ホーム > 50 MERCURY * Ox Blood > 1950 MERC

1950 MERC



 50 MERC  ” Oxblood ”  プロジェクト、   

全速 前進 で   進めて まして


天井 にも   断熱材 を   施工中。    


IMG_2540 - コピー


天井 は、  ヘッド ライナー を  張る 際 に  


厚み の ある   断熱材 を  張ると

邪魔 に  なって   張れないとの ことで  


20151029_012445.jpg


床 や ファイヤー ウォ―ル に  敷き詰めた   断熱材 は  

使用 せず、   ACID 57 でも  使用 した 


NASA が   スペース シャトル に  使用 している 

とても  軽量 で、  薄い  断熱材 を    使いまして


20151029_052753.jpg


S庭 師範 が   叩き出した、  天井 パネル を

取り付ける  ガイド に  沿って、  張り込みまして


天井 を   レザー 張り に  したい、、、、  

と、 勝手 な こと を  言ったら


20151029_063859.jpg


レザー だと  天張り材 の  ように  伸縮性 が ないので   

ヘッド ライナー を  張る、  針金 の ような  ボウ では  張れないのと


CHOP TOP して、  天井 が  低くなると、    頭 と  天井 が  近く

圧迫感  が  半端 じゃなく なりますので


IMG_2491 - コピー


ボウ 構造 で   天井 を 張ると、  天井 から  5 cm くらいの

スペース を  使いますが、  快適 な   空間 に  したい、、、、と、    


天井 から   わずか  10mm の 位置 に  天井 を  張れるよう


20151111_043829.jpg


S庭 師範 が  アルミ パネル を   叩き出して

成型 してくれた、  ルーフ パネル に


BASTARDS の  KAZ くん が、   ウレタン 巻いて

レザー を  張って くれたら


IMG_2529 - コピー


下町 育ち、  江戸っ子 の  DAICHI  と


ブルーシート 育ち、   河川敷っ子 の  月光 仮面  が  

「  せいや 」   と、  神輿 の  ように  担いで


IMG_2530 - コピー


わっしょい、  わっしょい   と、   リア ガラス から

室内 に  運び込みまして


ルーフ パネル は、   フロント か、  リア ガラス 部分 から


IMG_2531 - コピー


室内 に  滑り込ませる 構造 で   製作 してあり

窓 の  サイズ に  合わせて


センター、  サイド が   分割式 に  なって いまして


IMG_2533 - コピー


分割式 な  構造 なのは、  もう ひとつ

理由 が  ありますが


それは  後ほど に  説明 すると  しまして


IMG_2534 - コピー


室内 に  滑り込ませた   ルーフ パネル は


3人 掛かり で   固定用 の  骨材 に

カチャ っと  ハメ込み まして


IMG_2538 - コピー


両端 部分 を   ビス で   固定 して いきまして


まずは、  ルーフ パネル  の  センター ピース の

取り付け が   完了。


20151111_211154.jpg


センター の  両脇 の、  サイド ピース を  付ける 前 に


ルーフ パネル が    センター と  サイド と

別体式 の  理由 の   もう ひとつ の  理由、  


IMG_2668 - コピー


エアコン 吹き出し口 の   取り付け に  進みます


鉄板 を   切り出して、    作りたい  サイズ の  鋼管 に  

くるっと  巻きつけて、   ロール 状 に  しまして 


IMG_2669 - コピー


IMG_2670 - コピー


続いて、  鉄板 を   バナナ の ような  形 に  切り出し

鋼管 に  巻きつけながら、  すり鉢状 に  成型 しまして


先ほど  製作 した   リング と  合体 させ


IMG_2672 - コピー


太さ を  変換 する   ”  レデューサー ”  を   製作。


仮付け して、   太さ や  高さ に  

問題 が   ないことを  確認 したら


IMG_2674 - コピー


中 を  流れる  モノ が   漏れないよう

しっかり、  全周 溶接 で、  本溶接 しまして


使用 する   ダクト  を   取り付けすると


IMG_2677 - コピー


こんな 感じ で、  太い  ダクト を   途中 から

細くする、  レデューサー に  なりました


製作 して いたのは、   クーラー の  風 を  送る 

”  送風 ダクト ”  でして、


IMG_2675 - コピー


マーキュリー は、  ダッシュ ボード の  奥行き が   とても 浅く


 
ダッシュ 裏 に  取り付ける  エアコン ユニット を  使おうと すると

小さい サイズ の   エバボレーター ユニット しか  付けられないので


 
IMG_2678 - コピー


東京 の  夏  どころか、   真夏 の  沖縄 では

まったく  太刀打ち できないので


沖縄 に  嫁ぐ   Ox Blood では、  性能 重視 で


IMG_2686 - コピー


冬 も  ヒーター を  使うほど、  寒くない  という  沖縄 に  合わせ


ビンテージ エア 製 の   超 特大  エバボ ユニット を  有する

リア クーラー  KIT、  ”  モンスター クール ”   

を   使用 すること に  しまして


IMG_2691 - コピー


通常、  モンスター クール は   リア トレー に   設置 し

吹き出し口 は  リア トレー に   1箇所 だけで


ブロワー モーター 2機 搭載 で、  大風量 の  ユニット で

室内 を  一気 に  冷やす   仕組み  ですが


20151113_222016.jpg


やはり   本当 に   暑い 時 は、  自分 に   直接  

冷風 が  当たらないと    涼しく 感じないので


リア トレイ から、   ルーフ の  サイド パネル の  中 に   


20151113_222021(0).jpg


送風 ダクト を  通して、  前 まで   冷風 を  持っていき


運転席 と、  助手席 の   前後  設置 する

吹き出し口 から  送風 できる  構造 に  しまして


IMG_2407.jpg


リア トレー からだけ、   吹き出す ための   太い  ダクト は  

レデューサー を  製作 し、   途中 から  細くしまして


流速 を  上げることで、   吹き出し口 からの  送風量 を

増やせるように  計算 して   作られました


   
IMG_2408.jpg


アルミ パネル を  叩きだした、  サイド ピース も

ウレタン を  巻いて、   レザー を  張りまして


ダクト を  設置 した  部分 に  取り付け  して いきます 


IMG_2685 - コピー


サイド ピース は、  取り付けた あとに


固定用 の  ビス や、  穴 が 見えないように

取付 方法 を  考えた  作りに  なって いまして


IMG_2683 - コピー


通常 の  天井 の ような、  骨材 が  浮き出ることも なく


センター、  サイド ピース  ともに   固定 器具 も  見えない、  

すっきり と した  構造 で   仕上げて もらいまして


20151113_222042.jpg


S庭 師範 の   設計、  製作 の   巧妙さ が  よく 解ります


サイド ピース の   取り付けを  終えたら、   

沢山   取り寄せた  吹き出し口 の  中 から、     


IMG_2598 - コピー


大きさ、   奥行き、  送風 する  向き など、 


全て の  条件 を  クリア する   吹き出し口 を  

選び出しまして、   取り付け しまして


20151117_205428.jpg


レザー 張り  天井 パネル の   取り付け、  

エアコン ダクト  &  吹き出し口 設置 が  完了 です


大きな 面積 でも、  レザー で   ビシーっと  張ってもらい


IMG_2715 - コピー


高性能  エアコン に、  吹き出し口 まで  付いて   最高 です!


引き続き、   全速 前進 で  進めて いきます

楽しみです、  50 MERC


VIVA !   S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2015/11/20 07:48 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)