ホーム > EL-CLASSICO > STAR WIRE

STAR WIRE



 STAR WIRE ホイール を  発送 するので


ホイール を  飾っている、  2階 デッキ から

下 に 降ろして   梱包 しようと  しましたら


20140313_050321.jpg


階段 を  降りはじめた 時 に、   転倒 して

ホイール を 持ったまま、  階段 を  転げ落ちまして


みんな、 歳 で 足元 が  おぼつかない  とか 馬鹿 に しますが、、、、


20170729_04lllo5328 (5)


多分、  日頃 から  恨み を  つのらせている、

カウパー氏 が  後ろから  押したんだと 思います。。。。。


それでも  発送 する  ホイール を  落とすまい と


20170729_04lllo5328 (3)


階段 を  転げ落ちる 間 も、   ずっと  ホイール を

離さず に  抱きかかえたまま   落ちまして


途中 で 止まっておくれ、、、、 と  期待 しましたけど、 


20170729_04lllo5328 (4)


結局  一番 下まで  転げ落ちまして、、、、、、、


死守 した  スター ワイヤー は、  僕 が 止まったと 同時 に

入れてた 箱 から、  ぽいん と   飛びだして しまい、、、、


20170729_04lllo5328 (2)


結局、  ご覧 の ありさま で  ございます。。。。。。


「  てめぇ、   カウパー氏 め! 」   と  後ろ を  振り向いたら

とっく に 帰って、  家 で  オナニー してるようで


20170729_04lllo5328.jpg


「  体  大丈夫 ですか ? 」   と、  心配 してくれる  

ジェントルマン な   S庭 師範 と


必至 に 笑いを  こらえてる、  河川敷くん しか  居ませんでした、、、


  
20170729_04lllo5328 (7)


カウパー氏 に  押された 風 の   転落 の お陰 で


地面 に  発送 しないと いけない  スター ワイヤー を

落として しまい、 リム が  曲がって しまったので


20170729_04lllo5328 (8)


購入して 頂いた方 に 連絡 して、  修理 する 時間 を 頂き


曲がった リム を  直すのでは なく、  リム を  新品 に  

交換 する  作業 を  急いで  進めます   


20170729_04lllo5328 (6)


コンバージョン 作業 用 に、  スター ワイヤー の  

新品 リム が  数セット  在庫 で  あるので


まずは  センター 部分 を  摘出 したら   


2017062f0_030927 (9)


2017062f0_030927 (10)


裏側 に  アウター リム と  接合 する 部分 の  

基準点 を  けがきましたら


治具 に  セット して、  センター部分 の  計測 へ


  
20170729_04lllo5328 (10)


スター ワイヤー の  センター 部分 は、  

スポーク と  リング が  溶接 してある  構造 なので


製造時 の 溶接 の 影響 で、  新品 の  段階 で       


2017062f0_030927 (12)


必ず  歪み が  あるので、  どこが  どの 位  

歪んで いるのか を  細かく  計測 し


それを  補正 するように  アウター を  合わせて いきます


2017062f0_030927 (11)


センター 部分 の  計測 を 終えたら、


曲がった  アウター は  捨てて、  新品 の  

14x7 REV 用 アウター  を   出してきまして


20170729_04lllo5328 (11)


エアバルブ と、  スポーク の  位置 関係 が

他 の 4本 と  ずれて しまわないよう


アウター に  マーキング して おきましたら、  


2017062f0_030927 (8)


治具 に  セット してある  センター 部分 に 

はめこんで、  アウター の  計測 へ。


アウター を  センター に  はめ込む  深さ で


2017062f0_030927 (13)


オフセット が 変わりますし、  取り付ける  縦位置 を


歪んでいる センター 部分 に 応じて  正しく 合わせないと  

ホイール の 芯 が  ずれてしまうので


2017062f0_030927 (14)


センター に  アウター を  仮組み した 様態 で

アウター での  数値 も  計測 していき


センター 部分 と  アウター 部分  それぞれ の

歪み を  打ち消し合えて、


2017062f0_030927 (15)


縦、 横  両方向 の 振れ が  一番 少なくなる

いい 位置 を  導き出しましたら


アウター を  溶接 する際 に、  溶接 の 熱 で 


2017062f0_030927 (16)


必ず、  再び  歪み が  生じて しまうので、


溶接後 に  導き出した  数値 に なるよう

歪みながらも  打ち消し合うよう   計算 しながら


2017062f0_030927 (17)


アウター と、  センター 部分 を  仮溶接 して いきまして


仮付け を  終えたら、  今度 は  半自動 溶接機 で

本溶接 を  していくので


20170801_1611291 (8)


溶接 の 際 に  発生 する、  高熱 の  火の粉  は  

 
クローム を 溶かして  喰い込んで しまうので


火の粉 が 付着 するのを 防ぐ  ケミカル を 塗ったうえに


20170801_1611291 (7)


テープ を 貼って、  火の粉 への  養生 を  しましたら


設定 した  速度 で  回転 していく、  電動式 の  

ターンテーブル に セット し、   ホイール を 回転 させながら


20170801_1611291 (9)


リム と アウター を  溶接 していき、  接合 完了。


溶接 部分 が  錆びて こないよう、  鉛 99% の

錆び止め 塗料 を  塗りまして


20170801_1611291 (3)


最後 に  もう 一度、  治具 に セット し  計測。


完成後 の  各部 の 数値 に  問題 が 無い事 を 確認 し、  

アウター 交換 が  完了 です


20170729_04lllo5328 (12)


階段 を 転げ落ちた 時に 痛めた、  僕 の  尾てい骨 と

足首 は  直って いませんが、、、、、、 


スター ワイヤー は  無事 に 直りまして、  ナニより です


VIVA !  S庭 道場 !   VIVA !  K藤 師範 !!!!!



[ 2017/08/04 08:25 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)