ホーム > 63 CHEVY C-10  * SPIKEY * > 1963 C-10

1963 C-10



 Y室 さん の  1963  C-10  “  SPIKEY ”


こちらも  BLOG が  全然  追いついて ませんで

既 に  全て の  作業 を  終えて、  


20171128_074519.jpg


HRCS に  出展後、   広島 まで  800 km

爆走 して   帰って頂いて ますが


まだ  書けていない 部分 を  更新 していきたいと 思います


20171128_074524.jpg


Y室 さん から   「  どこからか  解らんのやけど

”  キコ キコ ”  ”  キシ キシ ”   


音 が  酷くなってきて、  マジで ウザいけー 」


20171128_075430.jpg


ということで  あちこち  グリス さしたり、  緩み を

点検 したり しましたが   解消 せず


クルマ を  揺らしてもらいながら、  音 の 出所 を  追ったら 


20171128_085436.jpg


どうも  フロント の  アッパー アーム ブッシュ の ようで


ロワー アーム の  ブッシュ には  グリス ニップル が 付いてますが

アッパー アーム には  グリス ニップル が 無く


20171128_080205.jpg


グリス が させない 作り に  なってるので

グリス 切れ で  音 が  出てるようです


アッパー アーム を 分解 し、  ブッシュ を  外したら


20171128_081813.jpg


ブッシュ には  グリス が  入る  溝 が ありましたので


アッパー アーム に  ブッシュ の  溝 に 合わせて 

グリス ニップル を  取り付け しまして


20171128_105050.jpg


給脂 できるように したら、  音 も 消えて   解決。


アッパー アーム を  ばらしてた 時 に、  

エアバック に  傷 が  あるのを  発見 しまして


20171129_171648_LLS.jpg


Y室 さん に  伝えたら、  「  そうなんじゃけー、  

SCN 鈴鹿 の 時 に  傷 あるのを  見つけたから


アロン アルファ で  付けてみたんじゃけー、  ダメやったのー 」


20171129_230516.jpg


と、 確信犯 だった ようなので、、、、、、 新品 の エアバック に  交換
 


「  夜  乗ってて  ライト が  暗くて  困るんじゃけ、 

   明るく ならんかのー 」   と いうことで


20171129_142344.jpg


現在  使用中 の  シールド ビーム から

H4 の  ハロゲン バルブ に  変更 と なりまして


H4 が  入る、  最近 の  ライト に  変えると


20171129_142358.jpg


20171129_142431_LLS.jpg


クラシック カー  特有 の、  バブル レンズ では

無くなって しまい、  残念 なので


当時物 の  バブル レンズ の  ライト を  用意 し


20171129_142716.jpg


新しい  H4 バルブ を  組込んで  取り付けまして


見た目 は  古い ライト の まま、  ワット 数 が  

大きい  バルブ を  組めるように なったので、  


20171129_183759.jpg


だいぶ  明るく なりました 


が、  そのまま 使うと  電流値 が  高くなった 分

 
ライト スイッチ や、  ディマー スイッチ が  焼けるので


20171129_183755.jpg


ハイ ビーム、  ロー ビーム ともに、  

ライト リレー の  回路 を  作って  


スイッチ に  負担 が 掛からないように しときます


20171130_003946.jpg


先日、  腹下 で  終わっていた  マフラー を

後ろ まで  伸ばしたので


排気 の 匂い は  室内 に  入ってこなくなり


20171129_022131_LLS4 (6)


排気音 も  幾分  静かに なりましたが

それでも  まだまだ  うるさいの  やや 不快、、、、、、、


うるさい  原因 は、  エキマニ から  75mm の


20171129_022131_LLS4 (7)


太い  パイプ で  取り回し してあるのと

スポーツ タイプ の  タイコ が


寿命 が きて、  消音 の  機能 を  果たしてませんで   


20171129_022131_LLS4 (8)


Y室 さん から、  家族 で  よく 出掛けるので、  


出来る限り  静か に なるように 

全部  引き直して しまってくれ とのことで


20171129_022131_LLS4 (9)


後ろ まで  伸ばした  ばかり ですが、  タイコ は  

静かな  チェリー ボム の  マキシマム ロング を 使い


改めて  全部  作り直し すること と なりまして


20171129_022131_LLS4 (10)


これまで  付いていた  1体 モノ の  マフラー は


ミッション マウント、  ミッション メンバー、 

クロス メンバー、  センター サポート、  ペラ と、


20171129_022131_LLS4 (11)


全部 外さないと  摘出 できず、  一苦労。。。。


古い マフラー を  摘出 したら、  どう 取り回すか 検証 し、  

部材 の  パイプ を、  角度 を 合わせて  切り出しまして
  


20171129_022131_LLS4 (12)


20171129_022131_LLS4 (13)


エキマニ の 下 の、  集合 部分 に  接続 する

”  コレクター ”  は、  これまでの  75 mm から


50 mm の  パイプ に  変更 するので


20171129_022131_LLS4 (14)


鉄板 から、  ガスケット の 形状 に 合わせて

小判型 に  切り出し、  穴 を 開けたら


パイプ を  差し込んで、  ガスケット の  ガイド を 製作


20171129_022131_LLS4 (15)


20171129_022131_LLS4 (16)


そこに   50 mm の  マフラー パイプ の  端 を    

治具 に 当てて   プレス して  広げた


50 mm から  60 mm への  変換 パイプ を 作り

 

20171129_022131_LLS4 (17)


20171129_022131_LLS4 (18)


フランジ に  接続 し、  全周  溶接 しまして


LS エンジン の  インジェクション 仕様 なので

左右 バンク に  O2 センサー も   取り付け。 


20171129_022131_LLS4 (19)


先 の  コレクター パイプ と  同様 に


フランジ に  パイプ を  差し込んで 

溶接 した モノ を  4個  製作 しておき


20171129_022131_LLS4 (20)


マフラー を  前 から  後ろ まで  引いていく

途中 に、   ジョイント を  設け


分割式 にして、  整備性 を  向上 させます


20171129_022131_LLS4 (21)


20171129_022131_LLS4 (22)


続いて、  180度 の   U パイプ を  切断 し


マフラー の  一番 後ろ に   取り付けたら

下向き に  排気 する、  スラッシュ チップ も  製作。
 


20171129_022131_LLS4 (24)


SPIKEY は  スラムド フレーム なので、


着地 しても   地面 に 当たらない 位置 で

50 mm の  パイプ で  取り回して いきまして


20171129_022131_LLS4 (26)


仮溶接 で   後ろまでの  形状 を  決めて いったら


最後 は  クルマ から  取り外して、  

外 の 広い 所で  本溶接 しまして、 


20171129_022131_LLS4 (27)
 


20171129_022131_LLS4 (28)


溶接 部分、  パイプ の  シーム 部分 が  

錆びて こないよう、  耐熱 スプレー を  塗りまして


新しい、  50 mm の  デュアル マフラー が   完成


20171129_022131_LLS4 (35)


20171129_022131_LLS4 (34)


塗装 が  乾いたら、  取り付け していきまして


これまでの  1体 モノ とは  違い、  エキマニ 下 から   

タイコ までの  フロント パイプ に


20171129_022131_LLS4 (36)


20171129_022131_LLS4 (33)


タイコ は  劣化 して、  消音 効果 が  無くなったら


タイコ だけ  簡単 に 交換 できるように

製作 した  フランジ ジョイント を  付けて あるので


20171129_022131_LLS4 (37)


20171129_022131_LLS4 (32)


ゆくゆく の  メンテナンス性 も  考慮 し、  製作 されまして


タイコ から   後ろ までの  リア パイプ で

合計  6 ピース に  分割 して  構成 してあるので

   

20171129_022131_LLS4 (31)


今度 は  メンバー やら  マウント など  ナニも  外さなくても、  


そのまま  マフラー だけ   簡単 に  脱着 できるように 

作られて いるので、  整備性、  作業性 も   優秀 です


20171129_022131_LLS4 (25)


マフラー バンド で  吊る 構造 ではなく


防振 ゴム を  用いて、   マフラー を 

受け止める 構造 に  マウント も  作って


20171129_022131_LLS4 (29)


防振性 も  しっかり 持たせて  取り付け されまして


結果 が  楽しみな  音量 は、  アイドリング も

高速 走行 も、  ともに  各段 に  静か に なり 


20171129_022131_LLS4 (30)


音質 も  いつもの  S庭印 の  音 に なりました


静か な  排気音、  綺麗 な 取り回し、  取り付け も

どこも 無理 してない  マフラー、  気持ち いいですね


20171129_022131_LLS4 (38)


HRCS まで  1週間 を  残して、  全て の 作業 を 終え

あとは  ショー に  展示 するのみ。  


早く 終われて 良かったです。。。。。







と、  思った 矢先、  また アイツ が  やってくれました。。。。。。。。


VIVA !   S庭 道場  &  Y室 さん !!!!!!!


 
[ 2017/12/13 04:15 ] 63 CHEVY C-10  * SPIKEY * | トラックバック(-) | コメント(-)