ホーム > 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * > 1937 LINCOLN ZEPHYR

1937 LINCOLN ZEPHYR



 1937 ZEPHYR、  通勤 快速 製作中


マフラー の 引き直し と、  給油口 から 燃料 タンク までの  

フューエル ネック  パイプ 製作 も 終わり


dfgasdfg (13)


久しぶり に  グリル を 装着 し、  ボンネット 締めまして

ラジエーター の  検証 に 進みます


これまで  付いていた  ラジエーター は


dfgasdfg (3)


フロント フレーム を MUSTANG Ⅱ化 したので


コア サポート の 位置 や 構造 が 変わり

取り付け方 も 変更 が 必要 に なりまして


dfgasdfg (4)


サイズ から 推測 すると、  恐らく 65-66年 辺りの

マスタング の ラジエーター が 流用 されてたと 思われ


今 の サイズ や 形状 で、  良い 位置 に 移設 できるか


dfgasdfg (14)


グリル を 付けて  ボンネット も 閉めた 状態 で

エンジン や グリル との  クリアランス を 検証 し


どれ位の スペース が あるか  計測 していきます


dfgasdfg (17)


今 の ラジエーター だと、  エンジン との クリアランス が なく


ラジエーター の 後ろに  電動 ファン を 直付け で

エンジン と ギリギリ の  クリアランス でして


dfgasdfg (18)


ファン シュラウド を 付ける  余裕 も ありません


ラジエーター を 前 に ずらして  クリアランス を

確保 できれば  シュラウド が 付けれそうですが

 
dfgasdfg (1)


37 ZEPHYR は  グリル が  縦長 で、 幅 も 狭く

ボディ は  前 に 行くほど  狭まって くるので


もっと 幅 が 狭い ラジエーター が 必要 に なりまして、


ffdqwetfb (6)


しばらく 餌を 与えずに 痩せ細るのを  待ちたいと 思います  


だいたい の ラジエーター 位置 が 見えてきたので

パワステ ホース を  ラジエーター に  干渉 しない 

 
ffdqwetfb (5)


位置、  取り回し で  新しく 製作 しまして


オートマ オイル クーラー も  位置 を 見据えて

手前 まで  製作 して おきまして


ffdqwetfb (11)


燃料 タンク から  エンジン ルーム までの 


燃料 配管 も  FITECH の EFI を  装着 するので

高圧 と、  リターン 回路 に 対応 できるよう


ffdqwetfb (8)


2回路、  高圧 フィッティング を 使い、 パイプ で  製作 しまして


エアサス の チューブ、  ACCUAIR の 配線、

ブレーキ パイプ の  製作 も 開始


ffdqwetfb (9)


ffdqwetfb (10)


フレーム の 内側 は、  マフラー の 熱害 を 避けて

念のため  フレーム の 外側 で  配管。

  
経年 劣化 で 脱落 しないよう、  すべて ステンレス の

クランプ で  固定 していきます


ffdqwetfb (3)


燃料 タンク は  67 NOVA 用 の 燃料 タンク を  

スラムド しても  地面 に 擦らない 位置に  装着 したので、  


給油 パイプ を  現物 合わせ で  製作 しまして


ffdqwetfb (12)


ffdqwetfb (13)


ガソリン スタンド で  給油 する際、  吹き返さないよう  

ベント ライン を 追加 し、 キャップ 近くに パイプ を 溶接。


ベント チューブ と、 ベント キャップ と  タンク の 圧抜き は できますが 


ffdqwetfb (14)


ハイボリューム の  EFI用 燃料 ポンプ が 作動 して

燃料 タンク内 が  真空 に ならないよう


吸気 ポート も  別回路 で  追加 しまして


cvxhgbv (8)


マフラー の フロント パイプ に  O2 センサー を

取り付ける  ポート も、  取り付け 完了。


早く ラジエーター、 痩せないかな


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!!!!!!!



[ 2018/06/26 22:36 ] 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * | トラックバック(-) | コメント(-)