FC2ブログ
ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE > 1956  BELAIR CONVERTIBLE

1956  BELAIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56  BEL AIR CONV、

プロジェクト 進めて おりまして


フレーム の、  左側 の  アッパー アーム を   


pkjiuogpi@ (37)


取り付ける 部分 の 穴 が、  仕上げ が 雑 で

左右 で  形 が 違ってしまっており


右フレーム の 形状 に 合わせた


pkjiuogpi@ (33)


テンプレート を  作って  加工 することで、 

左右 同じ に  修正 しまして


続いて、  LS エンジン を  載せると

補機類 が  当たるからと、  


pkjiuogpi@ (21)


当たる 部分 の  フレーム を  凹ませて ありまして


エンジン が 載ってしまえば、  まったく 

見えなくなって しまう 部分 ですが、、、、、、  


 
pkjiuogpi@ (17)


塗装 してある 面 が  ぼこぼこ だったので

塗装 を 剥がしてみると、  


こちらも  仕上げ方 が  雑 だったので、 


pkjiuogpi@ (23)


せっかく  エンジン が 降りてて  加工 できる

今のうちに  手直し しておきたいと  思います


以前、  フレーム を  凹ませる 際 に  


pkjiuogpi@ (26)


一旦  フレーム に  切りこみ を 入れて  

凹ませたのちに   溶接 して  戻したようですが


今回、  エンジン 位置 を  上 に  ずらしたので


pkjiuogpi@ (25)


補機類 も、  もう  当たらなく なりましたので、


凹ませてあった  フレーム は  大きく 切り取り

元々 の  フレーム 形状 に なるように


pkjiuogpi@ (27)


pkjiuogpi@ (28)


不要 になる 部分 は  切りとって


平ら に なるよう   鈑金 したら

フレーム に  組み戻しまして


pkjiuogpi@ (29)


pkjiuogpi@ (30)


平ら と 言っても、  凹ませてあった  部分 を  

オリジナル フレーム の 形状 に なるよう  戻すのは


複雑 な  3D 形状 なので、  タイヘン でして


 
pkjiuogpi@ (34)


右側 の  フレーム 形状 に  合わせながら

形 を  復元 するように  組み戻し


点付け を 終えたら、  全周  しっかり  溶接 して


pkjiuogpi@ (38)


溶接跡 を  綺麗 に 仕上げましたら、

オリジナル フレーム 通り に  復元 が  完了。


仕上げ が 悪いと、  手間 暇 掛けて  再生 しましたが


pkjiuogpi@ (40)


エンジン 載せたら、  そんな 部分 は

全く  見えなく なってしまうのが  残念。


続いて、  コルベット の  フレーム には

   
dfbrsghbwryn (15)


フロント サスペンション に  コイル オーバー と

板バネ が  併設 されますが


フレーム に  板バネ を  組んだ 部分 に


dfbrsghbwryn (6)


dfbrsghbwryn (7)


アンダー カバー が  付くのですが

カバー の 取り付け は  ボルト ナット。


しかし、  色 を 塗って  仕上げた  フレーム内 に  


dfbrsghbwryn (8)


板バネ を 組みつけて、  カバー を  組むと

手 も  工具 も 入らないくらい  狭くなるので


綺麗 に 仕上げた後 に  メンテナンス が  必要 に なったら


dfbrsghbwryn (1)


dfbrsghbwryn (4)


狭い 中で  工具 使って   傷 つけたり


塗装 が  剥げるような  作業 を

しないと いけなるのは   嫌 なので


dfbrsghbwryn (2)


dfbrsghbwryn (3)


フレーム を  塗り直す 前 の、  今の うちに


外から  ボルト を 締めれば  いいだけの

構造 に 変えておけば、  傷 つけることも なく


dfbrsghbwryn (13)


dfbrsghbwryn (14)


カバー の  脱着 作業 も  楽に  出来るので


フレーム側 に  ナット を  溶接 して

メネジ側 を  固定 に  して おきまして


dfbrsghbwryn (12)


メンテナンス性 も  大幅 に  向上 しますね


これで  仕様 変更 に 伴う  一連 の  フレーム の 

加工 と  諸々 の  手直し が  終了 しまして    


dfbrsghbwryn (5)


ボディ の  建付け、  チリ 合わせ も  終えたので


次 は いよいよ、  ファイヤー ウォール や 

ダッシュ の  カスタム に  進みます !


VIVA !  S庭 道場  VIVA !  T江 さん !!!!!!



[ 2018/03/07 04:52 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)