ホーム > EL-CLASSICO > 1958 IMPALA

1958 IMPALA



 S山 さん の  1958  IMPALA クーペ


シート の 端 に 付く、  カバー を  メッキ しようと

メッキ屋 さんに  持ち込んだら、  


5820ht20interior_0762.jpg


腐り が あるので  出来ないと 言われて しまったと

腐食 部分 の  修理 を  頼まれまして


矢印 の 部分、  運転席 の  ボトム側 カバー ですね


5b08_12.jpg


欠品 していたのを  数年 探して、  やっと  見つけたそうで


表 に 生地 が  貼ってあったので  剥がしたら

錆 と  腐食 が  出てきまして、、、、


20170830_201207bdb (1)


前 の  持ち主 は、   メッキ する 際  薬品 に 漬けると、 


腐食 部分 が  ボロボロ に なって、  穴 が 開いてしまうので

仕方なく  生地 を 貼って、  使っていた ものと  思われます


20170830_201207bdb (2)


腐り の ない、  別 の カバー を  探そうにも 


58 インパラ の  シート カバー は  滅多 に 出てこない 

代物 で、 探し直すのは  現実的 では ないらしく


IMG_8761.jpg


「  出来るなら、  腐らない ステンレス で  同じものを  作って 」


との 要望 でしたので、  それならと  ステンレス 鈑金 の 職人、  

K藤 師範 に 渡して、  ダッシュ に  逃げて 帰りまして 


IMG_8762.jpg


カバー自体 は、  3次元 の ラウンド 形状 に 加え

プレスライン に  折り返し の 耳 も あるので


ステンレス で  新規 製作 すると、  膨大 な 費用 が 掛かるので


201702830_201207 (4)


預かった  カバー の  腐食 部分 を、  メッキ できる

レベル に  再生 して  使うことに なりまして


腐食 部分 を  大きく  切り取って、  プレス ライン と

シート レール の  レバー 穴 を  再現 した  パネル を 作り


201702830_201207 (5)


メッキ する 際 は、  パテ を 入れて  仕上げられず

メタル ワーク の 仕上げ が  そのまま 仕上がり に でますが


1mm しか  厚み が 無い  パネル を  全周 溶接 するので


201702830_201207 (3)


 
溶接 の 熱 で、  歪んだり、  巣穴 が 開かないよう    

慎重 に 張り替えて、  溶接跡 を  仕上げたら


腐食 部分 の 再生 が 完了 です。  メッキ の 仕上がり が 楽しみです


VIVA !  K藤 師範 !   VIVA !  S山 さん !!!!!!



[ 2017/09/14 05:02 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)