ホーム > 51 MERCURY * ART MORRISON * > 1951  MERCURY

1951  MERCURY



 M本 さん の   1951  モリソン  マーキュリー、


オリジナル ダッシュ ベゼル に  ダコタ ゲージ の

キロ 表示 VHX も  組み込みまして


gdghfjdhkj (1)


オリジナル ダッシュ の  フィッティング を  確認


フロント ガラス を  入れた 想定 で

ゴム を はめ込んで  建て付け を  チェック し


gdghfjdhkj (3)


gdghfjdhkj (4)


フロント ガラス の  インテリア トリム と

ダッシュ の チリ を  確認 し


広かった 部分 は、  ダッシュ側 を  鈑金 し


gdghfjdhkj (5)


gdghfjdhkj (2)


ダッシュ 両端 の、  ガンスポ を  通す 部分 は、


鈑金 して  カタチ を  整えたら

ガンスポ の  シャフト の 通る 穴 を  


gdghfjdhkj (6)


gdghfjdhkj (7)


ダッシュ に  書き写して、  穴 を 作りまして


斜め に  シャフト が 通るので、  穴 は  丸 ではなく

楕円 に なるので   最後 は  リューター で  整えたら


gdghfjdhkj (8)


続いて   ダッシュ下 の  中央 部分

スピーカー が 収まる 部分 は


楕円 スピーカー の  形状 に  合わせて


gdghfjdhkj (10)


丸い  カーブ に  なっていますが


これまで、  スピーカー グリル を 埋めた

カスタム ダッシュ に  なっていたので


gdghfjdhkj (9)


それに 合わせて  エアコン ユニット を  取り付けてましたが


オリジナル の  ダッシュ に 戻したら、  スピーカー 部分 と  

エアコン ユニット が 当たって  付きません の 刑。。。。。


gdghfjdhkj (11)


そこで  スピーカー 部分 の  はみ出ている

楕円 部分 を  カット すること に なりましたが


裏側 には  強度 を 出す  骨 が 通って いるので


gdghfjdhkj (40)


切りっ放し に すると  強度 が  落ちるので


角材 を  同じ 骨材 サイズ を  切り出して

切断 した  骨材 と  溶接 し 


gdghfjdhkj (39)


骨材 を  入れ直して、  強度 も  再生 しまして


エンブレム を  シェイブ した 穴 を  溶接 で 埋め、

溶接 の 熱 で 歪んだ  部分 も


gdghfjdhkj (41)


鈑金 して  面を 出して おきまして


塗装 を  お願いする   Mり さん の  

面出し 作業 が  楽に なるように しておきまして


gdghfjdhkj (42)


モリソン マーキュリー は、  トランク を  開けるのは

電動 シリンダー で  開閉 するので


操作 スイッチ が  ダッシュ下 に  付いて いましたが

オリジナル ダッシュ に  変更 しても  スイッチ が 付くよう


gdghfjdhkj (35)


ダッシュ に  スイッチ の サイズ で  穴 を 開け

薄い ダッシュ に  スイッチ を  取り付けて


レバー を  通して、  ダッシュ が  ペロペロ しないよう

裏側 に  スイッチ の  ガイド 兼、  補強 を  溶接。 


gdghfjdhkj (36)


スイッチ ボディ が  干渉 しないよう、  切り欠き を 設け

オリジナル ダッシュ に  戻すための  加工 が  完了


次 は  灰皿 の   加工 に  進みます


VIVA !  S庭 道場、  VIVA !  M本 さん !!!!!!   





[ 2017/09/27 08:36 ] 51 MERCURY * ART MORRISON * | トラックバック(-) | コメント(-)