ホーム > 59 CHEVY IMPALA * TOP GUN > FUN CUISE

FUN CUISE



 Rすけ くん の    59  IMPALA  進めて まして


引き続き、  ブレーキ の  不具合  調査 と

対策 を  して いきたいと  思います


20150704_002924.jpg


パワー ブースター、 マスター シリンダー の  作業 を 終え


フロント ブレーキ に  進みまして、  ブレーキ パッド を   

点検 してたら、   パッド が   斜め に  削れて まして、、、、


20150625_070800.jpg


先日、  Rすけ くん が    「  割れてたから 」   と

パッド を  新品 に   交換 した ばかり だそうですが


原因 を  調べたら、  キャリパー を  スピンドル に  固定 してる

ブラケット が  曲がって いまして、、、、、


20150625_095700.jpg


RYU くん に  調べて もらったら、   ナニか  力 が  加わって  曲がっって 

しまったのではなく、   製作時 に   精度 が  必要 な 部分 ですが


機械 で  削り出す、  機械 加工 ではなく、  プレス 構造 で  

2回  曲げる   構造 で   製造 して あるので、  


20150625_095207.jpg


そも そも、  製造時 の   精度 不良 と  思われる そうです。。。。。


確かに、  メーカー 純正 は  鋳物 を  精密 に 削って  加工 して ありますし

WIL WOOD なんかは  精密 に  削り出している ものを、 

組み付け時 に  シム を  使って、  微調整  して いきます。


Rすけ くん の  59 IMPALA は、  ブラケット が  曲がってるので  


  
20150625_210335_LLS (1)


キャリパー が  ローター に  対して  斜め に 当たって しまい


パッド は  右端 と  左端 で、   3mm も   斜め に  傾いて

ローター に  当たってまして、  パッド が  肩減り する どころか


これでは  パッド が   ローター に  ピタッ と  接地 しないので、   

辺り面 が  狭くて、  ブレーキ の  効き も  悪く なります。。。。。。。


20150625_210346_LLS (1)


ブラケット の  曲がり を  よく  計測 して、  シム を  入れて

斜めに  付いている、   キャリパー の  角度 を   修正 しまして

斜め に  削れてる   ブレーキ パッド  も  交換 しまして 


キャリパー も  調べたら、  左キャリパー の   ピストン の   側面 に  

大きな  縦傷 が  あり、   ブレーキ を  踏んで  出た  ピストン の  


20150625_100201.jpg


戻り が  悪いので、   こちらも  交換 に  なりまして、、、、、、
 

これも    ブラケット の  精度 が  悪く、  キャリパー が

斜め に  傾いて  付いてた   影響 でしょうか。。。。。


左右 の  キャリパー & パッド 交換 と、  シム 調整 を  して

頼まれてた   ハブ ベアリング の  交換 も  済ませたら


20150624_205636.jpg


ブレーキ ぺダル が  深い、、、、、 効き が 悪い、、、、、、 

の、  原因 調査 と   対策 が   完了 と  なりました。


続いて、  500 ギア ボックス を  かわす ように  加工 と

コア 交換、  アッパー タンク 交換  した   ラジエーター と


20150625_210128 (1)


S庭 師範  が   現車 合わせ で   製作 した


ファン シュラウド が   パウダー コート から  

戻って きたので、    早速   取り付け  しまして


ファン シュラウド は、  コア 部分 を   ぴったり   カバー することで、   

流れる 風 の   整流 を  促し、  冷却 効率 を  上げますが


20150625_210211 (1)


「  S庭 師範 が  作った  ファン シュラウド、   隙間 あるじゃん 」

って、  思った 方、   鋭い です。。。。。


ファン シュラウド を  作った 時 の   写真 を  見ると、   下 の 方 に

少し  隙間 が  ありますが、   どうぞ   ご安心 ください。。。。。   


あひるさん が  挟まらない ように する、  隙間 です


20150704_003221.jpg 


は、  冗談  ですが、、、、、、


ラジエーター キャップ の 口 から、   リザーブ タンク に  つながる  

ゴム ホース が   アッパー タンク の  上 を、  びろーん と   

してて   カッコ悪い、、、、、、 と、   Rすけ くん が  言って まして


アッパー タンク に  付いている、  ラジエーター キャップ が  センター だと   


20150704_003232.jpg


リザーブ タンク に  つながる  ゴム ホース が   長いので   そうなりますね。


Rすけ くん から、   せめて  ゴム ホース は  辞めて、  ステンレス パイプ で

とりまわす  作りに  変えて。。。。。  と、   言われてたので


20150704_003030.jpg


どうせ なら、   ラジエーター キャップ が  付く 位置 を

リザーブ タンク の  すぐ  横 に  リロケート  すれば


余計 な  パイピング や、  ホース を   とりまわす  必要 が  なくなり


アッパー タンク も、  リザーブ タンク 周り も   すっきり して

見た目 も  かっこいいので、  そのように   加工 して もらいまして


20150704_003250.jpg


そうすると、   ラジエーター と   ボンネット の 間 の   隙間 が  狭い

59 CHEVY は、  ボンネット の  裏側 に  キャップ を  避けるよう  

くぼみ が  付いて いますが、 


キャップ 口 を   リロケート した ことで、  ボンネット の  裏側 の

くぼみ と  ずれてしまい、  ボンネット を  締めると


20150704_003149.jpg


キャップ と   ボンネット が  当たって しまうので、、、、、、、


これまでの  ラジエーター より、   コア の  全高 を   

30mm  低く  作ることで、   アッパー タンク の  位置 も  

30mm  下げて  取り付け  できる ように して


20150704_003155.jpg


キャップ と   ボンネット が  当たらないよう、   スペース を  確保 すること が、  

ファン シュラウド を  作る 時点 で   決まって いましたので


S庭 師範 は   コア を   隠す 部分 を   あらかじめ、   30mm  低く 作って

加工前 の  ラジエーター に  付けると   隙間 が  あいてた  ワケ です


20150704_003042.jpg


元々 装着 してあった   電動 ファン と、  コントロール ユニット は

そのまま  生かすので、   ユニット を   埋め込む 部分 や


500 の  ギア ボックス にも  当たらないように、   ロワー タンク   

ファン シュラウド  とも   逃がして  作りまして 

 

20150704_003129.jpg


ファン シュラウド は、   クローム ペイント という   特殊 な

ボディ カラー と  コーディネート して、 

クローム 調 の   パウダー コート で  仕上げまして


「  アライメント と、  エンジン 調整 も   しといて 」  

と   言われてたので、  しっかり  やり直しまして


20150704_002905.jpg


Rすけ くん の、  59 IMPALA  の   パワステ を

オリジナル から   500 ギア ボックス へ  交換、


ブレーキ の   WIL WOOD への   アップ グレード と

不具合 部分 の  修理、   


20150707_184339.jpg


ラジエーター の  リビルト & カスタム 加工、   ファン シュラウド 製作 などの  

作業 が   一通り  完了。    乗り易い、  いい  クルマ に  なりました。


Rすけくん、  次 は  どんな カスタム  企んでるんでしょうか。  楽しみです


VIVA !   S庭 道場  &  FUN CRUISE !!!!!!!




[ 2015/07/13 05:00 ] 59 CHEVY IMPALA * TOP GUN | トラックバック(-) | コメント(-)