ホーム > 50 MERCURY * Ox Blood > 1950 マーキュリー

1950 マーキュリー



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ”  プロジェクト、   


まだ まだ、   製作中 の  作業 の  様子 が

BLOG に  書ききれて いないので


IMG_2037 - コピー


内装 製作中 の  様子 を   少々。


高性能 な  断熱材 や、  ウレタン、  レザー の   厚み で

ディマー スイッチ が   表 まで   出てこなく  なりまして、、、、、、


IMG_2034 - コピー


スイッチ を   踏みたくても   踏めません の  刑 。。。。。


そこで、  フット スイッチ の   ノブ を  延長 する

”  エクステンション ”  を   製作 する ことに


  
IMG_2035 - コピー


スイッチ の  ノブ の  外径 に   ぴったり サイズ の

ステンレス パイプ を   用意 し


ノブ に  被さる  長さ で   切り出しまして、


  
IMG_2039 - コピー


そこに  本来 の  ノブ の  外径 と  同じ

ステンレス パイプ を  用意 し


延長 したい  長さ を  切り出し、  溶接 しまして


IMG_2043 - コピー


先端 は   ステンレス板 を   丸く  切り出し

溶接 して   フタ を  したら、


溶接跡 を  キレイ に  整えて


IMG_2046 - コピー


磨いて、   鏡面 仕上げ  に   しましたら


スイッチ の  ノブ に  被せる

“  エクステンション ”  が  完成


IMG_2047 - コピー


無事、   フロア の   レザー 生地  を  貫通 して

踏めるように  なりました


続いて、  キック パネル の   製作 に  進みまして

キック パネル は、   平ら な  板 では なく


IMG_2024 - コピー


端 の  部分 を   カーブ させて、  フロア に  馴染むよう

立体的 な  カタチ で  作らないと  いけないのと   


キレイ な  レザー を   しっかり  上まで   張れるよう


IMG_2181 - コピー


なるべく  高さ の ある   パネル を   作って いきます


高さ を   持たせる ため、  サイド ブレーキ の  レバー なども  

かわしながら   かなり   上 まで  いきまして


IMG_2182 - コピー


採寸 した  型紙 を  作ったら、    それ に  合わせて  

鉄板 を  切り出しまして、   


裏 には  固定用 の  タブ を  溶接。


20151119_095218.jpg


メタル ワーク での、  キック パネル の  ベース が  完成 し、
   


後ほど、   内装屋さん に  ウレタン と  

レザー を  張って、  仕上げて もらいます
 


20151119_095224.jpg


続きまして、  センター トンネル の  製作 に  進みまして


あらかじめ  決まっている  デザイン に   基づいて

こちらも  メタル ワーク で  ベース を  作って いきます


IMG_2147 - コピー


Ox Blood の   センター トンネル は、   


AUDIO や   エアサス の  ゲージ、  スイッチ などを   埋め込んだ   

Acid 57 の   センター コンソール  とは  異なり、


IMG_2150 - コピー


レザー 張り の   インテリア と、  セパレート シート に  合うよう


フロア シフター と、   ドア を 開けると  点灯 する

フット ランプ  だけを    埋め込み


IMG_2151 - コピー


スリム で、  圧迫感 が  出ない  デザイン で   作って いきます


まずは  採寸 しながら   型紙 を  作りまして

鋼材屋 さん に     サイズ、  R を   指定 して、

 
IMG_2153 - コピー


断面 が   半円 に   丸めて もらった  

鉄板 が   2枚  到着。 


次 は、  トンネル 製作 に  進みます


VIVA !    S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2016/01/12 05:49 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)