ホーム > 60 CHEVY IMPALA CONV *ADCT > 1960 IMPALA CONV

1960 IMPALA CONV



 I部 くん  の   60  IMPALA CONV   


ラジエーター や、  ヒーター ホース を   

ホース から  パイピング 化 を  進めて まして


IMG_0408 - コピー


ラジエーター ホース 部分 の   パイプ は

溶接 ビート の  処理 も  終わり


ポリッシュ 作業 も  終えまして


IMG_0406 - コピー


ホース だと、  重量 が  軽いので


パイプ の  両側 を  締めれば

それで  ホース は  保持 されますが


IMG_0407 - コピー


ステンレス パイプ化 され、  重量 も  増したので


念の為、  両端 を  固定 する  以外 にも

パイプ を  固定 する  ブラケット を  作りまして


IMG_0410 - コピー


エアコン の  コンプレッサー ブラケット に

固定 できるように  しまして


続いて、  水温 センサー を  取り付け できる


IMG_0411 - コピー


ポート を  取り付けるため、  

パイプ に  穴 を  開け


センサー ポート を  埋め込んで いきます


IMG_0412 - コピー


IMG_0413 - コピー


穴 を  開けた 部分 に、   同じく

ステンレス製 の   センサー ポート を  


差し込んで  溶接 しまして


IMG_0415 - コピー


水 や、 ガス が  流れる 部分 は

きちんと  溶接 しないと   漏れるので


溶接 には、  細心 の  注意 を  払います


IMG_0416 - コピー


しっかり、  全周  溶接  しましたら

水温 センサー ポート が  完成。


以前、  作った  箱状 の  でっぱり が  付いた


IMG_0417 - コピー


カバー の  ような  物 は、


パイプ の  接続 部分 に  被せる

化粧 カバー の  ようで


IMG_0419 - コピー


埋め込んだ、  水温 センサー ポート が

出っ張って いますが


そこも  きちんと  かわすよう  設計 されてるので


IMG_0420 - コピー


IMG_0421 - コピー


IMG_0422 - コピー


IMG_0423 - コピー


IMG_0424 - コピー


する する  と   スライド して

カバー を  通しまして


パイプ を  取付後、  センサー を  取り付けます


IMG_0425 - コピー


ヒーター ライン の  パイプ も、  

本溶接 と、  ポリッシュ を  終え


こちらも  パイプ の  重量 と


IMG_0427 - コピー


IMG_0428 - コピー


キレイ な  取り回し の   位置 と、


パイプ どうし の   クリアランス を

確保 できるように、  ブラケット を  製作


IMG_0429 - コピー


IMG_0430 - コピー


2本、  並んで  取りまわしていく   ヒーター パイプ は、


パイプ どうし を   ステンレス の 棒 を  溶接 し

クリアランス を  固定 しましたら


IMG_0431 - コピー


溶接 して、  熱 で  変色 した  部分 を

再び   バフ を  掛けて


ポリッシュ し、  仕上げまして


IMG_0432 - コピー


IMG_0433 - コピー


フロント セクション の、  ヒーター パイプ が   完成。


続いて、  パイプ で  つないだ  部分 の  下 に

ステンレス 板 を  切り出し、  穴 を  あけた


IMG_0445 - コピー


IMG_0446 - コピー


タブ を  溶接 しまして、  こちらも  バフ を  掛けて

ポリッシュ し、  キレイ に   仕上げまして 


フロント セクション の、  ヒーター パイプ が  完成。


 
IMG_0448 - コピー


IMG_0449 - コピー


今度 は、   エンジン ブロック を  よく  計測 し


計測 した  データ に  合わせて、

ステンレス の  フラット バー を  切り出し


IMG_0450 - コピー

  
IMG_0452 - コピー


角度 を  合わせて  曲げたら、  ステンレス 棒 と

穴 を  開けた  フラット バー を   切り出し


曲げた  フラット バー に   溶接 しまして


IMG_0456 - コピー


こちらも  バフ を  掛けて   ポリッシュ し、  

キレイ に   仕上げたら 


ヒーター パイプ  マウント ブラケット が  完成。


IMG_0459 - コピー


これに、  ステンレス の  パイプ クランプ も

バフ を  掛けて   ポリッシュ し、  キレイ に   仕上げたら 


ヒーター パイプ ブラケット を  エンジン ブロック に  取り付け


IMG_0435 - コピー


完成 した、  ヒーター パイプ を  取り付けまして

溶接 した  タブ と、  ブラケット が  合体。


これで  重量 が  増えた  ヒーター パイプ も


IMG_0460 - コピー


がっちり  保持 され、  きれいに  取り回された


パイプ の  位置 や、   パイプ 間 の

クリアランス が  変わって しまうことも  ありません


IMG_0462 - コピー


また、  下 に  ついた  タブ は、  

ブラケット への  マウント  兼


その 下 の 位置 に  取りまわす


IMG_0463 - コピー


エアコン ホース を   ステンレス パイプ 化 した


エアコン パイプ を  固定 する  ブラケット も

兼ねて いまして


IMG_0464 - コピー


ポリッシュ した  パイプ クランプ を  使い


こちら も  パイプ の  位置 や、   パイプ 間 の

クリアランス が  変わって しまうことも  なくなりました


IMG_0465 - コピー


ここまで  キレイ に  パイプ 化  され、

びか びか に  なって くると


それぞれ の  パイプ の   接続 部分 に


IMG_0466 - コピー


ホース バンド 剥き出し では   勿体無い と


しっかり、   化粧 カバー が  製作 され、  

取り付けられている  意味 が  よく  解ります


IMG_0467 - コピー


製作 した  パイプ 類 は、  フル ポリッシュ され

エンジン ルーム も   ビカ ビカ に  なりましたが、 


まだまだ  S庭 劇場 は  続く ようで、  楽しみです


VIVA !  S庭 道場 &  I部 くん !!!!!!!!!



[ 2015/09/03 04:46 ] 60 CHEVY IMPALA CONV *ADCT | トラックバック(-) | コメント(-)