ホーム > 50 MERCURY * Ox Blood > 50 MERCURY

50 MERCURY



 50 MERC  プロジェクト、  進めて まして


6月 頭 に   塗装 のため、  鈑金屋さん に   託させて 頂きまして

既 に  車両 は  FIT には  ありませんが


IMG_1701.jpg


BLOG が   まったく  追いついて いないので


まだ  書き切れて いない  作業 が  沢山 ありまして

それらの  様子 も   更新 していきたいと  思います


  
20140608_034220.jpg


CHOP  TOP に  伴い、  サイド ガラス や   三角窓 の  作り直し が  

必要 に なるので、  アメリカ で  CHOP と  合わせて  お願い したら 
 


三角窓 は  開かない、、、、、、  クォーター は  ボンド止め、、、、、

サイド ガラス は  閉めたら  外れて  割れた、、、、、、


20140608_034155.jpg


全て の  ガラス は、   カタチ が  合って いないので

閉めた 時 に  隙間 が  すごい、、、、、  など


どこも    まったく  使い物 に  ならないので、、、、  

お金 払って、  使えなく したような  もんですね。。。。。。


20140907_182619.jpg


とても   高い  勉強代 を   払ったので


もう、  CHOP や  メタル ワーク は、   絶対   S庭 道場 か、  

日本 の  匠 にしか  頼みません。。。。。

と、  固く  心 に  誓いまして  


IMG_1247 - コピー


K藤 師範 に   作り直し を  進めて 頂いて いましたが


K藤 師範 が  心筋 梗塞 で  倒れ、   中断 してたので

続き を  S庭 師範 が   進めて くれまして


IMG_1252 - コピー


まず は、  ドア に  合わせて、  三角窓 の   型紙 を  作り、


型紙 に  合わせながら、   三角窓 の  サッシ と  フレーム を

CHOP ルーフ に  合う カタチ に  加工 して いきます


IMG_1253 - コピー


三角窓 の  サッシ は、  切って   寝かせて  

溶接 しても、   カーブ が  合わせ切らないので、   


2台分 の  サッシ を  用意 して、  うまく  使える 

部分 だけ  摘出 し、  合体 させて いきます


IMG_1254 - コピー


外側 の  フレーム も、  ドア に  合せながら

カタチ を  合わせて  いきまして


新品 の  三角窓 の  ウェザー ストリップ も   用意 し、 

フレーム と、  サッシ の  隙間 も   合わせて  作りまして


IMG_1279 - コピー


まずは、  三角窓 フレーム と、  サッシ が   完成 です。


まずは、  三角窓 の  見た目 の  加工 を  終えましたが

カタチ が  変わっても、   きちんと  開閉 できないと

三角窓 の 役目 を  果たしませんので 


IMG_1280 - コピー


次は、 開閉 の  仕組み 作り に   進みます。


三角窓 フレーム と、  サッシ の   カタチ を   CHOP に 

合わせて 作り直せば、  開閉 するんじゃ ないの !?


と、  思われるかも  知れませんが


IMG_1250 - コピー


マーキュリー で、  三角窓 を   CHOP 加工 すると

開閉用 の  支点 部分 が   問題 に  なって きまして


オリジナル の  支点 部分 は、  サッシ の  カタチ を

寝かせて  作り直したので、   角度 が  合わなく なりまして


IMG_1249 - コピー


上下 の  支点 の   縦 位置 と   傾斜 角度 が  合わず

開けようと すると   突っ張って  開きません、、、、、


また、 オリジナル になる   ピボット パーツ は、   

鋳物製 なので、  溶接 が  出来ませんし

角度 を  変えるよう、   加工 が  出来ない  構造 なので


IMG_1261 - コピー


支点 部分 の   リプロ品 が  売られているので、  

製造 機械 も   進化 しているので


昔 みたいに、  鋳物製 ではなく、  機械 加工 で

作ってるのでは  ないかと  考えまして


20150527_214206_LLS (2)


もし、  機械 加工 して  製作 している  場合 は

角度 を  変える  加工 を  施す ことが  出来るので


リプロ品 が  鋳物製 で ない ことを   期待 して

取り寄せて みましたが、  やっぱり  鋳物製 でして、、、、、


20150527_214202_LLS (2)


そうなると、  同じような  カタチ の、  他車 の  

パーツ を  流用 するかと  なりますが


”  あたかも  オリジナル ”  に   徹底的 に

拘って 製作 している、  S庭 師範 は   


20150527_214127 (2)


「  CHOP TOP しても、  オリジナル の パーツ を  使って、     

   きちんと  作り直した ほうが、     ショー でも、  見た人 からも、  

   評価 して もらえるんじゃ ないかと  思います 」


と  いう ことで、  ”  あたかも  オリジナル ”  な  作り でも


20150527_214118 (2)
  


誰にも  出来ない ような、  造り込み を   していくのが

S庭 師範 の  醍醐味  ですね。。。。。

 

結果、   「  無い 物 は  作る 」  と  なりまして

作り物 大好き、  S庭 劇場 に   突入 です


IMG_1265 - コピー


IMG_1270 - コピー


厚さ  12mm の、   分厚い  ステンレス の   板 から

ブロック を   切り出しまして


下側 の  支点 と  同じ  角度 に  なるよう 


IMG_1266 - コピー


IMG_1267 - コピー


上側 の  支点 の、   ピボット の  ピン が  

刺さる   筒 部分


サッシ の  側面 に  取り付け する、  


IMG_1269 - コピー


IMG_1272 - コピー


ベース 部分 を   無垢 の  塊り から   切り出して

溶接、  削って カタチ を  作って


ポリッシュ して  仕上げ と、   造り込んで いきまして


IMG_1273 - コピー


IMG_1274 - コピー


あたかも   オリジナル な、   支点 を  作って もらいまして


写真 の  右側 の 物 が   製作 した もの

左側 の 物 が、  オリジナル  です


IMG_1275 - コピー


支点 の  角度 が  若干  変わっているのが  

お解り 頂けますで しょうか


支点 の  ピン が  入る  筒 部分 の  


IMG_1258 - コピー


ふくらみ 具合 や、  下側 の  水抜き 穴 まで

忠実 に  再現  されて いまして


手作り とは  思えない   仕上がり でして、 

まさに  芸術品 ですね


IMG_1255 - コピー


よく  検証 して、  正確 に  製作 されて いるので


ドア 側 への   フィッティング、   取り付け  も

パーフェクト  でして
 


IMG_1256 - コピー


三角窓  フレーム や、   サッシ への  フィッティング も

パーフェクト  でして、  


カタチ も、   角度 も、  開閉 も   完璧 です。


IMG_1257 - コピー


この 仕上がり で、  普通 に   クルマ に  付いていたら


もう、 ハンドメイド の  作り物  だなんて 

誰 も  気付かない ですね。。。。。。


IMG_1276 - コピー


この  パーツ 単体 で  見ても、   ハンド メイド と

見抜ける 人 も、  多分  いない と、  思います。。。。。。。


見たら  すぐ 解る、   ”  やった 感 ”  を  出す  加工 は

「  スゴイね 」  と、  誰 にでも  気付いて もらえますが


IMG_1283 - コピー


”  あたかも   オリジナル ”   は、  誰にも  出来ないような、   

凄い 加工 で あっても、   誰 にも   気付かれませんし 


S庭 師範 の  作る  クルマ は、  そんな カスタム の

オンパレード なので、  勿体 ない  気 がして なりませんが、、、、


IMG_1281 - コピー


S庭 師範 は、  そんな こと は  

全く  意 に 介して  いないようで


追究  しているのは、   見た目 も、  構造 も、   

機能 も、   全て が   完璧 な


IMG_1282 - コピー


超 一級品  を  作っていく  ことだけの   ようです。。。。 


それは  これまで  製作 してきた  クルマ でも、  

これからも  変わらない、  


S庭 師範流 の、  カスタム の  醍醐味 ですね。


IMG_1284 - コピー


今回 も、   S庭 劇場 で   楽しませて  頂きまして

この先 が  益々、  楽しみに  なりました


VIVA !   S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!




[ 2015/08/06 04:00 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)