ホーム > 59 CHEVY APACHE * アパ太郎   > 1959  APACHE

1959  APACHE



 ”  APACHE  プロジェクト ”   進めて まして


まだ まだ、   使用 する  MUSTANG Ⅱ 

KIT を   検証中。 


IMkhuguhioG_0105 (1)


エアサス は、  ショック 内蔵 タイプ の

ショック ウェーブ を  使うので


ストローク と、  スリーブ の  動き の 確認 と、


IMkhuguhioG_0105 (20)


MUSTANG Ⅱ KIT に  付属 していた

タワー との  クリアランス を  確認。


ロワー アーム の  作動域 の  都合上、 


IMkhuguhioG_0105 (21)


全下げ時 と、  全上げ時 には、  やっぱり  今回 も  

タワー に  エアバック が  当たるので


後ほど、  エアバック が  当たらない様 に する

加工 も  必要 に  なりそうです。。。。。


IMkhuguhioG_0105 (2)


ショック ウェーブ まで  含めた  KIT で

FATMAN から  購入 していますが


高価 な  専用 KIT  といえども、  そのまま 使えず


   
IMkhuguhioG_0105 (9)


加工 の  オンパレード なのが、  


あとは  付ける人 で  うまくやれよ 的 で、   

なんとも  アメリカン ですね。。。。。


IMkhuguhioG_0105 (10)


クルマ に  組み付け してしまった 後 では

やり直し や  変更 が  出来ないので


とにかく、  卓上 で  よく  検証 が  必要 なので


IMkhuguhioG_0105 (11)


フレーム を 測定 して  検証 した  数値 に  基づき


卓上 ですが、  治具 を  作って、  実際 に  

組み付ける  位置 に  仮組み しまして


  
IMkhuguhioG_0105 (8)


その 状態 で   アライメント も  調整 してみて

正しい  ジオメトリ に なるか  確認 するため


スピンドル に  ブレーキ ローター を  固定 する


IMkhuguhioG_0105 (12)


ハブナット の 代わり に  取り付けできる

ナット 兼、  アライメント ゲージ マウント を


A田 くん に  旋盤 で  削り出して もらいまして


IMkhuguhioG_0105 (13)


ご覧 の 様に、  ゲージ を   取り付け しながら

仮組み した  足回り で  アライメント を  調整 すると


ウルトラ ロー の  クロス メンバー を  使うと


IMkhuguhioG_0105 (14)


付属 していた  アッパー アーム の  マウント ブラケット を

59 APACHE  の  フレーム に  組み付けると


アッパー アーム と、  ロワー アーム が  近過ぎて、


IMkhuguhioG_0105 (15)


アッパー アーム に  角度 が  付き過ぎて しまい、 


車高 を  上げた 時 と、  下げた 時 の、   

キャンバー 角 が  大きく なり過ぎるのと


IMkhuguhioG_0105 (16)


ボール ジョイント の  作動域 の  限界 が  

早く 来てしまい、  ストローク が  少ないので、、、、、


アッパー アーム の 位置 を  もっと  上 に 

持ちあげて  取り付けないと  いけないことが  判明。


IMkhuguhioG_0105 (17)


エアサス を  組んで、  バネ脚 より  ストローク が 

増えると、  どうしても  そうなって しまうので、  


Ox Blood でも  同じ  加工 を  しましたね。。。。。。


IMkhuguhioG_0105 (18)


ショック ウェーブ と 同じ  長さ の 治具 を  作り

正しい  ジオメトリ に なる  ブラケット 位置 を  導き出し、


アッパー マウント ブラケット の  作り直し 方法 を  決めたら

いよいよ  MUSTANG Ⅱ の  組み方 も  決まりまして


IMkhuguhioG_0105 (19)


オリジナル の  足回り は、  I ビーム 構造 だったので

同じ 位置 に  組み付けするのが  良いとも  いえないので

 

使用 する  22 インチ タイヤ に  合わせて

よりよい 位置 に  取り付けする ことに  しまして


IMkhuguhioG_0105 (3)


フェンダー の  開口 に  対して、  タイヤ が  どこに くれば、  

見栄え が よくて、  一番  ステアリング が  切れるのか


フェンダー を  あてがいながら   確認 して いくことに。 


IMkhuguhioG_0105 (4)


実際 に  フェンダー を  あてがうのは  たいへん なので


大きな  厚紙 に   クルマ の  フェンダー を あてがい

実寸 を  書き写して   型紙 を  作りまして


IMkhuguhioG_0105 (5)


低い ライドハイト で、  フェンダー が  がっぷり  被っていても

より  ステアリング が  切れる クルマ に  なるよう


アッカーマン 法則 に よる、  タイヤ 位置 も  考慮 しながら

見た目 も いい  フェンダー との  前後 位置 を  決めまして、


IMkhuguhioG_0105 (6) 


フレーム の  どの 位置 に  MUSTANG Ⅱ KIT を  組むかも

決まりまして、  検証 すること、  考えること  あり過ぎで


もう、  クルマ に 合わせて、  設計 してるのと  ほとんど  変わりませんね、、、、、、、


IMkhuguhioG_0105 (7)


しかし、  この 手間 の  掛る 作業 が、  いい クルマ に なるか

一生  ダメな  クルマ に なるかの  分かれ道 なので


しっかり  検証、  計算 は   避けられませんね。。。。。


1472744242301.jpg


そんな  59 APACHE は、  FOR SALE 中 ですので、 

ご興味 ある方は  お気軽 に お問い合わせ ください


E-MAIL : info@el-classico.com  PHONE : 048-933-9703


FUNK  STA  4  LIFE  !!!!!



[ 2016/12/28 23:00 ] 59 CHEVY APACHE * アパ太郎   | トラックバック(-) | コメント(-)