ホーム > EL-CLASSICO > クルーザー モール修正

クルーザー モール修正



 60 IMPALA の  クルーザー スカート に 付く

スカッフ パッド、 ポート の  修理 を  頼まれまして


スカッフ パッド には、  大小  沢山 の 凹み や


IM56565_6_6_6G_0148 (6)


擦り傷 が  あるので、  修正 が 必要 な 箇所 を 洗い出し 

裏から  叩き出して、  直して いきます


モール の 裏 を 見たら、  以前 にも  修正 した 跡が あり


IM56565_6_6_6G_0148 (10)


コーキング材 を  持ってあった  モール クリップ を 外すと、  

ちょうど 裏側 付近 に  一番  叩いた 跡 が  ありまして


以前 の  修正 で、  モール の  板厚 が かなり 薄くなってるので
  


IM56565_6_6_6G_0148 (11)


修正 で  叩き出したり、  バフ を  掛けた 時 の 熱 で

ひずみ が 出てしまうと、  とりきれなく  なります


ひずみ を 出さない  限界 ギリギリ の ところで


IM56565_6_6_6G_0148 (12)


ナンとか  コントロール しながら  修正 していき

無事 に  綺麗 に 直りましたが、  


この モール は  もう 板厚 が 無さ過ぎて


IM56565_6_6_6G_0148 (13)


叩くにも  磨くにも、  もう  これ以上 は  攻められないので、  


この先、  もし  また  傷 や 凹み が 付いてしまっても

残念 ながら、  次 は もう  修正 が 出来ませんので


IM56565_6_6_6G_0148 (7)


大事 に  使って 頂きたいと 思います。。。。。。


続いて、  エキゾースト ポート の 修正 に 進みまして

こちら は  ハス切り の パイプ 部分 に


IM56565_6_6_6G_0148 (8)


おおきな  潰れ が あるのと、  ベースプレート の

外周 にも  大小 の  傷 と 凹み が ありまして


ハス切り の  部分 は  ベース プレート に  


IM56565_6_6_6G_0148 (9)


スポット 溶接 で  取り付け して ありますが


組み立てられてる 状態 では、  隙間 部分 が

狭過ぎて、 バフ が 当たらず  磨けないので


IM56565_6_6_6G_0148 (14)


スポット 溶接 を 剥がして、 別々 に  修正 して いきます


まずは  ハス切り の  パイプ 部分 の 潰れ、

傷 を  修正 して、 この 状態 で  磨いて おきまして


IM56565_6_6_6G_0148 (15)


IM56565_6_6_6G_0148 (16)


ベース プレート の 傷 も  修正 して、  

スポット 溶接 で  組み戻すと


溶接 の 熱 で   青く 焼けた 跡 が 残ってしまいます


IM56565_6_6_6G_0148 (17)


IM56565_6_6_6G_0148 (18)


バフ で 磨けば、  焼け を とること が できますが


形状 の 都合上、  奥まっていて  バフ を 当てられず

磨くこと が  できなく なってしまうので


  
IM56565_6_6_6G_0148 (19)


修正 し、  磨いた 跡 に  溶接焼け が 残るのと

見た目 が 悪いので   避けなくては いけません


そこで、  ハス切り パイプ を  ベース に 取り付けるのは 


IM56565_6_6_6G_0148 (20)


IM56565_6_6_6G_0148 (21)


これまで の スポット 溶接 構造 から、  モール を

クルーザー スカート に 取り付ける ボルト を 利用 し


共締め できる 構造 に すること と なりまして


IM56565_6_6_6G_0148 (22)


ハス切り パイプ を 取り付けると、  見えなくなる

両端 部分 に  ステンレス板 を 切り出し


ステンレス ボルト を 溶接 した 物 を  溶接 しまして


IM56565_6_6_6G_0148 (23)


IM56565_6_6_6G_0148 (24)


組み立てて いない 状態 で あれば、  表 も 裏 も

バフ を 掛けて  綺麗 に 磨けるので


この 状態 で  磨き 作業 を  終わらせまして


IM56565_6_6_6G_0148 (25)


IM56565_6_6_6G_0148 (26)


あと は  クルーザー スカート に 取り付けて


ボルト を  締めれば、  ハス切り パイプ も

固定 できる  構造 に 作り換えられました


IM56565_6_6_6G_0148 (27)


無事、  潰れ や  傷 も 直り、  修正 と  磨き、

取り付け 構造 の  変更 を  終えまして


貴重 な  モール、  ポート が  直って 良かったです


VIIVA !   S庭 道場 !!!!!!!!




[ 2017/08/22 08:00 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)