ホーム > 48 CHEVY SUBURBAN > 1948  SUBURBAN

1948  SUBURBAN



 FOR SALE 中 の  ”  1948  SUBURBAN  ”


アメリカ で 組んであった   ACCUAIR の  センサー 位置 と、  

センサー アーム の  組み方 が  イマイチ だったので


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (46)


センサー の  取り付け位置 も  見直して

ブラケット、  センサー アーム を  変更


これで   センサー の 動き も よくなりますね


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (49)


と、  喜んだのも  束の間、、、、、、


エアバック が 擦れは ありませんが、  潰れ方 が  イマイチで

ライド ハイト、  スラムド時 に  エアバック が


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (47)


綺麗 に 伸縮 せず、  カタチ が  歪んで しまうので


原因 を  調査 しましたら、  エアバック の  アッパー側 の  

ブラケット を  取り付ける、  角度 の  不良 ですね


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (48)


ロワー アーム の  扇状 の 動き に 合わせて

エアバック の  角度 を 決めるのが


アッパー ブラケット の  形状 に  なりますが

ブラケット を  外してみたら、  先端 が  水平 でして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (9)


エアバック用の  MUSTANG Ⅱ KIT を 買うと


長い 鉄 の  筒 が 入ってて、   クルマ に 合うように

角度、  長さ を  自分 で 切って  作ってください


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (10)


というのが  一般的 ですが、  確認 しながら  カタチ を 合わせるのが  

タイヘン なので、  長さだけ  合わせて  切ったようですが


本来、  先端 を  コイル ポケット内側  の 上面 の 形状 と

ロワー アーム に 合わせて  斜め に 切らないと いけませんで


20170624081841501be4 (2)


エアー ホース を  取り回す 穴 も、  クルマ毎 に 取り回す 位置 が 

違うので、   クルマ に 合わせて  自分 で  開けますが


穴位置 が 悪くて、  エアホース が  擦れてまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (36)


ブラケット の  先端 を  コイル ポケット 内側  と

ロワー アーム の 角度 に 合うよう


斜め に 作り直したら、  エアホース を 通す 穴 を


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (37)


プラズマ カッター で  ざっくり 切っただけの  仕上がり から


ホース が 擦れない様に  大きく 広げて、   

カタチ も  綺麗 に  開け直しまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (44)


続いて  エアバック からの  ホース を  

フレーム に 沿って  這わせて いきますが


エア を 送った時 に  ホース が  脈動 すると   


20170624081841501be4 (1)


ショック の タワー ブラケット の  下側 に 擦れるので


こちら も  汎用 の  ショック マウント が

MUSTANG Ⅱ KIT に  入ってきますが


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (13)


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (50)


クルマ毎 に 位置 を 合わせて、  フレーム に 溶接 しますが


ちょうど  ホース を  取り回す 位置 に

ブラケット の 下側 が  位置 してたので


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (19)


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (18)


ホース が 通る 近くの  ブラケット の

強度 に 影響 しない 部分を  切り欠いきまして


ブラケット、  タワー 共に  塗装 し直したら


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (14)


エアバック ブラケット の  エア ホース を 通す 穴 も


ショック マウント の 下側 も、  ホース が

干渉 すること も  なくなりまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (15)


エアバック の  潰れ方 も、  ACCU AIR の

センサー の  付け方 も、  いい 感じに なりまして


ブレーキ ホース も  エアバック に 擦れた跡 が あったので


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (16)


少し 長い ブレーキ ホース に  交換 し


ステアリング を 切っても、  エアバック が

潰れて 広がっても  干渉 しないように しまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (20)


これで  前足 の 作り も、  もう  完璧 ですね と

最後 に  ブレーキ の  エア抜き を  しようと したら


エア抜き の 際、  アンダー フロア に  設置 されている


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (21)


マスター シリンダー に  アクセス 出来る   サービス ホール が  

パワー ブレーキ化 されてる ことで  位置 が ズレてまして


あけても  マスター シリンダー が ありません の 刑。。。。。。


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (22)


フロア と  マスター シリンダー の 狭い 隙間 からでは  


ブレーキ オイル の 点検 や、  エア抜き の 際 に  

ブレーキ フルード の  補充 が  やりづらいので


メンテナンス性 が 良くなるよう、  メンテナンス口 を  作ることに。


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (23)


下 に  潜って、  マスター シリンダー の 位置 を  確認 して  

フロア に  ケガキ を 入れる 位置 を  導き出したら


マスター シリンダー の  周辺 を  四角く  切断 し、


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (25)


切断 した フロア の 周囲 に  フラット バー を  切り出して

耳 と して  溶接 しまして


簡単 に 取り外し 出来るよう、  裏 の 後ろ側 に  

フロア に 挟まるよう、  差し込む  タブ を 付けまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (24)


後ろ側 を  さく っと  差し込んだら、  前側 2点 を

ビス止め する 構造 で、  サービスホール の 蓋 を 製作


こうして  S庭 師範 の  妥協 なき  対策 が 完了 しまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (26)


エアサス、  MUSTANG Ⅱ、  C ノッチ などは、  組む人の  

技術 ありき で   性能 や  耐久性 に  雲泥の差が 出るので
 


計測、  検証、  設計 を しっかりして、   一番 良い 構造 に ですね  


VIVA!  S庭 道場 !!!!!!



[ 2017/07/13 16:42 ] 48 CHEVY SUBURBAN | トラックバック(-) | コメント(-)