ホーム > 50 CHEVY STYLE-LINE *BUBBLES > 1950 STYLE LINE

1950 STYLE LINE



 K子 くん の、   ”  BUBBLES  50 ”


三角窓 フレーム の   CHOP 加工 を  終え

続いて、  支点 の 加工 に  進みます


2016052102311s9cb0.jpg


まずは、  三角窓 フレーム の  加工 を  終えましたが


カタチ が  変わっても、   きちんと  開閉 できないと

三角窓 の 役目 を  果たしませんので 


次は、 開閉 の  仕組み 作り に   進みます。


57 - コtピー (68)


三角窓 フレーム と、  サッシ の   カタチ を   CHOP に 

合わせて 作り直せば、  開閉 するんじゃ ないの !?


と、  思われるかも  知れませんが


20150805s021440526s (5)


三角窓 を   CHOP 加工 すると、  開閉用 の  

支点 部分 が   問題 に  なって きまして


オリジナル の  支点 部分 は、  フレーム の  カタチ を

寝かせて  作り直したので、   角度 が  合わなくなり


20150805s021440526s (2)


上下 の  支点 の   縦 位置 と   傾斜 角度 が  合わず

開けようと すると   突っ張って  きちんと 開きません、、、、、


また、  開閉 の 支点 になる  軸 位置 も、   きちんと


 1951-kustom-chopped-mercury-coupe-1.jpg


同一 線上 に  位置 を  出して あげないと、  開いたとしても、  

オリジナル の 様に  水平 に 開かず、


写真の 車の ように、  ひねれて  開閉 するように  なってしまいます。。。。。。。


3405765544_1c7e686098.jpg


写真 は  Ox Blood の  三角窓 の 支点 を  

作った 時 の ものですが


マーキュリー オリジナル の 時 は、  ピボット パーツ が  


20150805s021440526s (4)


フレーム 側 が  鋳物製 で、  溶接 が  出来ず

角度 を  変えるよう、   加工 が  出来ない  構造 だったので


ベース 部分 を   無垢 の  塊り から   切り出して

溶接、  削って カタチ を  作って


20150805s021440526s (3)


ポリッシュ して  仕上げ と、   造り込んで いきまして

 

写真 の  右側 の 物 が   製作 した もので

左側 の 物 が、  オリジナル  です


20150805s021440526s.jpg


支点 の  角度 と、  支点 の  ピン が  刺さる  


筒 部分 の  角度 が  若干  変わっているのが

お解り 頂けますで しょうか


無題qwdf
 


このように   CHOP TOP した 場合 に、  三角窓 を

きちんと  機能 できるように するには


上下 の 支点 を   同一 の ライン に  配置 し

軸 の 角度 を  揃えないと いけませんで


57 - コtピー (70)


BOBBULES は、  フレーム 側、  サッシ 側  ともに

鉄製 で、  鋳物製 の パーツ は  使われて いないので


オリジナル の パーツ を  切って  角度 を  合わせ

形 を 合わせたら、  溶接 して  仕上げまして
  


57 - コtピー (72)


ここは  組み付け後 に  よく 見える 部分 なので

あたかも  オリジナル の 形 に  作り込み、


めっき を  かけても、  綺麗 に 仕上がる レベル で  仕上げたら、 


57 - コtピー (75)


続いて  フレーム 側 の 加工 に 進みます 


フレーム は  ドア に  取り付けして

その中 に  フレーム が  収まるので
 


57 - コtピー (76)


フレーム の 形状 も、  ドア から  とった

型紙 に  合わせて、  CHOP して いきます


フレーム には、  三角窓 を  閉めた時 に


57 - コtピー (77)


水 が  入らないように  取り付ける、 

ヴェント ウインド シール を  取り付ける為


C型 の  チャンネル に  なっていまして


57 - コtピー (73)


新品 の  シール を  用意 したら

シール の 厚み を  計測 して


フレーム との  クリアランス を  導き出し


57 - コtピー (74)


角度 を  変える  加工 を  終えた  支点 の


上側 の  支点 を 取り付ける  切り欠き 位置 を

合わせながら、  カーブ を  小さく  作り替えて いきまして


57 - コtピー (80)


加工 を  終えた  フレーム も  一緒 に


型紙 通り の  形 に なっているか、

チリ が  悪くないか  チェック しまして


57 - コtピー (81)


問題 無いのを  確認 したら、  支点 も 組み付け

サッシ と  フレーム を  連結。


実際 に  開閉 させてみて、   オリジナル と  同様 に 


57 - コtピー (82)


ねじれず、  きちんと  水平 に   開くか。。。。。。。。

オリジナル と  同じ 位置 まで   開くか。。。。。。。  


支点 に  無理 が  掛かって いないか。。。。。。。。

、   
57 - コtピー (83)


開閉 や、  ロック が    スムーズ に  動くか。。。。。。   

など、  細かく  チェック を  して  


問題 ないのを  確認 したら、  サッシ の 加工 も  完了。
 


57 - コtピー (84)


いよ いよ、  実際 に  クルマ に  

取り付けて  チェック と  なりまして


窓枠 の  作り直し を  終えた  ドア に


57 - コtピー (115)


CHOP 加工 を  終えた  三角窓 を  組み付けまして

ドア との  フィッティング も、  通り も  完璧 です


現車 に  合てがって  合わせながら で  作らなくても、  


57 - コtピー (107)


今回 の ように  しっかりと  型紙 を  取れれば

手元 に  現物 と 同じものが  あることに なるので


作業 時間 も、  確認 に いく 労力 も  省きながら  作れます。


57 - コtピー (108)


S庭 道場 の  流れ を  見ていると、  ナニか を  加工 したり

作り物 を する 際には、  第一 に 現状 の 把握 と  正確 な 計測。


続いて、  用途 や、  形状 の 特性 に  合わせて、       

  

57 - コtピー (109)


強度、  耐久性 を   計算 して、  構造 を  設計 し

素材 や  厚み を  選定。


その 設計 に 基づいた、 作り方 と   加工 方法 は 

 

57 - コtピー (111)


セオリー に 沿って、  手順 を   踏むという 流れ です。


そして、  必ず  作業 に  着手 する 前 に  一度 、  

頭の中 で  品物 が  完成 する ところまでを   展開 し


57 - コtピー (110)


事前 に  シュミレーション することで、   加工 手順 や  

全体 の 流れ、  作業中 の 注意点 などが  見えているので、

   

行きあたり バッタリ で、  やり直し に  なった、、、、、 というような


57 - コtピー (119)


作業 ミス による、  無駄 な 時間 が  発生 して、  作業 が 

遅れないように  してるんだそうで、  頭 が 良くて  ナニより です。。。。


三角窓 周り の  加工 を 終え、  次 は  サイド ガラス に  進みます


VIVA !   S庭 道場  &  K子 くん !!!!!!!



[ 2016/06/05 23:58 ] 50 CHEVY STYLE-LINE *BUBBLES | トラックバック(-) | コメント(-)