ホーム > 50 MERCURY * Ox Blood * > 1950 MERCURY  Ox blood

1950 MERCURY  Ox blood



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ” 


CHOP TOP すると、  ガラス が  小さく なるので

視界 が  狭くなって、   周り が  見づらく なりますが


23790537685_450495b73d_k.jpg


クラッシックカー らしい、  当時 の  大きな  ステアリング も  

前方 の  視界 の  妨げに なります。。。。。


だからと いって、  小径 の  ステアリング を  付けると

クラシックカー の  雰囲気 を  損なって しまうので


El-Classico-50-Mercury-24-800x533.jpg


Ox Blood では、  直径 こそ   大きな タイプ ですが

楕円型 の  デザイン の  ステアリング ホイール を


ボス 部分 を  加工 して  取り付けてまして


20151202_203003.jpg


絶妙 な  楕円 なので、  視界 を  妨げませんし

ホーンリング も  付いてて、  クラシックカー らしくて  最高 です


そんな  Ox Blood の  ステアリング の  ホーン ボタン は


nkclvsfk;bk (1)


ステアリング 自体 が 違う  自動車 メーカー の モノなので 

メーカー の マーク が  入った  オリジナル品 を  付けるのではなく


1940 ~ 1950年代 の  マーキュリー の  エンブレム の  

デザイン を  使い、  Ox Blood の  ホーン ボタン サイズ に 合うよう、  


nkclvsfk;bk (2)


キャンディー レッド で  特注 した、  ワンオフ エンブレム でして


 
取り付け は、  ホーンリング に  はめ込んで  接着 でしたが

メンテナンス性 が  悪いとのことで  対策 と  なりまして


nkclvsfk;bk (3)


ナルディ や  モモ などの ような、   よくある  


”  パチン ”  と  ホーンボタン  が  センター に

はまる  造り に  していきたいと 思います  


  nkclvsfk;bk (5)


まずは  加工 の 際 に、  ステアリング や  ホーンリング に

傷 が  付かないよう、  しっかり  養生 しまして


リング と  エンブレム の  位置 関係 を  計測 して  検証


nkclvsfk;bk (4)


パチン と  はまって、  パチン と  外せるように するには

脱着 の 際 にだけ、 突っ張る 機構 が 必要 なので


はめ合い部分 に  板バネ を 付けて、 テンション を  掛けることに しまして


nkclvsfk;bk (6)


エンブレム は  樹脂製 で   溶接 や  接着 が  出来ないので

2,0mm厚 の  ステンレス板 を   切り出し、


エンブレム の  ベース プレート として   使っていきます


nkclvsfk;bk (8)


続いて、  ホーンリング の  溝 に あう  都合 の 良い サイズ の

板バネ なんて、  規格品 で  売っていませんので


板バネ も、  ぴったり サイズ に  造って しまいます


nkclvsfk;bk (9)


鉄 の 塊 に、  折り込みたい  板バネ の サイズ に  

削って  切り込み を 入れ、  メス型 の 治具 を  製作。


続いて、 先端 を  メス型 の  角度 に  合わせて  削った


nkclvsfk;bk (7)


オス型 の  治具 も  造ったら、   0,8mm厚 の  ステンレス板 を

作りたい  板バネ の 幅に  合わせて  切り出しまして、


ステンレス板 を  メス型 に  あてて、  オス型 で  叩くと 


    
nkclvsfk;bk (10)


nkclvsfk;bk (11)


ご覧 の 様な、  折れこみ が  出来る  仕組み でして、  


ベース プレート に   取り付ける 部分 を   90度 に  折り曲げたら、  

長さ を 合わせて  切断 しまして、  板バネ が  完成。


nkclvsfk;bk (12)


先に  切り出しておいた、  ベース プレート に  溶接 しますが


0,8mm という  ひじょうに  薄い  ステンレス板 なので

溶接 の 際、  熱 を  掛け過ぎると  すぐに  溶けて しまいます


nkclvsfk;bk (13)


ですので、  TIG 溶接機 の  設定 電流値 は、  

20A という、  超 低電流で   溶接 しまして


ベース プレート に  板バネ の  取り付け が  完了


nkclvsfk;bk (14)


続いて、  完成 した  ベース プレート に  

エンブレム を  取り付けて いきます


ちなみに  エンブレム は、  キャンディ カラー で  透けてるので


nkclvsfk;bk (15)


ベース プレート が  貫通 して  見えるように なるので


裏側 は  ステンレス地 の まま ですが

表側 は  鏡面 仕上げ の  板 を  使っています


nkclvsfk;bk (16)


そうする ことで、  エンブレム を  取り付けると


底 が 鏡面 なので、  綺麗 に 写り込んで

透き通って  深みのある  エンブレム に なります   


nkclvsfk;bk (18)


ベース プレート の  センター に 穴 を  開けて おいて


エンブレム の  センター にも  穴 を あけて

ねじ山 を  作り、  ボルト で  固定 しまして


nkclvsfk;bk (19)


ホーンリング に  取り付け すると、  パチン と

程よい  テンション で  突っ張りながら  溝 に 収まり


裏側 から  確認 すると、  こんな 感じ で  


nkclvsfk;bk (17)


板バネ が  引っ掛かって、  止まる 構造 で  出来ました


見た目 も  パーフェクト ですし、  メンテナンス性 も  向上 しまして

  
誰にも  見えないし、  気付かれない 部分 ですが、、、、、、


El-Classico-50-Mercury-25-800x533.jpg


S庭 師範 の  あくなき  作り込み は、  妥協 を  許しません。


明日は、  YOKOHAMA  HOT ROD CUSTOM SHOW、 

横浜 で  お会いしましょう !


VIVA !    S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2016/12/03 08:35 ] 50 MERCURY * Ox Blood * | トラックバック(-) | コメント(-)