ホーム > 50 MERCURY * Ox Blood > 1950 MERCURY  OX BLOOD

1950 MERCURY  OX BLOOD




 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ”    


走行中 には  症状 が  出ませんが

長時間 の 渋滞  や  停車中 に 


2016gshf0714_013406 (11)


ブス ブス  言い始めて、  吹け無くなり  

エンジン ストール する  症状 が  出るようになり


対策 を  することに  なりまして


2016gshf0714_013406 (12)


水温 や、  燃圧 に  異常 は  なく


エンジン 本体 や  ヘッド、

燃料 配管 も  熱く ありませんので  


2016gshf0714_013406 (6)


渋滞中 に  走行風 が  入らないときに


エンジン ルーム内 の  熱い 空気 を  吸い

吸気温 が  高くなり過ぎるのか


2016gshf0714_013406 (7)


ラジエーター を 冷やした  熱風 が   


スロットル ボディ と、  インテーク マニフォールド に  

直撃 するので、  高温 に なり、  


2016gshf0714_013406 (8)


吸気温 が  高くなり過ぎるのか


空燃比 の 補正 が  出来て いないのか

インジェクター が  誤作動 するのか、 


2016gshf0714_013406 (9)


原因 は  その 辺り だと  思われるので


スロットル ボディ、  インテーク に   熱風 が

直撃 しないように   対策 するのと  


2016gshf0714_013406 (10)


エンジン ルーム の  熱い 空気 を  吸気 するのではなく


少しでも  温度 の 低い、  エンジン ルーム 外 の

フレッシュ エアー を   吸えるよう  対策 することに


2016gshf0714_013406 (13)


S庭 道場 では、   スロットル ボディ と

インテーク マニフォールド に   


熱風 が  当たるのを  防ぐ、  シールド 機能 と


2016gshf0714_013406 (14)


熱い 空気 を  吸気 させずに、  外部 の   

フレッシュ エアー を  取り込む、  


エアスクープ  兼、  シールド を   製作 するようで


2016gshf0714_013406 (22)


Y室 さん の   ”  C-10  SPIKEY ”  に 付いてた

エンジン カバー の  デザイン を  参考 に して


Ox Blood の  8 STACK に  合わせて  設計 しまして


2016gshf0714_013406 (23)


エアスクープ 製作 に  あたり、  傷 が 付いたり しないよう


8 STACK の  ファンネル や、  ラジエーター パイプ など

エンジン ルーム 内外 に  養生 を  施したら


2016gshf0714_013406 (24)


ファンネル に  接続 する、  アンダー カバー と


インテーク マニフォールド に  スクープ を

固定 するための  タブ を  製作 しまして


2016gshf0714_013406 (25)


2016gshf0714_013406 (30)


続いて、  TOP 側 の  パネル を  作っていきます


パネル は、  1,0mm圧 の  平ら な  鉄板 から

立体的 な  デザイン に  鈑金 して いきます


2016gshf0714_013406 (26)


まずは  鉄板 に   計測 した  数値 で   

曲げる  ライン を  書き込みまして、


平ら な  鉄板 に、  3本 ロール を  使い  


2016gshf0714_013406 (33)


2016gshf0714_013406 (34)


センター から   曲げて いきまして


続いて、  イングリッシュ ウィール を  使い

鉄板 を   カーブ させて いきます


2016gshf0714_013406 (28)


2016gshf0714_013406 (29)


エアー式 の  ハンマリング マシン を  使い、  叩き出したり

イングリッシュ ウィール で  伸ばしたり しながら


立体的 な  カバー に   成形 して いきまして  


2016gshf0714_013406 (27)


形 を  整えた 後、  リブ を  入れる  機械 を 使い、  

トップ 部分 に  凹凸 を  付けて いきまして   


エアスクープ の  カバー が  出来て きました


20160812_211545.jpg


今年  新たに  導入 した、   工作 機械 を  駆使 し

色々 な  鈑金 が  短時間 で  出来るように なり


こんな カバー も  製作 し易く  なりまして


20160812_211549.jpg


S庭 道場  お得意 の   メタル ワーク に

さらに  拍車 が  掛かり、  設備 も  大活躍 して


作業 している  本人達 も  楽しそう です


20160812_211612.jpg


後ろ側 の  カバー も  製作 し、  接続 しまして


エンジン ルーム 外 から   フレッシュ エアー を

取り込む  ダクト パイプ も  製作 し、  接続。


20160812_211604.jpg


インテーク マニフォールド に   取り付け する

アンダー カバー には、  エンジン ルーム内 の


熱い  空気 を  吸うことが ないよう  


20160812_211622.jpg


8 STACK の  ファンネル 部分 に   隙間 なく  

接続 するための    ダクト が  設置 されまして


だいぶ  形 に  なってきました。。。。。。


20160812_211641.jpg


ナンカ、、、、、、、裏返った  ダンゴムシ みたいですね。

こういう  虫、  古代 に  居そうです、、、、、 


次 は、  溝 を  作った  トップ 部分 に


20160812_211647.jpg 


装飾 パーツ を  作って   取り付けする ようで


デザイン に 合わせて、  型紙 を  作って

どう 作るか  構想 を  練ってる ようです


20160812_211703.jpg


市販 されている  パーツ を  使うのでは なく、  


オーナー や、  クルマ の  コンセプト、  雰囲気 に 合わせ   

デザイン から  設計、  製作 まで 


20160812_211707.jpg

 

ゼロ から  作り上げていく、  世界 に 一つ の  オ-ト クチュール、

これぞ、  カスタム の  醍醐味 ですね。


フル スクラッチ、  メタル ワーク、  楽しいですね


VIVA !   S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!


[ 2016/08/20 05:17 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)