ホーム > 65 BUICK LESABRE > 1965  BUICK  LESABRE 

1965  BUICK  LESABRE 



 Oたき 君 の  1965  BUICK  ”  LESABRE ”


マフラー の  引き直し と、  エキマニ ガスケット の

交換 を  終えまして
 

20160628_020123.jpg


マフラー の  引き直し中 に  合わせて、  センター サポート の  点検 へ


ルセーバ も、  X フレーム の  インパラ などと 同じく

2 ピース の   ペラ シャフト 構造 で、  センター の  


ジョイント 部分 に  ” センター サポート ” が  付いてまして


20160628_020203.jpg


 
ハイドロ や  エアサス など、  車高調 機能 を  付けて  

車高 を  上下 させると、  


デフ 位置 が  上下 し、  ペラ に  角度 が  付きます


20160628_020213.jpg

  

その 角度 は、  センター サポート に 付いている

ブッシュ 部分 で  吸収 させますが


吸収 仕切れない 角度 に  達すると、  ブッシュ が  切れたり

ベアリング が  破損 し、  振動 や  異音 が  出るように なります


20160628_020755.jpg


Oたき 君 の  ルセーバ も  エアサス が  付いてるので

センター サポート を  分解 し、  点検 しましたが


ブッシュ に  痛みもなく、  ベアリング も

まだ  使える 範囲 なので   組み戻しまして


20160628_020801.jpg


続いて、  フロント ショック の  取り付け に  進みます


Oたき くん の  ルセーバ には、  これまで   

フロント ショック が  付いて いなかったので


20160628_021126.jpg


走行中 に  跳ねて  乗りづらい との ことから

フロント ショック を   取り付け と  なりましたが


いざ   取り付け できる  場所 を  検証 してみると


kIMG_00kkj747 (30)


アーム の  孤動 に  合わせて、  スムーズ に  動いて

ストローク を  カバー 出来る  ショック を


どこにも  干渉 せず  取り付け できる  場所 が  ありませんで、、、、


20160628_200212.jpg


60年代 の  BUICK や  CHEVY などの  サスペンション は、

ロワー アーム の  幅 が  狭いのと


ブレーキ リダクション  ロッド が  付いているので

 
ショック を  リロケート する  スペース が  ありません。。。。


kpiy8ytr678.jpg


以前、  65 リビエラ の  エアサス を  リメイク した 時 に

アメリカ で  エアサス を  組んであった  クルマ は


ショック の  ブラケット を、  ブレーキ リアクション ロッド に  

直接 溶接 して  取り付けて  ありましたが


kpiy8ytr678 (2)


ロッド は  バネ鋼 なので、   溶接 して  熱 を 入れると


素材 が  変化 して、  バネ鋼 では  なくなるので、、、、  

ロッド に   溶接 は  避けたい ところです


kpiy8ytr678 (3)


何度 も  アーム を  上下 させながら、   車高 の  上下 に  

伴う  アーム や、  ロッド の   動き を  みたり


ステアリング を  切ると、  タイヤ が  近づいてきて

干渉 する  部分 が  出ない 場所 を  探しながら


1965Buick5_zpse68d123d.jpg


設置 できる   場所 を  探して いきまして


ショック も   太い もの を   使うと

スペース に  余裕 が  無くなるので


なるべく  細い タイプ で、   なおかつ


RivSuspensionDiagramS.jpg


アウター シェル ケース を  切って   取り除き

さらに  細くなるように  ショック も   加工 しまして


なんとか  設置 できる 場所 は、  ここだけ でして、、、、、


kIMG_00kkj747 (44)


フレーム と   ロッド の  隙間 で、  クリアランス も  

ギリギリ なので、  一番 良い 位置 に 付くよう


アッパー ブラケット、  ロワー ブラケット ともに、

現車 合わせ で   鉄板 から  製作 と  なりまして


kIMG_00kkj747 (39)


それでも   車高 を  下げて いくと、  フレーム と  

ショック の   隙間 は、   僅か  2 mm、、、、、、 


ブレーキ リアクション ロッド とも   僅かに

4 ~  5 mm  程度 しか  ありません、、、、、


kIMG_00kkj747 (40)


これでは   走行中 に  フレーム が  ねじれたり

アーム類 の  ブッシュ が  へたって きたり すると


ショック と  干渉 する こと が  推測 されるので


kIMG_00kkj747 (41)


できれば   ショック 付近 の   フレーム を  切開 し 

ショック を  よけるように   ノッチ 加工 したかったのですが


その 辺り の フレーム は、   ボックス 状 で

強度 の ある  構造 なので、  簡単 な 加工 とは  いかず


kIMG_00kkj747 (32)


かなり の  費用 も  掛かってしまう  ことが  推測 されるので

Oたき くん と  相談 してみた ところ、  


今回 は   フレーム 加工 は せず、   乗ってみて


kIMG_00kkj747 (35)


「  干渉 が  酷いようなら  加工 する 」  ということに  なりまして


60年代 中盤 の  GM 車 の、  ショック の  リロケート は

スペース が なくて  タイヘン ですね


kIMG_00kkj747 (33)
 


本溶接 して、  錆び止め 塗装 を  したら

無事、  フロント ショック の  取り付け も  完了


そんな  Oたき くん の   ルセーバ は   エアサス の 


kIMG_00kkj747 (34)


コンプレッサー は、  自動 運転 するための  

プレッシャー スイッチ が  付いていますが


手元 の  電源 スイッチ を  切らないと、   

止まりません  仕様だ  そうで、、、、、、   


kIMG_00kkj747 (38)


最近 は  電源 を  切っても  コンプレッサー が  止まらず、  

ヒューズ が  切れるまで  止まらないんだ そうで、、、、、、、  


調べてみたら、  リレー 回路 の  組み方 が  間違っていて


20160623_232005.jpg


実質  容量 が  40A の  リレー に、   

合計 60 A  掛かっていたので


リレー 回路 の  配線 は  焼き切れて

プラス と  アース が  短絡。。。。。。


20160623_232025.jpg 


これでは  クルマ の  キー を  抜いたって  止まりませんし

行く末 は  火事 に  なって、  クルマ 炎上 ですね。。。。。。


エアサス の  配線 を  全部 やり直し して、  焼けてる

配線 や、  リレー も  交換 し、  復旧 しまして


 
20160630_200852.jpg


これから は  手元 の  スイッチ も  使わず、

全部  自動 運転 に なって、   ナニより です


調子 悪かった  エンジン は、  プラグ や  デスビ の  

ギャップ を  点検 したら、   ギャップ が  ゼロ だったり、、、、、、、  


kkjop (3)


付いてる  EDEL の  キャブレター は、  セカンダリー が  

インマニ の  ポート より  大きいので、  当たってて、、、、  


シャフト が  歪んでしまってて、  スロットル の 動き が  渋かったり 


kkjop (2)


点検 すれば  するほど、  色々  問題 が  出てきますが


龍 くん に  「  走って、  曲がって、  止まれれば  いいじゃん !

見ない方が  良いことと、   知らない方が  良いことも  あるんだよ 」


kkjop (1)


と、  なだめられ、、、、、   「  そうですよね。。。。。 」  と、

Oたき くん は   ナットク してなさそう ですが


路上 で  壊れた 時 は、  龍くん が  助けて くれるから  心配 なく!


VIVA !  S庭 道場  &  Oたき君 !!!!!!!!!! 


[ 2016/07/11 10:18 ] 65 BUICK LESABRE | トラックバック(-) | コメント(-)