ホーム > 50 CHEVY STYLE-LINE *BUBBLES > 1950 STYLE LINE

1950 STYLE LINE



 K子 くん の、   ”  BUBBLES  50 ”


CHOP TOP した  ボディ に  合わせて

ラウンド  ガラス を   カット が  終わり


2016043006284722cv.jpg


ガラス を  寄せきれなかった 部分 は

A ピラー 側 に  手 を  入れて


ピッタリ  収まるように  なりまして

 

20160430062925790a.jpg


フロント ガラス 周り と、  A ピラー 周り の

ボディ の  加工 を  終えたので


フロント ガラス の  室内側 に  付く、


 
IMG_1258 - コピー


インテリア トリム の  CHOP 加工 に  進みます


オリジナル の  トリム は、  コの字型 で

左右 2 ピース と、  真ん中 に  縦 に 入る


IMG_1259 - コピー


センター ピース の  3 ピース 構造 でして


左右 の  コの字 の 部分 の   トリム は

CHOP された  ボディ に  合うよう


IMG_1264 - コピー


高さ を  切り詰める ことに  なりますが


ラウンド ガラス の  フロント ガラス なので

インテリア トリム も  ラウンド に  合わせて


IMG_12634 (1)


カーブ したり、  巻きながら  立ち上がる

”  螺旋 ”  の  形状 に なっているので、、、、、


ピッタリ  合うように 作り直すのは、  とても  難しい 加工 でして


p13.jpg


写真 の  エキマニ の ように、  細切れ に して  

カーブ や  螺旋 を  描いて いけば


形 こそ、  合わせ易いですが、  時間 も  手間 も  掛かるので


IMG_1274 - コピー


どこで 切れば、  幅 や  高さ が  あって

螺旋 具合 も  合うのかを   緻密 に  計測 し


「  ここだ 」  と  導き出した 所 を、  1箇所 だけ  切断 し


IMG_12634 (3)


最小限 の  加工 で  合わせて いけるよう  

溶接 で  つなぎ合わせて いきます。


トリム は  厚み が  0,4mm しかないので


IMG_1270 - コピー


とても  弱い  電流 で  溶接 しないと

溶けて  無くなって しまいます


突き合わせる  部分 は、  特 に  熱 が  入り易く
  


IMG_127m7 (1)


緻密 な  計測 で   切断 した  部分 が

溶接 の 際 に、  熱 で 溶けて 短くなると、  


トリム の  長さ 自体 が  ずれて しまうので

 

IMG_1278 - コピー


慎重 に 溶接 し、  しっかり  接合 したら


表面 の  溶接跡 を  綺麗 に  仕上げ したら、  

切って、  つなぎ合わせたとは   解らなく なりました


IMG_1295 - コピー


IMG_127m7 (6)


CHOP 加工 したら、  さらに   ボディ や  ガラス の  カーブ、  

螺旋 具合 に  フィット するよう


最後 は、  職人 の  経験 と、  実績 で  養われた  感覚 で


IMG_127m7 (4)


絶妙 な  ちから 加減 で、   トリム を  

くいくい っと、  曲げたり   ねじったり して、  


ぴったり  合うように  調整 していき


IMG_1296 - コピー


CHOP した  ボディ に   ぴた ぴた に   フィット する、  

インテリア トリム が  できました。


巧み な  メタル ワーク で   仕上げて もらったので、 


IMG_127m7 (3)


この後、  塗装屋 さん に  持ち込んで   

ボディ色 に  塗ってもらいますが、  


パテ を 入れなくても、  問題 ない  レベル ですね


IMG_1298 - コピー


ドア の サッシ、   A ピラー、  フロント ガラス と

インテリア トリム まで   処理 が  終わり


次 は  いよいよ、  三角窓 の  製作 に  進みます 


VIVA !   S庭 道場  &  K子 くん !!!!!!!


[ 2016/05/18 10:55 ] 50 CHEVY STYLE-LINE *BUBBLES | トラックバック(-) | コメント(-)