FC2ブログ
ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE > 1956  BEL AIR CONVERTIBLE

1956  BEL AIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56  BEL AIR CONV、

プロジェクト 進めて おりまして


ぴたぴた ボディ を めざし、  チリ合わせ は  続いてまして


rthgwrty (3)


ワイパー カウル が  欠品 していたので


新品 の リプロ品 を  アメリカ から 取り寄せて

ボディ に 取り付けて みたら、


rthgwrty (2)


両サイド の ボディ より  若干 高さ が あって


ボンネット を 閉めた時も、  ワイパー カウル が

少し 高くなって しまいますの 刑、、、、、、

 
rthgwrty (1)


ワイパー カウル を ボディ に 取り付けるとき

高さ の 調整 が 出来る 構造 ではないので


フード を 閉めたときに 当たる、 カウルシール も 取り付けて


egetgqetb (15)


シール の 反発力 が 効いたときの  

フード の 沈み込み量 を  確認 しながら

 
ワイパー カウル を 切断 し、 沈ませたい分 だけ


egetgqetb (18)


縦面 を 摘出 し、  ワイパー カウル の

セクショニング 加工 を  施しまして


シール を 付けると、  フード と  ボディ が 近く  


egetgqetb (13)


ゴム の 反力 で  フード を 閉めたときに、  

フード の 後ろ が  少し 浮いて しまうので、 


両サイド の ボディ も 含め、  こちらも


egetgqetb (14)


ボディ カウル を 全周 切開 し、 沈ませる分 だけ
  

縦面 を 摘出 し、  ボディ カウル の

セクショニング 加工 も  施すことに なりまして


egetgqetb (12)


僕なら 2mm の 段差 が あっても  気に ならないか、  

指摘 されたら、 見て見ぬ フリ ですが


S庭 師範 は  相変わらず  妥協 しませんので、 


egetgqetb (21)


egetgqetb (22)


ボディ、  ワイパー カウル に  セクショニング 加工 を 施して、  


フード 閉めても  カウル と ボディ、 フード の 高さ が  

ピッタリ に  なるよう  合わせて きまして


egetgqetb (16)


極上 の チリ に なったと  感心 してたら


カウル の 加工 は、  これで  終わりじゃ ないんだ そうで、
 
まだ  妥協なき  造り込み は 続くようです


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!



[ 2018/08/09 23:55 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)