ホーム > 59 CHEVY EL-CAMINO * CONQUE > 1959  EL-CAMINO

1959  EL-CAMINO



 S庭 師範 の  1959  EL-CAMINO ”  CONQUESTA ”


5年前 に  プロペラ シャフト の  振動 が  大きいと

テレスコ ピック 式 の  シャフト と、  


IMG_0dhheghrtwe121 (2)


ヘビィー デューティー 仕様 の  センター サポート から


テレスコ式 ではない、  オリジナル の  シャフト と

オリジナル の  センター サポート に 変えまして


IMG_0dhheghrtwe121 (8)


5年 は  振動、  異音 と  無縁 でしたが

最近 に なって、 また 振動 が  出るように なったそうで


今回 は、  いつも  ペラ を  作ってもらっている


IMG_0dhheghrtwe121 (9)


アメリカ の  ペラ屋 さん に  頼んで、  1958-64 用

インパラ の  TH350用 を  作って もらいまして


ここの  ペラ屋 さん は   1ミリ 単位 で  長さ を 指定 したり

材料 や  直径 も  選べますので、


IMG_0dhheghrtwe121 (10)


自分 の クルマ の  エンジン、 ミッション 位置 や、  

ミッション に 合わせた 仕様 で   製作 できます


C ノッチ した 際、  ペラ が  太いと  センター トンネル も

大きく 上げないと いけませんが、  


IMG_0dhheghrtwe121 (7)


細く 作れば  センター トンネル を  加工 しなくて 済んだ。。。。。。  

ナンテ  事も ありますので、  重宝 します


製作後 に  バランス 調整 も 行い、  バランス取り の

精度 も 高いので、  ペラ鳴り が 出たことも ありません


IMG_0dhheghrtwe121 (12)


テレスコ式 の  バランス 調整 は、  テレスコ 部分 が

スプライン に なっていて、  抜ける 構造 で


抜いて  挿し直す 際 は、  どの 位置 でも  挿せて しまうので


IMG_0dhheghrtwe121 (6)


   
バランス 調整 しても、  クルマ に  組み付ける 際 に 

調整 した 位置 でない ところ に  挿してしまうと


せっかく  調整 した  バランス が  崩れてしまうので、、、、、、


IMG_0dhheghrtwe121 (11)


ご覧 の ように  大きな  ラベル が  貼ってあり  

マーキング 位置 が  解らなく ならないように なっています


念の為、  ラベル が 剥がれても  解らなく ならないように

マジック でも  記録 を  しておきまして


IMG_0dhheghrtwe121 (5)


この ペラ屋 以外 の テレスコ シャフト には、  バランス 調整後 の  

マーキング 位置 が  貼ってあるのを  見たこと ありませんが 


テレスコピック の  ペラ を  ご使用中 の  皆さま は、

バランス 調整 した 位置 の 通りに  組んで ありますか?


IMG_0dhheghrtwe121 (13)


正しい 位置 を  見失うと、  バランス 調整する マシン に

かけないと、  確認 できませんので  気をつけて。。。。。


また、  センター サポート を  交換 する 際 には、


IMG_0dhheghrtwe121 (3)


U-ジョイント を  プレス で 抜かないと  いけない  


ヨーク 部分 は U- バンド 構造 にして、 

簡単 に 外せるように  作って もらったので


センター サポート ベアリング 交換 が  格段 に やり易く なります


IMG_0dhheghrtwe121 (4)


この ペラ に  交換 したら、  震動 や 異音 も  解消 したそうなので  


精度 が いい ペラ なら  テレスコ式 でも、  センター サポート も  

ヘビィー デューティー 仕様 でも、  振動 出ずに  使えますね
 


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!!
 




  
[ 2017/07/31 06:37 ] 59 CHEVY EL-CAMINO * CONQUE | トラックバック(-) | コメント(-)