ホーム > 59 CHEVY APACHE > 1959  APACHE

1959  APACHE



 ”  APACHE  プロジェクト ”   進めて まして


エンジン 積もうと すると、  ファイヤー ウォール に  

当たります の 刑 で、  切開 決定 と  なりまして


IMllkjjl (18)


ブレーキ、  コラム、  エアコン ユニット を  組んで

切開 する  範囲 を  導き出したら


ファイヤー ウォール は  ばっくり  切り取られまして、、、、


IMllkjjl (19)


お陰 で  向こうが  丸見え、  お先  ぱっくり ですが


来年 どころか、  来月 どうなってるかも  解らない 

底突き  TSU-くん のほうが、  よっぽど  先が  見えませんね

  

IMllkjjl (20)


ファイヤー ウォール を  大きく  切開 し


エンジン と  ミッション の  モック を  使い

どこに 位置 を  定めるか   検証 しまして

 

20170124_20000165665 (3)


先日  書き忘れて ましたが、、、、  もちろん

ボディ マウント を  新品 に  変えてから でないと


経年 劣化 で  潰れてた  マウント を  


20170124_20000165665 (2)


新品 に 変えると、  マウント の 厚みの 分

ボディ の 位置 も  上がりますので


先 に マウント を  変えてから、  実寸 を 検証 します


 
IMG_0hjhef;kbvsdgknb407 (1)


ファイヤー ウォール を  切って、  エンジン と  当たるものが なくなり

位置 探し も  やり易く  なりまして


新品 の  ボディ マウント で 合わせた  ボディ 位置 に 対して


IMG_0hjhef;kbvsdgknb407 (2)


エンジン と  ミッション の  理想 の 位置 が 決まったら

そこで  エンジン と  ミッション を  仮固定 し


エンジン マウント と、  ブラケット を  作って いきます


IMG_04kkhgfyfdtdu@l@05 (1)


LS モーター の  エンジン マウント は  サイズ が  大きくて

ナロード した  フレーム には  使いづらいので


大きさ も 程よく、 交換 するにも  日本 で 簡単 に 買える


IMG_04kkhgfyfdtdu@l@05 (2)


シボレー の  スモール ブロック用 を  使って いきます


LS エンジン に  スモール ブロック用 の  マウント を

取り付けることが できる  変換 ベース プレート が  あるので


IMG_04kkhgfyfdtdu@l@05 (4)


それを  利用 し、  取り付けして いくことに しまして


ACID 57 や、  SPARKLE 56  などでも  同じ 

KIT を  使って、  調子 良かったので   お勧め ですね


IMG_04kkhgfyfdtdu@l@05 (5)


エンジン マウント は、  フレーム側 の  ブラケット との  

真ん中 に  ボルト を 貫通 して  連結 けしまして  


防振 ゴム を 介して  振動 を  吸収 させますが


IMG_04kkhgfyfdtdu@l@05 (6)


ボルト だけでなく、  マウント に 設けてある、  L型 の ゴム部分 に  

ブラケット の  背中 が  当たるように 作り


そちらでも  荷重 を  受け止める  構造 でして


IMG_04kkhgfyfdtdu@l@05 (7)


シボレー の  スモール ブロック の クルマ の  

ブラケット から  切り取った  連結 部分 を 使い


ぴったり 合う  マウント ブラケット を  作って いきます


 
IMG_04kkhgfyfdtdu@l@05 (8)


防振 ゴム の  マウント側 に  焼き付けてある  ベース 部分 が

真ん中 が  山型 に  なって  強度 を  出しる 構造 なので


そのままでは、  変換 ベースプレート に  当たって、 座り が  悪いので


IMG_04kkhgfyfdtdu@l@05 (9)


強度 を  落とさないよう、  マウント側 は  触らず

ベース プレート の  一部 に  逃げを  作って


ぴったり  座るように  手直し しまして


IMG_04kkhgfyfdtdu@l@05 (10)


続いて、  エンジン と  フレーム の  隙間 を


ステアリング シャフト や  エキマニ に  

当たらない 位置 で   型紙 を  とりまして


IMG_04kkhgfyfdtdu@l@05 (11)


IMG_04kkhgfyfdtdu@l@05 (12)


それに あうよう、  鉄板 を  切り出して、 


溶接 して  組み合わせながら

ブラケット を  作って いきます


IMG_04kkhgfyfdtdu@l@05 (13)


今回  製作 した  エンジン マウント ブラケット は


メイン フレーム に  接続 するだけ ではなく

クロス メンバー でも  受けるように しまして

   

IMG_04kkhgfyfdtdu@l@05 (14)


無振動 の、  快適 仕様 を   目指しまして


左右 の  ブラケット の 幅 が  同じ に なるよう

間 に  治具 を  仮付け したまま


IMG_04kkhgfyfdtdu@l@05 (15)


エンジン と  フレーム の  隙間 に  滑り込ませ

所定 の 位置 に  仮付け しまして


エンジン マウント が  完成 です。   

  

IMG_04kkhgfyfdtdu@l@05 (16)


本溶接 と、  仕上げ は、  スペース の 都合上、

後ほど  モック を  降ろした 後 に  行います。


次 は  ミッション マウント の  製作 に  進みます


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!!




[ 2017/02/02 10:45 ] 59 CHEVY APACHE | トラックバック(-) | コメント(-)