ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR *NOZ > 40 ZEPHYR

40 ZEPHYR



 N澤 くん の、  40 ZEPHYR


センター トンネル の  かさ上げ が  終わり

続いて、  エアバック の   セットアップ へ。


20150123_210445.jpg


リア の   セットアップ は、  

RYU くん が  短刀 するようで


” 短 刀 ”  は  誤字 ですが、


  
DSC_1050 - コピー


RYU くん は、  カラダ が  大きい ワリには

ちんこ が  小さいので


” 短 刀 ”  に  任命 されまして


DSC_1057 - コピー


とか  言ってると、  また   「  死ねば いいのに。。。。。 」

と  言われるので、、、、、、  


”  短 小 ”  に、  訂正 しときます。。。。。


20150122_194047.jpg


そんな、  リア 短小 の   RYU くん が


大きな カラダ で、  チャネリング して  

狭苦しい  トランク に   潜りこんで


DSC_1065 - コピー


窮屈 そうに   作業 してまして、、、、、、


リア は、  C ノッチ  せず、  

4 リンク も    いじらず に、


DSC_1056 - コピー


オリジナル サスペンション に  

セット アップ  していくので


コイル スプリング の  場所 に   


DSC_1055 - コピー


エアバック を   差し換えて 

セット アップ  していく ようです


N澤 くん の、  40  ZEPHYR は

ボディ スワップ してあって


DSC_1064 - コピー


フレーム と、  ひな壇 の  造りから

エアバック ブラケット を


雛段 貫通 の  構造 に  したようで


 
DSC_0009 - コピー


4 リンク 、  DUAL マフラー、  リア スウェイバー、  

ショック と、、、   狭い  スペース なので、  


他 に  エア バック を  組み込む  

良い  場所 も  見当たりません


  
DSC_0010 - コピー


コイル スプリング の  位置 に  組むため

どのような  エアバック ブラケット に  するのか


よく 検証 して、  決まった ようです

  

20150123_202744.jpg


市販品 で、  この  G BODY フレーム 用 の

エアバック ブラケット は   売られていますが


市販品 は、  エアバック が  どこかに  干渉 したり、、、、


20150123_202748.jpg


潰れ方 が  悪く、  エアバック が  無理 したり、、、、、

と、 設計 自体 が  悪いモノ が  多いので


S庭 道場 では、  一切  市販品 を  使って ませんで、、、、、、


DSC_1081 - コピー


これまで  沢山、  エアサス を  組んだ  

クルマ を   見てきましたが


故障 や、  乗り心地 が   悪い  原因 は、  

どれも  ブラケット の   造り が  悪いのが  原因 でして  


DSC_1080 - コピー


どれも  大量 生産 や、  コスト の  問題 から、

簡単 な  構造 で   作られて いまして


どこかで  無理 して、  正しい  セット アップ  とは  言えない  

組み上がり に  なるので、  後々  必ず  壊れます。。。。。


DSC_1082 - コピー


自身 や、  仲間達 の  クルマ で  体験 したり、

修理 を 頼まれて   検証 したり しながら


同じ 車種 なら   どの クルマ でも 同じ、、、、、 

と、  いう   セオリー も  あまり  通用 せず


DSC_0002 - コピー


その クルマごと に  合った、   ブラケット と

セット アップ が  必要 なので


S庭 道場 で   セットアップ する際 は、   

よく  検証 して、  全て  一点物 で  製作 しています


DSC_0003 - コピー


N澤 くん の   40 ZEPHYR も   同様 で

エア バック ブラケット、  ショック マウント は


すべて  現車 合わせ で  製作 と なりまして 


DSC_0005 - コピー


RYU くん が   フラット バー を

炙って  柔らかく しながら


鋼管 に  合わせて、  巻いて いきまして


  
DSC_0023 - コピー


”  短小 ”  の   RYU くん とは  

比べもの に  ならない くらいの


鋼管 も   数種類、    設計 した  

高さ に  切り出しまして、


DSC_0021 - コピー


ブラケット の  筒 の 部分 に  なるようで


続いて、  エア バック を  取り付ける 

部分 の  プレート を  切り出して


DSC_0024 - コピー


取付 ボルト の  穴 を  開けて、   

エアー 配管 の  フィッティング を


かわすよう、  加工 したら


DSC_0026 - コピー


溶接 され、  カタチ に  なって きました


取付面 に  なる  部分 の  溶接 ビート は

綺麗 に  ならして、  平ら に  仕上げまして


DSC_0041 - コピー


アッパー 側 は、  フレーム の  コイル ポケット に   

すっぽり と  はまる  大きさ で


横ずれ しないよう、  溝 と  ぴったり の  

大きさ に  作られまして


DSC_0042 - コピー


ロワー 側 も、  ホーシング 部分 の

コイル ブラケット に  ピタッと   収まり 


こちら も   横ずれ しないよう、  ぴったり と

はまる  大きさ に  作られて いまして


DSC_0043 - コピー


錆止め  塗ったら、   リア  エア バック の

ブラケット が   完成 です。


次 は、  完成 した  リア エアバック の  取付 に  進みます


楽しみです、  N澤 ZEPHYR !!!!!!




[ 2015/02/06 01:07 ] 40 LINCOLN ZEPHYR *NOZ | トラックバック(-) | コメント(-)