FC2ブログ
ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE > 1956  BELAIR CONVERTIBLE

1956  BELAIR CONVERTIBLE



 T江 さん の 56 BEL AIR CONV、

プロジェクト 進めて おりまして


ワイパー を  ワイヤー式 から、 リンク式 に 変更 し


hjhugyfyftftfy (25)


hjhugyfyftftfy (26)


デフロスター ダクト を  4口 一体型 から

左右 2個づつ に  割って


接続口 を  エアコン ユニット に 合わせ 


hjhugyfyftftfy (19)


向き を  180度  反転 させたり

内部 に 整流板 を 取り付けたり 


助手席 の ダッシュ 裏 に  取り付ける


hjhugyfyftftfy (27)


hjhugyfyftftfy (28)


エバボレーター ユニット が  ダッシュ から 

下 に 半分 くらい  はみ出て しまうのを


少しでも  上 に 上げて 見栄えを 良くしようと


hjhugyfyftftfy (29)


hjhugyfyftftfy (30)


デフロスター ダクト の 高さ を  15mm

チョップ 加工 したり しまして


ダクト も どの 部分も 平面 ではないので


hjhugyfyftftfy (32)


hjhugyfyftftfy (33)


カーブ、 ラウンド、 円すい などが

複雑 に 絡み合う  3D 形状 ですが


ぴたりと あうよう、  鉄板 を 作り出したら


hjhugyfyftftfy (34)


風 が 漏れないよう、 全周 溶接 して

溶接跡 も 綺麗 に 仕上げまして


ワイパー リンケージ と 組み付けすると


hjhugyfyftftfy (35)


hjhugyfyftftfy (36)


ワイパー を 動かすと、  ロッド が

ギリギリ の クリアランス で かわす


絶妙 な 形状 と、 位置 で  クリア します


hjhugyfyftftfy (37)


ワイパー モーター と  リンケージ、

デフロスター ダクト の 位置 が 決まったら


それに 合せて、  エバボ ユニット に 進みまして


hjhugyfyftftfy (39)


位置 出し の 検証 作業 では、  

実際 に 使用 する エバボ を 使うと


重いし、 傷を つけてしまう 可能性 が あるので


hjhugyfyftftfy (38)


モック という、 大きさ と 形 が 

本物 と  まったく 同じですが

 
中身 が 入っていない  ダミー を 使いまして


hjhugyfyftftfy (40)


軽くて 検証 作業 が やり易い モック を 使い

位置 を 決めたら、  仮組み して


ファイヤーウォール に 固定 する ブラケット を 製作。


yjrtujetuyk (1)


ヴィンテージ エア では、  1956年 の  


ベルエア用 という エアコン キット が

発売 されて いますが


yjrtujetuyk (2)


オリジナル の ファイヤー ウォール 形状 に

合せて 作られている 製品 なので、


LS エンジン に 合せて  カスタム した

  

hjhugyfyftftfy (42)


ファイヤー ウォール の  56 CONV には 付かないので


汎用品 の エバボ で、 取付 位置 や 方法 を、

現車 の 仕様 に 合わせて


hjhugyfyftftfy (44)


最適 な 構造 に なるよう  設計 と なりました


次 は  T江 さん の 体型 に 合わせて

アクセル ペダル の 取り付け に 進みます


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!



[ 2018/04/04 04:46 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)