ホーム > 50 CHEVY STYLE-LINE *BUBBLES > 1950 CHEVY

1950 CHEVY



 K子 くん の、   ”  BUBBLES  50 ”


クォーター ガラス 製作 を  進めてまして

ガラス の 周り に 付ける、  フェルト を  曲げたら


IMgbG_1644 - コピー (31)


IMgbG_1644 - コピー (32)


ボディ に  ガラス を  固定 する

タブ を  製作 していきます


バブルス の  クォーター ガラス は


IMgbG_1644 - コピー (38)


室内側 から   外 に 向かって 

ガラス を  押し当てて 固定 と なり


外から 見ると、  ガラス に 巻いた  フェルト と


  
IMgbG_1644 - コピー (28)


周り に 付いている、 ステンレス トリム が

見えるように  なりまして


室内側 は  ボディ の  サッシ 部分 に


IMgbG_1644 - コピー (37)


フェルト を 巻いた  ガラス を  押し当て

外れて しまわないよう、  


固定 ブラケット を  製作 して  固定 します


 
IMgbG_1644 - コピー (43)


ガラス と 想定 して、   同じ 大きさ に  切り出した  

鉄板 の 治具 を  マグネット で  引っ張りながら


いい 位置 を   導き出しまして


IMgbG_1644 - コピー (42)


そこで  固定 できるように   鉄板 を 切り出し、 

曲げた  ブラケット を  製作。 


ブラケット は  ビス で 脱着 できる  構造 で

Ox Blood と  同様 ですね


IMgbG_1644 - コピー (44)


ガラス を  取り付ける  ブラケット が  出来たら


フェルト の  カーブ と  合っていない

ボディ側 の  コーナー の  修正 へ


IMgbG_1644 - コピー (45)


A ピラー 同様、   CHOP TOP の 際 に


B ピラー の  溶接 部分 も  穴だらけ でして、、、、、、

パテ を  大量 に  盛って   整形 して あったので


IMgbG_1644 - コピー (46)


パテ が 擦った  水 は、  溶接 不良 の 穴 を  通り

中 に 入って  ボディ を  浸食 します


溶接 不良 の 穴 を  埋めたいのは  やまやま ですが


IMgbG_1644 - コピー (49)


溶接 を 失敗 して、  溶接跡 を  削り、 また 溶接、、、、、


削って  薄くなった 鉄板 に、  溶接 したら 

溶けて 穴 が  広がり、、、、と、  繰り返しされた  ボディ は


IMgbG_1644 - コピー (48)


穴 を 埋めるための  溶接 に 耐える  

厚み が  もう  残ってないので、、、、、、

   

はんだ を  使って  処理  し直しまして


IMgbG_1644 - コピー (47)


鋭利 だった、  サッシ の  コーナー 部分 も、  


フェルト の  カーブ に  馴染むよう

整形 し直されました


IMgbG_1644 - コピー (54)


ガラス の かたどり と、  フェルト の 取り付け、

ボディ への  取り付け ブラケット 製作 を 終え、


治具 として  使用 した  鉄板 は


57 - コtピー (150)


その 通り に  ガラス を  切り出せば 良いという

テンプレート も  兼ねているので


ピッタリ サイズ で   ベニヤ に  書き写したら

切り出して、  ガラス屋 さん に   届けまして


IMgbG_1644 - コピー (51)


新しい  ガラス を  切り出してもらう 際 の  

型紙 として  使って もらいます

 

ガラス屋 さん で、  新しい  ガラス を  

切り出してもらう 際 には


IMgbG_1644 - コピー (52)


ガラス を  切った 後 の、  切断面 の  処理 を

どうするか も  指示 するので


人が 触る、  サイドガラス の 上面 や、  三角窓、 


57 - コtピー (148)


ラン チャンネル に  接する 面 などは、  

切断面 を  綺麗 に   慣らして もらい


クォーター ガラス の ような、  はめ殺し の 場合 は、 

切りっ放し で  構わない と   指示 しておきます


57 - コtピー (53)


これで  三角窓、  サイド ガラス、  クォーター ガラス 周り の

型取り、  加工 が   完了 しまして、


新しい  ガラス を  切り出して もらい 間 に


57 - コtピー (54)

   

57 - コtピー (179)


三角窓 周り の  フレーム は  めっき 加工 へ、


ボディ も  塗装 を  剥いで  加工 したので

窓周り を  塗り直し すること と  なりまして


57 - コtピー (55)


昨年  12月 の、   HRCS 前 に  オールペン した

バブルス は、  早くも  塗り直しに  なりまして、、、、、


流石、  バブリー K子 くん  ですね 


   
57 - コtピー (56)


57 - コtピー (57)


ボディ を   オールペン に 出す前 に、  ドア を  開けた 時 に、

全開 に なると、  それ以上  開かなくする


ドア ストッパー が   片側  欠品 していたので


57 - コtピー (58)


勢いよく  開けてしまったり、   強風 で  もっていかれた 時 に

ドア が 開き過ぎて、  フェンダー に  当たって しまうので


先 に   ストッパー を  再生 しておく ことに なりまして


57 - コtピー (59)


ドア を  開けた 時 に、  ドア ジャム 部分 に ある

あの  ストッパー レバー ですね


アメリカ で  中古 パーツ を  探しても  いつ 見つかるか 

解りませんし、  時間 が  勿体ないので


57 - コtピー (60)


幸い、 残っていた、  反対側 を  取り外して  形 を  確認。  


左右対称 で、   まったく  同じ 物 を  作れば 良いので

鉄板 を  切り出し、   切った 貼った で  製作 し  


57 - コtピー (61)


パイプ と  シャフト を   組み合わせて、

ガイド ローラー の  機能 も  再現 されました


レバー の 方も、  同じ 形 に  製作 し

ドア ストッパー も  完成 です


57 - コtピー (62)


これで  NEW PAINT に  なっても、  ドア が  開き過ぎて

傷 が  付いてしまう   心配 も  なくなりました。


ようやく  ガラス 周り の  加工 が  終わりまして


57 - コtピー (63)


ぴったり と   形 の  合った ガラス や  サッシ、  

スムーズ で、  きちんと 開閉 する  構造 は


あたかも  純正 かと 思う  仕上がり で、  最高 です


57 - コtピー (64)


次 は  バブルス を  ペイント に  送り出す 準備 と   

新品 ガラス、  めっき加工 の  アレンジ に  進みます


VIVA !   S庭 道場  &  K子 くん !!!!!!!



[ 2016/07/06 08:41 ] 50 CHEVY STYLE-LINE *BUBBLES | トラックバック(-) | コメント(-)