ホーム > 60 CHEVY IMPALA CONV *ADCT > 1960 IMPALA CONV

1960 IMPALA CONV



 I部 くん  の   60  IMPALA CONV   


ラジエーター や、  ヒーター ホース を   

ホース から  パイピング 化 を  進めて まして


IMG_0466 - コピー


アッパー & ロワー  ラジエーター ホース、 

ヒーター ホース  2本、


エアコン ホース  2本 の  パイプ 化 が  終わり


IMG_0467 - コピー


次 は、  ヒーター ホース の  リア セクション 

2本 の  パイプ 化 に  進みます


ヒーター ホース は、  ウォ―タ― ポンプ からの


IMG_0468 - コピー


エンジン ブロック に  固定 した、  へダース の  

上 あたり までの  パイプ 化 を   終えてまして


そこから  先、  室内 の  エバボレ―タ― に いく  ライン の


IMG_0469 - コピー


ファイヤー ウ―ル までの  ライン 製作 に  進みます


パイプ を  フロント、  リア に  分けて  2 ピース で   

作らずに、  1本 で  作ることも  可能 ですし


IMG_0471 - コピー


その方が、  途中 で  つなぐ  ジョイント が   

要らないので  見た目 も   すっきり しますが


1本 の  パイプ で  作り、  両端 を  固定 すると


IMG_0472 - コピー


エンジン の  振動 を  吸収 しきれず、   パイプ に  

クラック が  入ったり、  接続 部分 が  割れたり しますし


取り付け や、  取り外し、  また  メンテナンス の 時 に


IMG_0473 - コピー


長くて、  複雑 に  曲がりくねった パイプ では

作業性 も   メンテナンス性 も   悪いので


2分割 に  することで、  脱着性 を  

向上 させるように   作って ありまして


IMG_0476 - コピー


途中 に  ジョイント を  作り、   パイプ どうし の

間 に  ゴム ホース を   入れて あげることで


エンジン の 振動 を  吸収 させ、   ゴム ホース を  さす 部分 も  


IMG_0479 - コピー


ホース が  抜けないよう、  ”  返し “  を  作って、  

しっかり  接続 できるように   作って あります


ジョイント も   見た目が   良くなるよう、   ステンレス で  

化粧 カバー を   製作 してあり、  ナニより です


IMG_0480 - コピー


続いて、  エアコン の  パイプ も

形 を  合わせて  曲げたら


両端 に  接続 金具 を   溶接 し


IMG_0481 - コピー


実際 に  クルマ に   組み付けたら


冷媒 ガス を  注入 する 際 に  接続 する、  

”  チャージ ポート ”  を    どこに  付ければ  


IMG_0482 - コピー


エンジン ルーム の  見た目 が  良いかを


フル パイプ 化 した、  エンジン ルーム の 

ディティ―ル を  見ながら   検討 しまして


 
IMG_0487 - コピー


冷媒 ガス を  充填 する  作業 も   想定 し


メンテナンス性 も  考慮 し、  位置 を 決めたら

再び  パイプ を  外して、  穴 を 開けて  溶接 しまして


IMG_0486 - コピー


もともと  キレイな  ステンレス パイプ ですが


ショー カー らしく、   パイプ も  接続 金具 も、  

チャージ ポート も、  フル ポリッシュ して、  


IMG_0485 - コピー


本鏡面 仕上げ まで    磨きあげられまして

どこも  かしこも、  ピカ ピカ で  最高 です。


製作 した  パイプ 類 は、  フル ポリッシュ され


IMG_0490 - コピー


エンジン ルーム も   ビカ ビカ に  なりましたが、 

まだまだ  S庭 劇場 は  続く ようで、  楽しみです


VIVA !  S庭 道場 &  I部 くん !!!!!!!!!





[ 2015/09/07 07:30 ] 60 CHEVY IMPALA CONV *ADCT | トラックバック(-) | コメント(-)