ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE > 1956  BELAIR CONVERTIBLE

1956  BELAIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56  BEL AIR CONV、

プロジェクト 進めて おりまして


ファイヤー ウォール の  中段 まで  作業 が  完了 し


iuggugiio (39)


いよいよ、  下段 セクション に  進みまして


中央 部分 と、  ミッション カバー の  前側 から、  

ベルハウジング 部分 への  立ち上がり 部分 を  整形 し


iuggugiio (40)


ここも  ラウンド してて、  不均等 な 放射状 という

超 難儀 な   3D 形状 に  鈑金。。。。。。


中段 の パネル と、  接合しろ の 部分 で  固定 し


fhnfbsfgh.jpg


ファイヤー ウォール との  左右 部分 は

エンジン に 干渉 する 部分 ではないので


膨らませる  パネル ではなく、  平面 に なるので


iuggugiio (37)


iuggugiio (38)


難儀 な  鈑金 が なくて  一安心 と 思いきや、、、、、


フロア パネル には  凹凸 の  リブ が 入っていて

強度 を  出している  構造 で


iuggugiio (35)


iuggugiio (36)


ちょうど  リブ の 上 の 部分 で  切ってあるので


継ぎ足す  パネル だけ  平ら だと  

リブ が  突然  中段 されてるように なって


iuggugiio (43)


カーペット を 敷いたら   まったく 見えなく なりますが

やっぱり  見た目 と  気分 が 悪いですし


強度 も 無くて、  ペコペコ して しまわないよう


iuggugiio (41)


切られていた リブ の 続き も、  あたかも  

こうだったかの ように  再現 しまして


ブレーキ ブースター は、  アンダー フロア に


iuggugiio (42)


移設 するように  作っていたのも


ファイヤー ウォール マウント に 戻して

埋めていた  穴 も  再生。


iuggugiio (44)


これで  下段 の セクション も  パネル が 完成 し


点付け したら  車体 から  ファイヤー ウォール を

丸ごと  外して、  作業台 の 上 へ  移動


iuggugiio (45)


こうして 形 に なってくると、  T江 さん の

56 CONV の  ファイヤー ウォール が


どんな  形状 になるのか  見えて きまして


iuggugiio (46)


平らに  鉄板 を 貼っていく  スムージング は


作るのあ  作業的 も  簡単 ですし

見た目 も  すっきり  していますが


  
iuggugiio (47)


オリジナル の  ファイヤー ウォール が ある 上 に

化粧 パネル として  貼るなら  強度 は  大丈夫 ですが


ファイヤー ウォール を  ゼロ から  作っていく となると


iuggugiio (48)


平らな  ファイヤー ウォール に 作って しまうと

強度 不足 に  陥りますし、  


平ら な パネル で 作って、  端 で  角どうし で 


 
iuggugiio (58)


板 を つき合わせて   溶接 すると、  一番 力 が 

掛かる 部分 に  溶接 ビート が 来るので、  


溶接 の 熱 で 硬化した  鉄 は  割れてきますので


iuggugiio (59)


なるべく  丸い 部分 を 多く 作るのが  最善。


角 は 硬いので、  一見すると  丸い ボール より

四角い 箱 の ほうが   強いように 思えますが


iuggugiio (60)


角 が あると  そこに  力 が  集中 しますが

丸だと  力 が 掛かっても   逃がすので、  


ガス ボンベ や  高圧 タンク、  ロケット も


iuggugiio (61)


中 や 外から  かなり  力 が 掛かるものは

みんな  丸いのは  強度 を 出すため でして


構造物 の 強度、 応力 の 計算、  力学 を


iuggugiio (62)

 
iuggugiio (63)


きちんと  踏まえて   モノ作り していくと


どう 作れば いいのか、  どう 作るべきなのか

おのずと 構造 が  見えてきます


iuggugiio (64)


iuggugiio (65)


各 パネル の  本溶接 を  終えたら

溶接 の 熱 で  ひずんだ 分 を


ハンマリング で  修正 して いきまして


iuggugiio (70)


iuggugiio (69)


溶接跡 も  綺麗 に  仕上げたら

カスタム ファイヤー ウォール が  完成


クルマ に 組み戻して、   建付けを  チェック し


iuggugiio (66)


完成 した  ファイヤー ウォール に は


あたかも  プレス 整形 で  作られた  

オリジナル と  見間違える  完成度。


iuggugiio (67)


完璧 な 型どり、   計算 と  設計 で  強度 も

見た目 も 兼ね備えた  ファイヤー ウォール で


超難儀 な  メタルワーク で  フル スクラッチ したとは


iuggugiio (68)


言わないと  誰も  絶対 気付かない 作りこそ

匠 の 仕事 の  証 ですね


VIVA !  S庭 道場  VIVA !  T江 さん !!!!!!



[ 2018/03/18 02:27 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)