ホーム > 56 CHEVY BEL-AIR CONVERTIVLE > 1956  BEL AIR CONV

1956  BEL AIR CONV



  T江 さん の、  56  BEL AIR CONV  プロジェクト 


実際 に タイヤ を 付けて  接地 した時 と 同じに なるよう  

タイヤ 荷重 で  アーム を  固定 した 状態 で


20170801_161123.jpg


水平 を 出した  フレーム に、  ボディ の 高さ が 合うよう 

ボディ マウント を  0,5mm 単位 で 調整 を しまして


ボディ マウント ボルト も、  正規 の トルク で  締め付けて


20170801_161136.jpg


あくまでも  完成時 と 同じ  テンション を  掛けて いきましたら


今度 は  ボディ 内側 から  レーザー 水準器 を 

同時 に  2機  使って、   4軸 を  計測 


20170809_173805.jpg


アメリカ の  ボディ メーカー が  作った、

リプロダクション の  新品 の ボディ ですが


計測 していくと、  数か所 に  数ミリ の ズレ が あり 


   
20170809_173810.jpg


リプロ ではなく、  オリジナル ボディ でも

もちろん  これくらい の ズレ は  あるんですが


極上 ボディ の  建付け や、 ライン、  チリ、   


20170809_173820.jpg


20170809_173904.jpg


スムーズ な  ドア の 開閉 などを  実現 するため、   


このままで  オッケー と  するのでは なく、  

この 時点 で  出来る限り  メタル ワーク で 修正 し 


20170809_173842.jpg


極力  パテ を  使わなくても、  済むよう

良い ボディ に なるよう、 追求 して いきます


数日 掛けて、  じっくり  計測 を  進めまして


20170809_173848.jpg


まずは  現状 を  しっかり  把握 し

どう 対策 していくか、  よく 考えます


対策 箇所、  方法 を  導き出したら


IM56565_6_6_6G_0148 (3)


この先、  加工 や  チリ合わせ 作業 で

何度 も  ドア を  脱着 すること に なるので


一人 で 簡単 に 外したり、  調整 を やり易いよう


IM56565_6_6_6G_0148 (4)


4方向 の  角度 調整 が  可能 な  ミッション ジャッキ に  

取り付けできる  ドア 脱着 & 調整用 ツール と、  


56 コンバー 専用 の  アタッチメント を  製作。


IM56565_6_6_6G_0148 (1)


56 コンバー を  仕上げたら、  廃棄 に なってしまいますが


それでも   重たい ドア でも、  一人 で  外したり、  

調整 を  やり易く するためには  必要 ですね


IM56565_6_6_6G_0148 (2)


ツール を  作るため、  設計 したり  加工 する 

時間 も  必要 に なってしまいますが


”  良い 物 ”  を 作ろうと したら、  ”  良い 道具 から ”  
 


IM56565_6_6_6G_0148 (5)


手間 も  設備 も  惜しまず、   S庭 師範 は

とにかく  ”  良い物 を 作る ”  に  徹しますね 


VIVA !  S庭 道場  VIVA !  T江 さん !!!!!!



[ 2017/08/10 08:52 ] 56 CHEVY BEL-AIR CONVERTIVLE | トラックバック(-) | コメント(-)