FC2ブログ
ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE > 1956  BEL AIR CONVERTIBLE

1956  BEL AIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56  BEL AIR CONV、

プロジェクト 進めて おりまして


エンジン ブロック側 の  エンジン マウント の


cvxvhbdfgんjd (1)


オリジナル の マウント から、  アーリー エンジン の

マウント を 使える、 変換 アダプター を 使う


取り付け 構造 に  変更 しまして


cvxvhbdfgんjd (2)


続いて、  フレーム側 の  マウント も


変更 した  エンジン側 の  構造 と、 

位置 も  変更 したのに 合わせて  作り直します


cvxvhbdfgんjd (3)


シボレー の  アーリー スモール ブロック用 の

エンジン マウント が  乗っかる 状態 に なるよう


鉄板 を  切り出して、  角度 を  合わせて 曲げ


cvxvhbdfgんjd (4)


ガイド 兼、  補強 の  パイプ も 切りだして

内側 に  溶接 しまして


マウント が 載る、  ブラケット 部分 を  造ったら


 
cvxvhbdfgんjd (5)


エンジン ブロック に  取り付けてある

変換 アダプター に  エンジン マウント と


製作 した ブラケット を  取り付けまして


cvxvhbdfgんjd (6)


cvxvhbdfgんjd (7)


フレーム までの  距離、  形状 を  計測 し

それぞれ を  渡す 部分 の  型紙 を 作ります


運転席側 は  ラック & ピ二オン ギアボックス から  


cvxvhbdfgんjd (10)


cvxvhbdfgんjd (8)


ファイヤー ウォール まで、  ステアリング シャフト が  

通りますが、  スペース が なく、  ギリギリ なので


ステアリング シャフト と  マウント が  干渉 しないよう、  


  
cvxvhbdfgんjd (9)


ブラケット は  シャフト を  逃げるように 

造形 され、  クリアランス を  確保 します。


型紙 に 合わせて  鉄板 を 切り出し、


cvxvhbdfgんjd (11)

  
cvxvhbdfgんjd (12)


点付け で  取り付けて、 仮組み しまして


形状 や  位置、  クリアランス に  問題 無いか  

確認 したら、  再び  取り外しまして


cvxvhbdfgんjd (13)


cvxvhbdfgんjd (14)


小さな  ピース を  鉄板 から  切り出し、 


ブラケット の  カーブ に 沿うよう

カーブ を 合せて  曲げて いきまして


cvxvhbdfgんjd (16)


cvxvhbdfgんjd (17)


マウント に  補強 として  機能 させる、  

リブ を  作りまして、  本溶接。


ブラケット を  取り付ける、  フレーム側 は

   

cvxvhbdfgんjd (19)


クロスメンバー の  溶接 ビート が  近くに あり

少し 段差 が 出来て いるので


フレーム側 の 形状 や、  ビート に  合せて、  


cvxvhbdfgんjd (23)


cvxvhbdfgんjd (21)


ブラケット の  フレーム 設置面 を  造形 しまして


フレーム に  溶接 して しまってからでは

仕上げ しづらい 部分 は、  先 に 仕上げまして


cvxvhbdfgんjd (25)


ブラケット を  フレーム に  本溶接 していきまして


運転席側 も、  ステアリング シャフト を かわし

クリアランス も  十分 に  確保 されました


cvxvhbdfgんjd (26)


cvxvhbdfgんjd (27)


本溶接 を  終えたら、  溶接跡 を  仕上げますが


作業 スペース を 確保 するため、  エンジン と  

サスペンション を  分解 していきます


VIVA !  S庭 道場  VIVA !  T江 さん !!!!!!




[ 2018/02/14 06:06 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)