ホーム > 59 CHEVY PARK WOOD * L/S  > 1959 CHEVY WAGON

1959 CHEVY WAGON



 S木 さん の   1959  CHEVY WAGON、 


ステアリング に  ガタ が  出てたので

アイドラ アーム を   交換 しまして


IkkkMG_0075 (32)


ステアリング シャフト の  コラム 側 と、

ギア ボックス の  接続 部分 にある


ラグ ジョイント も  交換 


IkkkMG_0075 (34)


オリジナル の  ラグ ジョイント は


走行中 に  路面 から  タイヤ を  介し

運転席 の  ステアリング まで  伝わってくる

 

IkkkMG_0075 (35)


振動 を  消すため、  吸振材 が  入っていますが


古くなると、  硬くなって  ひび割れたり  ちぎれたりして

ステアリング に  ガタ が  出るので


20160611_023835.jpg


リプレイス パーツ が  出ています


在庫 で あった  ラグジョイント の  

リビルト キット に  交換 しまして、

  

20160611_023840.jpg


以前、  パワステ の  作動 不良 が  発生 し


コントロール バルブ を   リプロ品 の  

新品 に  交換 して ありましたが


 
20160611_022538.jpg


新品 が  届いたので、 組んで  エンジン 掛けたら


コントロール バルブ から  パワステ オイル が  だだ漏れ しまして、、、、、 

内部 シール の  組み付け 不良 ですね。。。。。


20160611_022532.jpg


クレーム 対応 を   別 の バルブ に  交換 してもらい

解決 しましたが、  それから  2年 経った 今 は


バルブ の いたる 所 から   著しい   オイル 漏れ、、、、、


20160611_022528.jpg


リプロ品 は  オリジナル と  見比べると  構造 が  

少し  違うので、  精度 が  悪いんですかね。。。。。。


油漏れ が 一切 ない、  オリジナル の 中古品 が  あったので


20160611_025551.jpg


そちら に  交換 する ことに  なりまして


ついで に  砕けて  ガタ が 出ていた

パワー シリンダー の  ブッシュ も  変えて


20160611_030257.jpg


続いて、  昨年 に   オートマ を  2速 の  PG から

4速 オートマ TH700R4  に  積み替えた 際 に


ミッション メンバー を、  インパラ用 の  TH700R4 の

専用 メンバー というのが   売っているので  


IkkkMG_0075 (36)


それを  用意 したら、  取り付け 部分 の  

形状 が 合わず、  マウント 部分 を  加工 したそうで


その後、  取り付けてからは   ミッション の  

オイルパン が  クルマ の  一番  低い 場所 に なり


IkkkMG_0075 (40)


車高 を 下げると、  オイルパン が  先 に  着地。

 

S木 さん から、  「  700化 したら  ミッションパン が  

先 に  着地 して、  車高 が  下がらなく なった、、、、、、 」


IkkkMG_0075 (41)


と、  聞いてたので、  TH 700R4 の  ミッション 形状 は

   

PG に  比べると  大きいので、  700化 すると  

ミッション パン が  以前 より  下 に  出っ張るので


IkkkMG_0075 (42)


「  700化 すると   仕方 ないんです。。。。。 」

と、  答えて いましたが


ステアリング の  ガタ 修理 で  乗って来て もらった 時 に

クルマ の 下 に  潜って 点検 してたら、、、、、


IkkkMG_0075 (43)


あら !?   ミッション メンバー を  フレーム に  

取り付ける 位置 が  少し  ズレてますけど !?


本来 付ける 位置 より、  低い 位置 に  メンバー が

取り付け されてたので、  ミッション 位置 も  低く なってまして


IkkkMG_0075 (44)


正しい 位置 に  付け直せば、  5 cm 位  上がります。


「  良かったですね、  車高 も  下がるように  なりますね 」

って、  喜んでたら   S木 さん  浮かない 顔 でして 
   


IkkkMG_0075 (45)


「   メンバー 付けたら   マウント の 位置 が  悪かったんで、、、、、、、  

    切って、  良さそうな 位置 に  溶接  し直したんです 」


と、  ミッション マウント が 乗る  土台 部分 を

間違って  付けた  メンバー の  位置 に  合うように


IkkkMG_0075 (46)


土台 部分 を  切って、  位置 を  変えて  溶接 したそうで


メンバー 自体 を  正しい 位置 に  組み直しても、  

今度 は   ミッション マウント の  位置 が  合わなくなる


と いうことに  なって いるそうなので


IkkkMG_0075 (48)


そちら も   直して いきたいと  思います
 


メンバー を 外して 確認 したら、  ミッション マウント の  

ゴム 部分 が   ちぎれて  外れてまして


IkkkMG_0075 (49)


溶接 し直した  土台 部分 が  ミッション に 対して  

斜め に 付けてしまったので、  


ねじれる  力 が  加わってしまってた ようです 


IkkkMG_0075 (51)


メンバ- 位置 を  正しく  組み直したら、  土台 部分 を  

切り離し、   位置 や  高さ を  合わせて   溶接 し直しまして


新しい  ミッション マウント を  付けて   装着。


IkkkMG_0075 (52)


無事、  車高 も 下げても   ミッション パン が  接地 せず

車高 も  下がるように なりました


続いて、  700化 して、  シフト の  リンケージ を  作ったけど 


IMG_007777775 (1)


動き が 固くて、  イマイチ  スムーズ で ないのと、  


アクセル を  ガバっと  踏んで、  エンジン が  振れると、  

振れ で、  勝手 に  ギア が  落ちてしまう そうなので

 

IkkkMG_0075 (2)


オリジナル の  コラム シフター で  700R4 を

操作 できる、  シフト リンケージ の  製作 へ


オリジナル の  コラム シフター は   本来


IkkkMG_0075 (3)


2速 オートマ の  PG か、  3速 オートマ の  TH350 の

2種類 しか  存在 しなかった   時代 の  作りなので


4速 オートマ の  TH700R4 に  接続 しても


IkkkMG_0075 (4)


作動域 が  合わず、  スムーズ に  動かせませんし


コラム の 上 に  付いている、   今 ギア が  

どこに  入っているか を  示している   


IkkkMG_0075 (5)


シフト インジケーター の  表示 も、  実際 の  

ギア 位置 と   まったく  合わなく なります


インパラ に   TH700R4 を  載せるための 


IMG_007777775 (8)


ミッション マウント を  製造、 販売 するんだったら

一緒 に  作って  売ってたら、  便利 なんですけどね。。。。


スムーズ に  変速 できて、  インジケーター も  正しく


IMG_007777775 (11)


表示 できる  リンケージ の  製作 を  進めて いきます


まずは  ミッション の  変則 ギア 部分 と、

コラム 先端 の  リンク 部分 の  可動域 を  計測


IMG_007777775 (14)


続いて、  シフト インジケーター の  表示域 を  計測 し

それぞれ の  型紙 を  作りまして


どう  作れば   スムーズ に  動いて、  正しく 機能 するか


IMG_007777775 (15)


よく よく  検証 しまして、   リンケージ を  設計 していきます


コラム 先端 と   ミッション の  ギア 部分 を  

直接  つなぐ、  よくある  2点 支持 方式 では  


IkkkMG_0075 (6)


不可 と 解りまして、  途中 で  リンク を  介し

フレーム に  固定 する、   6点 支持 という、  


とても  複雑 な  仕組み で  設計 されました


IkkkMG_0075 (7)


各 リンク や   アーム、  レバー の  長さ など


スムーズ に  動く サイズ を  割り出した

精密 な  構造 に  なりまして


IkkkMG_0075 (8)


クルマ に  組み付けると、  こんな  感じです


見た目 こそ、   複雑 な  構造 ですが、

ストレス なく、  とても スムーズ に  動き


IkkkMG_0075 (9)


シフト インジケーター も   実際 の  ギア 位置 通り を

示せる ように   なりました


  
完全 ボルト オン 構造 で   製作 しているので


IkkkMG_0075 (10)


整備性 も 良いですし、  万が一  ミッション を   降ろして   

修理 する 際 や、   ミッション 載せ換え を する 場合 でも  


簡単 に  取り外し 出来るので、  便利 な  構造 です 


IkkkMG_0075 (11)


無事、  4速 オートマ用  シフト リンケージ も  完成 し


アクスル ベアリング、  シール、  リア ブレーキ シュー の

交換 と、  ブースター ブラケット 修理、  


ステアリング の  ガタ 修理 と、  コントロール バルブ 交換、


IkkkMG_0075 (1)


ブレーキ パイプ 交換 に、  ミッション メンバー の 補修 と、  

シフト リンケージ 製作 など、  全て の 作業 が  完了。  


車高 も  ベタベタ に   下がるように なって、  

S木さん らしい   59 WAGON で   ナニより です


VIVA !  S木さん、  VIVA !  S庭 道場 !!!!!!!!!!


[ 2016/07/10 06:33 ] 59 CHEVY PARK WOOD * L/S  | トラックバック(-) | コメント(-)