ホーム > 50 MERCURY * Ox Blood > 1950 MERCURY

1950 MERCURY



 50 MERC  プロジェクト、  進めて まして


CHOP TOP した  ドア の  カタチ に  合わせ

サイド ガラス の  ガイド レール 加工 と


IMG_1309 - コピー


新しく  製作 する、  サイド ガラス の  形取り を  終えまして


ドア を  外してる 状態 の ままの 方が

作業 し易い  部分 を  進めて いきます


IMG_1321 - コピー


マーキュリー の、  ドア ウェザー ストリップ は

固定 方法 が、   上 と  側面 は ボンド で


下面 は、   ドア に  溶接 されている  

波状 の  鉄板 に  挟む 構造 でして


IMG_1329 - コピー


チョップ トップ したことで、  ドア サッシ の  形状 も

大きく 変わることに  なりまして


ドア ウェザー ストリップ の  形 は


IMG_1330 - コピー


オリジナル の  新品 を  用意 して  付けて みても

形 が  合わず、   フィッティング も  イマイチ なので


オリジナル 品 を  使う  必要 も  ありませんし


IMG_1331 - コピー


水 が  溜まって、  腐り易い  ドア 下 に ある


波状 の  鉄板 は、  腐食 して  

きちんと  形 を  留めて いないので


IMG_1505 - コピー


それを そのまま  使うのは  辞めに して 


ドア に 溶接 されている、  波状 の  

鉄板 は 摘出 して、  捨てました


IMG_1504 - コピー


続いて、  マーキュリー の  ドア ヒンジ は

位置 調整 が  出来ない 構造 ですが


チリ 合わせ が   やりづらくて  困るので、、、、、


IMG_1503 - コピー


ボディ 側 の  付け根 の  ポスト 部分 は、  以前 に

長穴 と、 調整 プレート 式 に  変更 して ありまして


今回 は、  ドア 側 も  同様 の、  調整 可能 な

構造 に  加工 を  済ませたら  


IMG_1326 - コピー


製造後、  65年 という  長年 の  歴史 から


ドア 淵 の  部分 に  できた、   

凹み や、  歪み を  直して いきます


IMG_1315 - コピー



IMG_1316 - コピー


ドア 淵 の  歪み を   直したり


内装 を  貼ってしまうと   まったく  見えない 

部分 の  細かい  凹み も  直して いくと


IMG_1324 - コピー


IMG_1322 - コピー


IMG_1317 - コピー


過去 に  事故 などで   曲がった 際 に

伸びて しまった  鉄板 は、  


伸び を  取りきれない と、   ゆら ゆら  してたり


IMG_1318 - コピー


IMG_1320 - コピー


細かい  クラック が  入って、  割れてたり  と

けっこう、 沢山  ありますね


全部、  メタル ワーク で  キレイ に  直してから

鈑金屋 さん に   クルマ を  届けまして


IMG_1323 - コピー


細かい とこ まで   しっかり  手直し してきたので

いい クルマ に  なりそうです。


ペイント が  仕上がって くるのが  楽しみ です
  


VIVA !   S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!




[ 2015/08/26 04:00 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)