プロジェクト  進めてまして


ぴたぴた ボディ を めざし、  チリ合わせ は  続いてまして


egetgqetb (16)


ボディ、  ワイパー カウル に  セクショニング 加工 を 施して、  


フード 閉めても  カウル と ボディ、 フード の 高さ が  

ピッタリ に  なるよう  合わせまして


egetgqetb (17)


極上 の チリ に なったと  感心 してたら

加工 は、  これで  終わりじゃ ないんだ そうで、
 

新品 の  リプロ品 の  ワイパー カウル は


egetgqetb (23)


リプロ だからか、  オリジナル の ワイパー カウル と 

プレス の 金型 が 違うようで

 
フード との 合わせ面 の 角 が  ビシッ と 立ってる


egetgqetb (24)


”  ピン角 ” の 形状 に なっていますが 


ボディ側 の カウル ボディ は、 角 は 立ってない

なで肩 の ような  形状 に なってまして


egetgqetb (20)


”  ピン角 ”  と 聞くと、  ピシッと してそうで、  響き も よく


おっぱい は 垂れてるより、  ピンと してる方が 良いですし

乳首 も 黒いより、  ピンク の 方が いいですね


egetgqetb (19)


ピン と  ピンク は 全く  別物 だそうですが、、、、、


ボディ の チリ を しっかり  合わせていくと、  

ピン角 の ほうが  通り が 綺麗 に 見えるので


egetgqetb (25)


ワイパー カウル の 角 の  形 に 合わせて、  

ボディ側 の 角 を  同じ 形状 に 変えて いくそうで


ボディ側 の カウル の 角 を  全周 切開 したら


fadfbgaf (5)


fadfbgaf (6)


角 の ”  ピーク ” 部分 を  ハンマリング で

前方 に 移して いくので


専用 の 治具 を 作って、  板金 していきまして


egetgqetb (1)


なで肩 に なって、  角度 が 緩い 部分 を  

垂直 近くまで  起こしたら


角 部分 を ワイパー カウル と 同じ 角度 で 曲げ

 
egetgqetb (2)


ピン角 に していくと、  切開 した パネル の

縦方向 の パネル は  前方 に 移動 し


上側 の 平面 の パネル から  離れてしまい


egetgqetb (3)


届かなく なるので、  隙間 を 埋める 

鉄板 を 切り出して  はめ込みまして


全周  しっかり 溶接 して、 接合 していき 


egetgqetb (5)


egetgqetb (8)


溶接跡 を 綺麗 に 仕上げたら、 これまで  なで肩 だった  

カウル ボディ は ワイパー カウル に 合わせた  


綺麗 な  ピン角 に なって、  ビシッと しまして


egetgqetb (7)


egetgqetb (6)


加工前 より、  フード を 閉めたとき の 高さも

さらに 追及 して  加工 したので


高さ の ライン も  ぴたぴた に 合いまして


egetgqetb (9)


フェンダー、  フード との  チリ も  パーフェクト。


「  ここを  ピン角 に したほうが、 カッコよくなる 」 

なんて、  誰も 思いつかないと 思いますし、  


egetgqetb (11)


こんな 大変 な 加工 が 必要 なら、  思っても やりませんよね。。。。。 


ボディ の 角 は  ピン角、  乳首は  ピンク で

おっぱい は  ピンと が 最高 ですね 


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!



[ 2018/08/11 23:39 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)