ホーム > 59 CHEVY APACHE * アパ太郎   > 1959  APACHE

1959  APACHE



 
 ”  59  APACHE  プロジェクト ”   進めて まして


エンジン 搭載 に  並行 して、  S庭 師範 が

インナー フェンダー の   加工 に  着手 しまして


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (63)


59 アパッチ では、   フロント は  インナー フェンダー の 

構造 の  都合上、  22 インチ ホイール を  装着 しても


ホイール の 幅 が  8、5 J や   9 J サイズ で


20170124_20000165665 (5)


ステアリング を 切らずに   タイヤ が  真っ直ぐ で あれば


着地 させても、  タイヤ と  インナー フェンダー は  当たらないので、  

Cー10 などのように、  大きな  タイヤ を  組むと


IMkjoklG_0496 (4)


インナー フェンダー を  作り直さないと  いけない

クルマ と 違い、   加工 が 省けて   助かります


先日、 FIT の  アパッチ は   22 インチ 装着 で


20170115044133645p.jpg


着地 しても   ステアリング が  切れるように


フロント フレーム の  ナロード と、 

ファイヤー ウォール を   加工 して ありまして


00S0S_98vysSfWjnB_600x450.jpg


車高 が  とても  低い 状態 で   ハンドル を きると

タイヤ と  インナー フェンダー が  当たるように なるので


駐車 して  着地 させる 時 は   ハンドル 真っ直ぐ ですし  


bl5_zps6148a5f9.jpg


着地 状態 で  走らせたり、  ハンドル 切ることも ないでしょうから 


って、 せっかく  加工 要らず の  インナー フェンダー に 

メス を  入れずに  いこうと  思ったら


4ca85a29cfd8bc351c69b8de616685813 (7)


「  いえ、  車高 が 低くても   ステアリング は

   めいいっぱい 切れて、  ちゃんと 走れるように


   インナー フェンダー も  作り直し します 」


4ca85a29cfd8bc351c69b8de616685813 (2)


と、  S庭 師範 が  笑顔 で  言ってまして、、、、、、、


カウパー氏 の  オナニー くらい  早く 終わるなら いいんですが

たいへん な  加工 に なので   避けたかった ですが、、、、、

 

4ca85a29cfd8bc351c69b8de616685813 (1)


やっぱり、  S庭 師範 は  手間 を 惜しんだり   

妥協 したり  しませんね。。。。。


C-10 などで  大きな  ホイール を  入れる時


4ca85a29cfd8bc351c69b8de616685813 (3)


色々 な  カタチ に   インナー フェンダー を  作り直したり


はたまた、  インナー フェンダー を  外して しまって

そのまま  乗ってる 方 も  多いですが


4ca85a29cfd8bc351c69b8de616685813 (5)


インナー フェンダー が 無いと   フェンダー や  コア サポート との

連結 が なくなり、  ボディ の  強度 が  落ちますし


雨の日 は  路面 の 水 を  タイヤ が  まき上げて


4ca85a29cfd8bc351c69b8de616685813 (6)


エンジン ルーム内 が  ビチャ ビチャ に  なります。。。。。。。


自転車 や  バイク で  フロント フェンダー が 無い 状態 で

雨の日 に 走ると、  タイヘンな ことに なるのと  同じですね、、、、


4ca85a29cfd8bc351c69b8de616685813 (8)


インナー フェンダー の 加工 は、  ”  作り込んだ 感 ”  や

”  やりまくった 感 ”  を   アピール するには


先の 写真達 の ような、 作り方 が  良いのだと 思いますが


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (56)


強度 が 求められる  インナー フェンダー は、  

平らよりも  球体 の ほうが  強度 が 出るので
 


S庭 師範 は、  オリジナル の  インナー フェンダー を

形状 を 利用 しながら  加工 して いくようです 


IMG_08ijihugyftftihp13 (71)


球体 といえば、  圧力 に 耐える   エアサス の タンク や、  


身近な もので 言えば、   ガスボンベ や、  缶 スプレー、  

炭酸 飲料 が 入っている  缶 や  ペットボトル などのように


IMG_08ijihugyftftihp13 (72)


角のない 球体 が  最も  優れており


角 が あると、  力 が 分散 できず、  そこで

割れたり、  折れたり して しまいます


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (54)


しかし、  一枚 の  鉄板 から   球体 や  3D の 形状 を

作り出すのは、  プレス でない 限り  とても  難しく


その 技術 が ないので、  平ら な  構造 で  作って


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (55)


平ら な 面 が 大きい と、  ペコペコ してしまうので

溝 や、  リブ を  入れて  硬さ を  増しています

 

オリジナル の  インナー フェンダー を みると


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (57)


 
複雑 な  ラウンド と、  リブ を 組み合わせて  強度 を  出してあり


さすが、  GM の  天才 頭脳 集団 が  膨大 な 時間 と、 

予算 を  投じて  設計 してるだけ ありまして  


IMG_08ijihugyftftihp13 (84)


「  へたに 作り直すより、  意味があって  その形の

   純正品 を  手直し するほうが  遥かに  良い物になる 」


と、  いうのが  S庭 師範 の  持論 でして


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (58)


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (59)


いつも  作り込む 際に、  ”  あたかも  オリジナル ”  で

作り込むのは、  そういう  理論 も  あっての ことで


”  やった感 ”  や、  ”  派手さ ”   よりも   品質 重視、


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (60)


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (61)


難しい  球体、  3D 構造 に  対応 できる  技術 も

持ち合わせてる からこそ の  作り方 ですね


同じような  作業 を してる  方々 なら、  それらの  難しさ が

よく  お解り いただけるんじゃ ないかと 思います


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (62)


59 アパッチ は、  車高 を 下げた  状態 で

ステアリング を 切ると  どこまで くるのか


ボンネット の  ヒンジ の  取り付け ベース と、  


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (64)


ボンネット の  ヒンジ の  スプリング を  取り付ける 部分 も

インナー フェンダー に   付属 する 構造  なので


加工後 に  どう 影響 が 出るか   検証 しまして  


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (66)


計測 した  タイヤ スペース に 基づいて  作った

型紙 の 通り に  けがき を 入れ、 


インナー フェンダー を   切断。


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (1)


切断 した   インナー フェンダー を  仮組み して、  


エンジン や  エキマニ、  マフラー に  影響 がなく

ハンドル を 切っても  タイヤ を  避けるように

 

IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (65)


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (2)


切り取った  部分 を  置いて、  出来た  隙間 に

鉄板 を 切り出し、  拡張 する  位置 が  ずれないよう


治具 として、  タブ を  溶接 して、 仮付け しましたら


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (4)


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (10)


再び  クルマ から  取り外して、  作業台 の うえで


隙間 の  型紙 を とって、 それに 合わせて 

鉄板 を  切り出して、  溶接 していきます
  

20170322043116ba7sc.jpg


2017032204311548dxx.jpg


その際、  オリジナル の  プレス ライン や、

リブ 部分 を   またぐことに なる  部分 は


それらも  忠実 に  再現 して  接合 して いきまして
 


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (7)


MUSTANG Ⅱ  クリップ化 されて、  アッパー アーム が

付いて、  車高 に 合わせて  上がってきても


インナー フェンダー に  当たらないよう   切り欠いたら

 

IMG_09;l@1]pkojihk];63 (8)


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (9)


切断 部分 は、  切りっ放し だと   ペロぺロ で

強度 が  無くなって しまうので


折り返して、  耳 を  作って いきまして


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (10)


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (11)


これで  強度 も  再生 され、  形 も  ピッタリ に なりました  


拡張 して、  鉄板 を 貼った 部分 の  裏側 は

強度 が  落ちるので、  仕上げはせず  そのままで


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (12)


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (13)


表側 だけ、  溶接跡 を  綺麗 に  仕上げたら


うーん、、、、、、、  一度  ぶった切って   拡張 し、

つなぎ直した なんて、  まったく  解りませんし    


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (15)


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (1)


アッパー アーム に 合わせて  間口 を  変更 して

耳 を  作った なんてのも、  


説明 しないと  誰も  気付きせんね。。。。。。


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (2)


インナー フェンダー の  加工 も  完了 し、

次 は、  ボンネット の  ヒンジ 加工 に  進みます


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!




[ 2017/03/23 07:12 ] 59 CHEVY APACHE * アパ太郎   | トラックバック(-) | コメント(-)