ホーム > 63 CHEVY C-10 * SPIKEY > 1963 C-10

1963 C-10



 Y室 さん の   1963  PATINA  C-10


お住まい が   広島県 と   遠方 なので

納車後 に  トラブル や  不具合 が  起きづらように 


IwMplkG_0008 (23)


点検 と、  整備 を  進めてまして


でも、  なにか  あった 場合 は、  

すぐ  駆け付けられないので、、、、、


201uy[60617_034151 (9)


同じ  広島県 在住、   某 ピンク パンサー の  


某 K岡 くん か、   盆ちゃん に   HELP を  

頼むので、   あまり  心配 してません。。。。。。


201uy[60617_034151 (10)


そんな  PATINA  C10 は、  フロント の

スタッド ボルト の  ねじ山 が  痛んでいたので


新しい  スタッド ボルト に  打ち換えたり、


201uy[60617_034151 (11)


ハブ ベアリング の  点検 を  してたら


ベアリング は  問題 なかったので

グリス 交換 して  組み戻しましたが  


201uy[60617_034151 (1)


201uy[60617_034151 (2)


ハブ ベアリング の  シール の  

リップ が  めくれて  クセ が  付いてたので


新品 を  取り寄せて、  交換 に なりまして


201uy[60617_034151 (7)


段付き だった  ディスク ブレーキ ロ-ター も


ブレーキ屋 さん に  面の  研磨 に 出して  

綺麗 に  なって  戻ってきまして


201uy[60617_034151 (8)


ディスク ブレーキ は、  CPP製 の  

KIT 品 が  組まれて ましたが


CPP製 は  これまでに   品質 や  精度 が  悪く


201uy[60617_034151 (17)


度々、  迷惑 な  トラブル が  起きてるので


新品 ローター に  交換 ではなく、   加工 精度 が  高い、
   

日本 の  専門 業者 で  研磨 し直すほうが  確実 と  思います。


201uy[60617_034151 (15)


用事 が あって、  ディスク の  面研磨 を  お願いした

ブレーキ屋 さん に  寄ったら


面研磨 や、  パッド 張り替え の  パンフ が  あって


201uy[60617_034151 (16)


みてると、  色々  勉強 に  なりますね


ローター の  ドリルド や、  スリット 加工 

なんかも  やって くれますし


201uy[60617_034151 (3)


201uy[60617_034151 (6)


キャリパー の  リビルト も  やってくれる みたいです


割れてた  ディスク ブレーキ の  パッド も

張り替え に  頼んでたのが  戻ってきまして


  
201uy[60617_034151 (12)


22 インチ という、  大径 ホイール  装着車 なので、  


なるべく  制動 距離 が  長く ならないよう、  

よく  効く パッド が  理想 です  


201uy[60617_034151 (4)


201uy[60617_034151 (13)


ブレーキ キャリパー  は、  シール や  ピストン は

問題 ありません でしたが


フローティング ピン の  O リング が  千切れてたので


IfdtyryjMG_0100.jpg


kjuhghi (2)


フローティング ピン の   リビルト キット を  用意 して


O リング  だけでなく、  シール や  スリーブ、  

クリップ も  新品 に  変えて、  組み戻し されました


20160624_220020.jpg


20160624_220024.jpg


続いて、  燃料 の  電磁 ポンプ の  

移設 作業 に  進みまして


燃料 ポンプ が   車体 中央 あたりの


20160624_233349.jpg


フレーム 内側 に  取り付け されて いましたが


電磁 ポンプ は、  構造上  燃料 タンク の  近く で

タンク より  下側  に 設置 して、  


20160628_023149.jpg


自然 落下 で  送られてくる  燃料 を

エンジン に  向かって  押す 作り ですが


燃料 タンク から  離れてたり、  上 に あると


20160628_023201.jpg


ポンプ までの  距離 を  吸い出す カタチに なり


”  送り ”   ではなく、  ” 吸い ”  で  

使うことに なるので、  寿命 が  短く なります


20160628_023126.jpg


そこで、  燃料 ポンプ を  タンク の  すぐ 近くで

低い 位置 に 取り付け できる  ブラケット を  製作 しまして


自然 落下 で  流れて きた  燃料 を 送る 構造 に  変更。


20160628_023137.jpg


C-10 は  インジェクション エンジン で、  燃圧 も  

高圧 なので、  ポンプ の  吐出圧 も  高くなり、  


ホース で  取り回すと  抜けて しまうので、、、、、、

ポンプ から  先 は、  全て  パイプ 構造 に  なります


20160628_023141.jpg


ポンプ から 先 を、  新しく  パイプ で  引き直し しまして

電源 の  配線 も、  タンク横 まで   延長 しまして


燃料 ポンプ の  移設 作業 も   完了 です


VIVA !   S庭 道場  &  Y室 さん !!!!!!!



  
[ 2016/06/30 08:21 ] 63 CHEVY C-10 * SPIKEY | トラックバック(-) | コメント(-)