ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE > 1956  BELAIR CONVERTIBLE

1956  BELAIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56  BEL AIR CONV、

プロジェクト 進めて おりまして


新品 ボディ に  新品 フレーム、  新品 エンジン に  


fhjdgjdtukd (26)


新品 ミッション 載せた 状態 で  輸入 しましたが


作り が  イマイチな 部分 や、  仕様 変更 に 合せて、  

諸々 変更 や  手直し してまして 


fhjdgjdtukd (2)


右フロント の  アッパー アーム の 取り付け ボルト穴 が

無理やり  広げた 跡 が  あるのと


左 の ボルト穴 下付近 を  凹ませた 跡 が あり


fhjdgjdtukd (11)


右側 は  ナゼ  広げたのか  不明 ですが

仕上げ 処理 が  手抜き なので  手直し と、


左側 は  エンジン 載せると  補機類 が 当たるのでと  


pkjiuogpi@ (2)


フレーム側 を  凹ませて  逃がしたのでしょうが


こちらで  エンジン 位置 を  上げたので  

フレーム にも  当たらなく なってますし、  


pkjiuogpi@ (1)


凹ませた 加工跡 から 見て、  フレーム の

強度 が 落ちてそうなので


そちらも  手直しすることに なりまして


fhjdgjdtukd (1)


左右 の  フレーム の  寸法 や  形状 を  検証 し、


ESE にある、  C4 コルベット の  現車 も

見に行って、  正しい 形状 を  理解 したら

 

pkjiuogpi@ (3)


テンプレート を  製作 して、  それを もとに

位置 や 不具合 を  導き出しましたら


手直し の 方法 を  決め、  作業 に 掛かります


pkjiuogpi@ (6)


pkjiuogpi@ (7)


ボルト穴 は  内径 12mm の  長穴 なので


12mm の  ドリル の キリ を  使って

治具 を  造りまして


pkjiuogpi@ (8)


フレーム の 中 の  ガイド も  

広げたまま に なっているので


外径 の 合う   鉄 パイプ を 切り出し


pkjiuogpi@ (5)


切り開いて  ガイド の サイズ に 合わせたら


反対側 の 正しい  フレーム を  テンプレート にして

それ通り に  加工 できるよう  


pkjiuogpi@ (9)


治具 を 作って、  取り付けまして


切り出した  鉄パイプ を  フレーム の

中 に  ガイド として  埋め込みまして


pkjiuogpi@ (10)


フレーム の 厚み も、  左右 で  違ってたので


右側 に  合わせて、  足りない 厚み分 の  

鉄板 を 切り出し、  長穴 を  開けたら


pkjiuogpi@ (14)


pkjiuogpi@ (15)


フレーム に  溶接 して、  補強 していきます


溶接跡 を  綺麗 に 仕上げると

アッパー アーム の  取り付け 部分 は 


pkjiuogpi@ (11)


pkjiuogpi@ (13)


綺麗 な  ストレート の  フレーム に  戻りました


次 は  アッパー アーム ブラケット の

内側 の 加工 に  進みます


VIVA !  S庭 道場  VIVA !  T江 さん !!!!!!



[ 2018/03/04 04:55 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)