ホーム > 51 MERCURY * ART MORRISON * > 1951 MERCURY

1951 MERCURY



  M本 さん の   1951  モリソン  マーキュリー、


1951 マーキュリー の  グリル 開口 に 合わせ

デソート グリル の  パン の 幅 を  詰めまして


hwr,tk;hsrjhojsrgohg (14)


カーブ も  51 MERCURY の  アーチ に 変更。


続いて、  両端 が  デソート の まま なので  

マーキュリー に 合うよう、  加工 していきます


Iplplpl@l@MG_0326 (2)


パン の  両端 は、  ティース の ボトム に 合わせ


手前 から 後ろ に いくに つれて、 坂 の ように 

なっているので、  その 部分 は  再利用 しながら、  


Iplplpl@l@MG_0326 (6)


フェンダー と 合わさる 部分 は  全く 形 が 合わないので

原寸 に  合わせて、  作り直して いきます


クルマ に あてがいながら  作業 してると  効率 が 悪いので


Iplplpl@l@MG_0326 (7)


精密 に  作ってある  型紙 と、  実際 に 車 に 付いていた

パン に 基づいて、 卓上 で  作業 を 進めて いきます


デソート の  パン で  再利用 する 部分 を  摘出 したら


Iplplpl@l@MG_0326 (5)


クルマ の 開口 部分 に  傷 が 付かないよう  養生 し、


両端 部分 を  切り詰めた  パン を  実車 に  あてがい

問題 ないか   チェック しまして


 
Iplplpl@l@MG_0326 (4)


Iplplpl@l@MG_0326 (3)


切り出した  坂 部分 の  隙間 も  ピッタリ ですね


クルマ に あてがいながら、  両端 と  フェンダー の  

接合 部分 の  型紙 を  とったら


Iplplpl@l@MG_0326 (10)


元々 付いていて、  もう  使わなくなる  パン でも

フェンダー との  接続 部分 で  確認 しながら


両端 の  作るべき   形状 を  確認 しまして


Iplplpl@l@MG_0326 (9)


鉄板 を  切り出し、  フェンダー と  接合 する 部分 は、 


S庭 師範 の  真骨頂、  あたかも  オリジナル の ようで、

自然 に 見えるよう、  ビード マシン を 使って


Iplplpl@l@MG_0326 (8)


緩やかな  段差 を 作って、  プレス ライン を  再現。


フェンダー と  固定 する  ボルト の 穴 を  開け、  

両端 の  ベース 部分 を  製作 したら


Iplplpl@l@MG_0326 (13)


続いて、  元々 付いていた  パン を  使いながら 

位置 を  合わせて  確認 しながら  


作らないと いけない  パネル の 型紙 を とり


Iplplpl@l@MG_0326 (11)


鉄板 を 切り出し、  カーブ を 合わせて  曲げたら


パン と  製作 した  ベース の  足りない

部分 を 埋める  パネル が  完成
  


Iplplpl@l@MG_0326 (12)


Iplplpl@l@MG_0326 (14)


パネル は  仮りで   点付け 溶接 していき

足りない 部分 を  埋めたら


再び  実車 に  あてがい、  問題 ないか   チェック。 


Iplplpl@l@MG_0326 (15)


Iplplpl@l@MG_0326 (16)


問題 ないのを 確認 したら、  ベース の 両端 を


51 MERCURY の  バンパー の 形 に 合わせ 

切断 して、  強度 を 出すよう  耳 部分 を  作りまして  


Iplplpl@l@MG_0326 (18)


Iplplpl@l@MG_0326 (19)


Iplplpl@l@MG_0326 (17)


内側 にも  同様 に  見た目 を  良くするのと

強度 を 持たせるために  耳 を 作りまして


51 MERCURY用 の  パン の  仮組み が  完了。


Iplplpl@l@MG_0326 (20)


厚さ が  1mm という  薄い  素材 で  出来ているので


溶接 の  熱 で  歪み を 出さないよう

計算 しながら  本溶接 していき


Iplplpl@l@MG_0326 (21)


11個 の  ティース を  開口 に  収めるため

パン の 幅 を  詰めて、  カーブ を 変えた  


切断面 も  しっかり  全周 溶接 され、  


Iplplpl@l@MG_0326 (26)


フェンダー との  接合 部分 と、  耳 も  本溶接 を 終え

溶接跡 も  綺麗 に  仕上げまして


あたかも  オリジナル に 見えるよう  再現 された


Iplplpl@l@MG_0326 (27)


プレス ライン が  とても  生きてるのが  解ります


デソート グリル用 の パン 加工 と、  

フェンダー との  接合 部分 の 製作 を 終え


Iplplpl@l@MG_0326 (25)


次 は  ティース と、  グリル の  組み立て と 

バンパー ブラケット の  製作 に  進みます  


VIVA !  S庭 道場、  VIVA !  M本 さん !!!!!!   



[ 2017/10/24 14:55 ] 51 MERCURY * ART MORRISON * | トラックバック(-) | コメント(-)