ホーム > 63 CHEVY C-10 * SPIKEY > 1963 C-10

1963 C-10



 Y室 さん の   1963  PATINA  C-10


アリゾナ  から 到着 し、   早速  安心 して  乗れるよう

点検 と、  整備 が  始まりまして


IwMplkG_0008 (33)


ボディ こそ  オリジナル ですが、  


カスタム シャシー 化 され、   機関系 も  

フル スワップ されてる   クルマ で


IwMplkG_0008 (31)


アメリカ の  プロショップ で  製作 して

ショップ スタッフ が   乗ってた クルマ ですが


S庭 道場 の  基準 で、   厳しく  チェック して


IwMplkG_0008 (30)


対策 してから  納車 を   との   オーナー 

Y室 さん からの  要望 に  応えられるよう、


しっかり  進めて いきたいと  思います


20160610_010603_LLS1 (2)


リフト で  持ちあげて、  フレーム 周り の

作り を  チェック してましたら


アメリカ の  プロショップ で  製作 して


20160610_010603_LLS1 (1)


ショップ スタッフ が   乗ってた クルマ ですが


これでは  良くない。。。。。 という  部分 が

沢山  ダメだし  されまして、、、、、


IwMplkG_0008 (24)


20項目 くらい でたでしょうか。。。。。。。

相変わらず、  厳しい  基準 で  ナニより です


手直し を した方が  良い 部分 を  確認 し、


20160610_010603_LLS1 (3)


エンジン や   オートマ、  冷却水 や  デフ オイル、  

フィルター類 は   全て  交換 として、  


アップデート して、  新しい  足回り や、  エンジン 以外 の


20160610_010603_LLS1 (4)


現時点 で  ガタ や、 漏れ は   なくても


オリジナル の 時 から、  いつ 変えたか  解らない

ベアリング と  シール 類  は   


IwMplkG_0008 (34)


近い  将来 に  トラブル に  ならないよう


今の うちに  新品 に  変えて、 

処置 しておきたいと  思います


20160610_010603_LLS1 (6)


20160610_010603_LLS1 (8)


リア の  ドラム ブレーキ は、  以前 に

リビルト した 跡 が  見られましたが


ライニング の  組み付ける  向き が  


IwMplkG_0008 (16)


IwMplkG_0008 (35)


前後 を   間違って 組んであった ため


ライニング が  偏摩耗 してしまい、  

ドラム にも  段 が  付いてまして


20160610_010603_LLS1 (9)


作業 していた   ドラム ブレーキ 担当 の  人達 も

これには  苦笑い ですね。。。。。。。

 
ホイール シリンダー は、  漏れ は  ありませんが


20160610_010603_LLS1 (17)


中の  ピストン に  傷 が  あったので

左右 とも   新品 に  交換 と  なりまして


アクスル シャフト の  シール からは、   漏れが あったので


20160610_010603_LLS1 (15)


20160610_010603_LLS1 (16)


アクスル シャフト の  シール からは、   漏れが あったので


シール 交換 と、  合わせて  アクスル ベアリング も

新品 に  交換 して いきます


20160610_010603_LLS1 (19)


偏摩耗 した  ライニング は   張り替え に、 

ドラム は   面研磨 に  出しまして


アクスル ベアリング と、  シール、

ホイール シリンダー の  交換 に  進みます


20160610_010603_LLS1 (20)


ブレーキ は  全て  分解 して

細かい 部品 も  点検 し


バック プレート も  曲がり や  摩耗 を  チェック


20160610_010603_LLS1 (22)


よく  掃除 したら、  錆び止め 塗装 を  して


新しい  アクスル ベアリング と  シール、 

ホイール シリンダー を  組み付けまして


20160610_010603_LLS1 (23)


20160610_010603_LLS1 (24)


続いて、  まだ  ガタ や  漏れ は  ありませんが


サードメンバー の   ピ二オン ベアリング と

シール も  交換 していきます


20160610_010603_LLS1 (10)


汚れ が  酷かった   デフ を  よく 掃除 し、


ホーシング内 の  内圧 を  抜く

ブリーザー も  取り外して


20160610_010603_LLS1 (11)


20160610_010603_LLS1 (12)


分解 し、  よく  掃除 して おきます


ブリーザー が  詰まっていると、  内圧 が  抜けず

シール から  デフオイル が  漏れたり します


20160610_010603_LLS1 (13)


20160610_010603_LLS1 (14)


サードメンバー は、   ピ二オン ヨーク を  外し


シール と   ベアリング を   外したら

よく  清掃 して、  交換 しまして


20160610_010603_LLS1 (21)


ドラム の 面研 と、  ライニング 張り替え から

戻ったら  組み立て と


フロント ブレーキ の  点検 に  進みます


VIVA !   S庭 道場  &  Y室 さん !!!!!!!




[ 2016/06/23 10:24 ] 63 CHEVY C-10 * SPIKEY | トラックバック(-) | コメント(-)