ホーム > 50 CHEVY STYLE-LINE *BUBBLES > 50  STYLE  LINE

50  STYLE  LINE



 K子 くん の、  50  STYLE  LINE


リア フレーム の   C ノッチ 作業 が  始まりまして

ひな壇 に  設置 してあった   エアサス ユニット を  降ろし


IMG_0444 - コピー - コピー


まずは   C ノッチ して   立ち上げる 部分 の

ボディ を  切開 して いきます


事前 に  計測 した  内容 を  もとに  


IMG_0445 - コピー - コピー


切断 部分 を  決めたら、   ボディ を   切開 していきますが


ちょうど  切り取る  部分 に、  ボディ マウント が  あり

一時的 にでも   切ると、   剛性 が  落ちて 歪んだり、  


IMG_0438 - コピー - コピー


リア ガラス が  割れたり  する  可能性 が  あるので、 


切開 する 周辺 の、   作業 の  邪魔 に  ならない 場所 に

角 パイプ を   溶接 して  補強 を  入れまして


IMG_0442 - コピー - コピー


IMG_0443 - コピー - コピー


今後、  使う 予定 の  無い   スペアタイヤ の

固定 ブラケット は  邪魔 に なるので  切りとりまして


ひな壇 上 から、  ボディ  切開  していきます


IMG_0447 - コピー - コピー


IMG_0448 - コピー - コピー


インナー フェンダー は、 のちに  立ち上げる  

高さ で   切開 しまして、 


切り取った  ひな壇 部分 の  ボディ は


IMG_0449 - コピー - コピー


強度 を  出すために   プレス で  凹凸 が  

整形 されてたり と   剛性 も あり、  


C ノッチ 後 に  ボディ を  フタ する 際 に


IMG_0450 - コピー - コピー


鉄板 を  切り出して、  フタ を   作っていくより、   

切り出した  ボディ を  再利用 し


立ち上げた  隙間 を  埋めて いくほうが


IMG_0563 - コピー


強度 も あって、  作業 工数 も   材料代 も  省けるので

費用 を  抑える ことも  できますので


再利用 できる   構造 に  切り出して、  保管 して おきまして


IMG_0555 - コピー


続いて、   デフ が   上がってくると

プロペラ シャフト が  フロア に  突き当たるので


突き上げる  フロア の   センター トンネル 部分 を

切開 して  いきます。   


IMG_0558 - コピー


切開 する  センタ- トンネル の   途中 に  

袋状 に して、  剛性 を  だしている


ボディ の  ブレス が   付いているのですが

そこを  切り取った まま に  すると、


IMG_0556 - コピー


やはり   ボディ 剛性 に  影響 が  出るので

ブレス ごと、  ノッチ して いきます


ここも   鉄板 を  切り出して、  作っていくより、   

切り出した  ボディ を  再利用 し


IMG_0554 - コピー


立ち上げた  隙間 を  埋めて いくほうが   効率 が  良いので

再利用 できるように  切り出して、  保管 して おきまして


次 は  いよいよ、  フレーム の  立ち上げ に  進みます

VIVA !   S庭 道場  &  K子 くん !!!!!!!




[ 2015/09/24 22:34 ] 50 CHEVY STYLE-LINE *BUBBLES | トラックバック(-) | コメント(-)