ホーム > 62 CHEVY IMPALA CONV > 62 IMPALA CONV

62 IMPALA CONV



 Ⅰ川 さん の、  62  IMPALA  CONV  進めて まして


リア の  足回り が  完了 し、  ハイドロ を  撤去 し 

トランク に  開いた、  ハイドロ ラック の  穴 を


20150710_035452.jpg


S庭 師範 が   処理 を  進めて くれている 間 に

ステアリング シャフト の  修理 を  進めて 行きます


現在、  フレーム は  側面、  上下 に  鉄板 を  張り


20150710_035505.jpg


フル ラップ  フレーム に、   ギア ボックス を   

605 に   変更 して あります。


605 ギア ボックス  は、   そもそも  違う  車種 の  


20150710_035513.jpg


ギア ボックス  で、   構造上、   遊び の  多い  

パワー シリンダー 式 の  構造 の   インパラ に   


遊び が  出づらく、  ステアリング ギア比 も  クイック で

操作 が  楽 に なるよう、  高年式車 に  付いている


20150710_035526.jpg


”  サーティ キュレート   ボール ベアリング 式 ”   という

構造 の  ギア ボックス を   移植 する   手法 でして


58 - 64 年 の   インパラ フレーム とは  

取り付け ボルト 位置 が  まったく  合わないので


20150710_035535.jpg


取り付け ボルト 位置 を   変換 して  付けられるように

厚さ  12 mm くらい の   変換 プレート が  売られているので


みんな、  それを  使って   取り付けて います

 

20150710_035607.jpg


厚さ が  12mm も ある、  変換 プレート を  入れると

ギア ボックス が  元々  付いていた  位置 より


エンジン 側 に  寄って しまいまして


IMG_0014 - コピー - コピー


フレーム ステアリング シャフト の   コラム 側  は   

テレスコープ、 兼   ユニバーサル ジョイント に


ギア ボックス 側 は、  ラグ ジョイント に  なっているので


IMG_0015 - コピー - コピー


オリジナル の  フレーム に   変換 プレート を  付けて

取り付け して、  エンジン 側 に  寄って  出来た


ステアリング シャフト の  多少 の  角度 は  吸収 しますが


IMG_0016 - コピー - コピー


フレーム に  厚さ  4,5 mm の   鉄板 を   張って

補強 してある 上 に、   変換 プレート を  付けて いるので


ギア ボックス が  エンジン 側 に  寄り過ぎて しまい、、、、

ラグ ジョイント が   粉砕 します。。。。。。


20140910_232809.jpg


走行中 に  ラグ ジョイント が  粉砕 すると

ステアリング シャフト が  千切れて しまい


ハンドル 操作 しても、  ギア ボックス と   つながって ませんので   

”  タイヤ 動きません の  刑 ”    でして、、、、


20150710_045728.jpg


以前、  そんな ことに なる   寸前 で  入庫 した

紫色 の  クルマ  ありましたね。。。。。


  
紫色 の  アレ は、  千切れてた  ラグ ジョイント は

”  ゴムのり   と、    ご飯粒  ”  で   付けて


20150710_045823.jpg


ゴリゴリ に  なっていた   ギア ボックス には

ローション を   塗って、   潤わせて   対応 しましたが


I川 さん の   62 CONV は   きちんと  直して 

いきたいと  思います


20150715_051345_LLS (1)


付いていた  ステアリング シャフト を  摘出 し

粉砕 した  ラグ ジョイント は  切って  捨てまして


角度 が  付いても  対応 できる、  ユニバーサル ジョイント 

に  変更 して、  シャフト を  溶接 しまして
 

IMG_0026 - コピー - コピー


ギア ボックス の  遊び 調整 も   行い、  


フルラップ フレーム &  605 ギア ボックス 用  に  

シャフト 加工 が   完了 です


20150714_203812.jpg


続いて、  室内 ステアリング  コラム 上 に  付いている


”  シフト インジケーター ”  の  ランプ を

LED 化  したいと   頼まれて まして


20150714_203819.jpg


コラム シフト の  レバー 位置 を  示す、  コレ ですね


本来、  インジケーター を  照らす   照明 が  

ライト ON で  点灯 しますが


20150714_213351.jpg


62  CONV は   点灯 しないので、  修理  を  兼ねて

LED 化  して いきたいと  思います


ランプ に  アクセス  するため、  ステアリング を  


20150714_204735.jpg


取り外し したら、  ぽろっ と  頭 が  削れた

ボルト が  落ちて きまして、、、、、


どこかの  ボルト が  外れてたのかと  思ったら


20150714_204748.jpg


ホーン の  コンタクト 用 の  接点 が  欠品 していたので

ボルト を  削って  代用 して  あった ようで


きちんと  作動 するので、  これは  見なかった ことに して おきます。。。。。


20150714_213540.jpg


20150714_213556.jpg


シフト インジケーター   の   ランプ は


ランプ の   球切れ  と、   ソケット 手前 で

配線 が  ちぎれて いまして


20150714_214923.jpg


ランプ の  電源 の  配線 自体 も、  本来   コラム 内 を  

通って、  ソケット まで  来ますが、  全部  抜かれて いたので


球 は  新しくして、   配線 も  新規 に  引き直し しまして


 
20150714_220225.jpg


ランプ も   点灯 するように   なりましたが、   ちょっと  暗い ですね。。。。。


光 の 方向 を  調整 する、  傘 の  ような  役割 を  している  

カバー を  外すと  だいぶ  明るく  なりますが


20150714_223034.jpg


コラム や、  ステアリング の  隙間 から

光 が   漏れてしまい、   カッコ悪い ですね


球 を   ハロゲン から   要望 の あった

LED バルブ に  変えて みると


20150716_222609.jpg


だいぶ  明るく、   見易く  なりましたが


もっと  明るいと  なお  良いので、  カバー を  外すと

だいぶ  明るく  なりますが


20150716_222145.jpg


やはり   コラム や、  ステアリング の  隙間 から

光 が   漏れてしまい、   みすぼらしい ですね、、、、、


なので、  傘 の  役割 を  している

ドラえもん みたいな  球 の  カバー に 


20150716_222733.jpg


開いている   穴 を  少し  大きく  広げて  付けたら

光 も   漏れること なく、  明るさ も   良い  感じ に   なりました


今回、  LED バルブ は、  白 を  組みましたが

I川 さん からは   ダコタ ゲージ の  色 に  合わせて


20150716_222912.jpg


「  ブルー でも  いいかな 」   との ことで

後日  ブルー に  変えて   検証 して みましたが


ダコタ の  ブルー と、  LED の  ブルー では

少し 色味 が  違い、  合わなかったので


20150716_223055.jpg


「  やっぱり、  ホワイト の ほうが  いい 」  と  なりまして

無事、  インジケーター ランプ の  LED 化 も  完了 です

  

次 は、  トランク フロア の   補修 に  進みます


   
VIVA !  S庭 道場 &  I川 さん !!!!!!!!!




[ 2015/07/31 04:05 ] 62 CHEVY IMPALA CONV | トラックバック(-) | コメント(-)