ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIVLE > 1956  BEL AIR CONVERTIBLE

1956  BEL AIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56  BEL AIR CONV、


フェンダー や  ドア と  ボディ の  チリ、

コンバーチブル トップ を  締めた時 の  


vzbxvzdggnbsgn (5)
 


フィット感 や  建て付け を  追求 し、
  


ファイヤー ウォール  から   ピラー、  サッシ、

ポスト、  キックパネル を  切り離していき


vzbxvzdggnbsgn (4)


ボディ フロント の 強度 を  落として いくと

ワイパー カウル が  空中 に 浮きまして


位置 が 解らなく ならないよう、  治具 で 固定。


vzbxvzdggnbsgn (6)


ガラス を 取り付ける  サッシ を  取り外し

空中 ダッシュ。。。。。。。   と、  なると


ナルほど、   ようやく  解りました。  


Gary-fioto-1955-ford-beatnik2.jpg


S庭 師範 が  やろうと してるのは

きっと  これだと   思います


オール  バブル ガラス  キャブ で  開閉式。


Chopit-kustom-beatnik-bubbletop-custom-car-1.jpg


これなら  サッシ も  ピラー も  要りませんし


ワイパー は  いるのか、  いらないのか  解りませんが、、、、、

これなら  あとは  ガラス が あれば  出来そうです


    
Chopit-kustom-beatnik-bubbletop-custom-car-2.jpg


中 に 浮いた ダッシュ を 見ながら、   そうなってくると、  


コンバーチブル というのか、  クーペ に なるのか、  

どっち なんですかねー って  話 してたら


vzbxvzdggnbsgn (1)


「  邪魔 です、  よそで  やって ください 」  と  怒られまして


使用 する  新品 ガラス に、  綺麗 に  サッシ や

モール が  当たるのを  目視 で  確認 出来るよう

 

新品 の  細かく 切り刻んだ  窓 ゴム を  使いながら


vzbxvzdggnbsgn (3)


分解 して  車 から 切り離された  ガラス サッシ、

モールディング を  取り付けて いきまして


ガラス と  サッシ、  サッシ と   モールディング、


20170906_180050.jpg


コンバーチブル トップ を  締めた 時 に 当たる  パネル、

トップ を  締めて、 ロック を 掛ける  フック など


それらが  ぴったり と 合う 位置 を  導き出して いきまして


20170906_180331.jpg


クルマ に 取り付けて  作業 するのでは なく

作業、 確認 が  やり易い 場所 で  組み上げたら


仮り組み した 位置 が  ずれて しまわないよう  固定 し


20170906_180053.jpg


”  フロント ガラス  ユニット ”   として、

ごっそり  クルマ に  組戻されれまして


このあと、  三角窓 なども  組み立てて  ユニット との

フィッティング を  確認 したら


20170907_200440.jpg


ユニット の カタチ に  合わせて、  分解 した

パネル類 を  組み立てて いく事 で、  


ピタリ と  合わせないと いせない 部分 に 合わせ、  

クルマ を  組み立て直す 作戦 のようです


VIVA !  S庭 道場  VIVA !  T江 さん !!!!!!


[ 2017/10/16 14:57 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIVLE | トラックバック(-) | コメント(-)