ホーム > 58 CHEVY IMPALA > 1958  IMPALA COUPE

1958  IMPALA COUPE



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


エアコン の 取り付け、  FITECH インジェクション の

セット アップ を  進めて まして


466565656 (2)


FITECH インジェクション では、  インジェクター の

吐出圧 に 合わせて、 システム内 の  燃圧 を 


70 PSI で  セット アップ するので


466565656 (1)


キャブレター では 通常 3 PSI 程度 ですが


70 PSI まで、  大幅 に 圧力 を 上げるので、  

これまでの ポンプ から 高圧 ポンプ に 変更 し


M138319142.jpg


燃料用 ホース や 接続 部分 も  耐圧 が 足りなくなって、  

抜けたり  破裂 したりするので 使えなく なりますし


また、  送った 燃料 の うち、 使わなかった 分を 


ghd4jdy4djyf (7)


燃料 タンク に 戻す、 リターン ライン も 必要 に なり


燃料 タンク から インジェクション までの  ライン は  

高圧 に 耐える 構造 で  2回路 作らないと いけません


gんfghじゃえdtf (6)


高圧対応 の ホース、 フィッティング を 使って 作り直すか


錆びないように  ステンレス や 銅管 での

ハードライン を 作って いくように なりますが


gんfghじゃえdtf (1)


それらは 結構な  労力 と 費用 を 要すのと、  


燃料 タンク に リターン ライン を 接続 する

リターン ポート が 無いと、 加工 も 必要 に なるので


gんfghじゃえdtf (12)


FITECH から  インジェクション の 手前 に  設置 すれば


既存 の キャブレター用 の 低圧 ライン を そのまま 使えて、 

リターン 回路 も 作らなくて済む  ポンプ ユニット が 出てまして


gんfghじゃえdtf (5)


それを 使えば、 高圧 仕様 に 作り直したり、 

リターン ライン を 作る 費用 を 省けますが、 


代わり に  高額 な ユニット代 は 掛かりますので、、、、、


gんfghじゃえdtf (4)


結局 は  同じくらいの  費用 は  掛かりますので

どちらが いいかは  オーナー次第 で ございます。。。。。


今回 は、  インジェクション 手前 に 設置 する


gんfghじゃえdtf (7)


ポンプ ユニット を 使うことに なり

設置 できる スペース を 検証 しまして


コア サポート には  エアコン 部品 が 付くので


gんfghじゃえdtf (3)


ポンプ は  インナー フェンダー に  設置 することに。


コア サポート への 設置 を 前提 と している

付属 の  取り付け ブラケット では 


gんfghじゃえdtf (13)


インナー フェンダー の 曲面 や、 凹凸 には 対応 出来ないので


”  取り付け ブラケット用 の ブラケット ”  を

製作 して  マウント することに なりまして


gんfghじゃえdtf (2)


取り付け用 の ボルト穴 は 新規 に 開けるのではなく 

既に インナー フェンダー に 開いていて


使われていない 穴 を 使えるように  設計 し


jhhgl;:


型紙 を とって  鉄板 を 切り出したら、 折り曲げて 

簡単 に 取り付けできるよう、  ボルト も 溶接 して


塗装 して  組み付けすると、 曲面 や  凹凸 面 でも
  

ghd4jdy4djyf (7)


ピッタリ  取り付け できるように  なりました


エンジン 本体 は  フロント ランナー、  インマニ、  

バルブカバー の 交換 を 終え、 


ghd4jdy4djyf (5)


今後 は  デスビ の バキューム アドバンス ではなく 


FITECH の EFI モジュール で  点火 タイミング を 

制御 して、 始動性 や 燃費 も 良くなるよう 制御 するので


ghd4jdy4djyf (6)


デスビ も  FITECH の タイミング コントロール に 対応 する 

MSD の  ビレット デスビ に  変更 し 


内臓 されている  バキューム アドバンス を ロックアウト 処理。


ghd4jdy4djyf (10)


フロント ランナー、 インマニ、 バルブ カバー を 黒い 物を 選び、  

この後 FITECH 本体 や エアクリーナー も 黒 が 付くので


デスビ キャップ、 プラグコード も  黒 に 変更 して


ghd4jdy4djyf (11)


エンジン ルーム が 統一 されるように アレンジ されまして

 
次 は  新しい ラジエーター と 電動 ファン  の 

セット アップ に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!




[ 2018/06/09 01:07 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)