ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR *NOZ > 40 ZEPHYR

40 ZEPHYR



 N澤 くん の、  40 ZEPHYR


エアサス セットアップ の   検証 と、  

準備 が  始まりまして、  


1421739387515.jpg


まずは   フレーム と、   サスペンション の  状況 を

よく 確認 して、  どう セット アップ  していくのが 

良いのか を   検証 していきます


DSC_0956 - コピー


この ZEPHYR は、  フレーム は   オリジナル ではなく

G ボディ か、  シェベル の  フレーム を   使ってまして


フロント クリップ も、  アーム類 から  ギア ボックス まで、   

全部 移植 されて いました。


DSC_0961 - コピー


リア も、   オリジナル の   4 リンク と

デフ も、   そのまま  流用  してありまして


車高 を  下げるため、  フロント と、  リア フレーム を   

Z - ING 加工 して あります


DSC_0962 - コピー


恐らく、  エンジン & ミッション も   G BODY か  シェベル で 


ボディ も、  フロア を   ボディ マウント ごと

そっくり  フロア を   移植 し


1421739389558.jpg


ZEPHYR の  ボディ に、  チャネリング 加工 を  施して  

ドッキング して あります


俗にいう、  ” ボディ  スワップ ”   という  技法 でして 


DSC_0974 - コピー


30 ~ 50 年代 の   古い  構造 の  クルマ は

車高 を  落としたり、   きちんと  乗れるように と


フロント フレーム を  MUSTANG Ⅱ、   リア も  C ノッチ して


DSC_0976 - コピー


ペラ や、  C ノッチ を  かわすよう、  ボディ 加工 して、、、、、


エンジン、 ミッション も、    古いのは   調子 悪いので

新しく  買って  載せ替えて、、、、、  と、  やってると


DSC_0977 - コピー


膨大 な  手間 と、  お金 が  掛かってしまうので、、、、、、、


新しめ の  クルマ の  ドナーカー を   1台  用意 して  

ボディ を  降ろして、  エンジン、 ミッション、 フレーム だけに して


DSC_0978 - コピー


そっくり、  古い  クルマ の  ボディ を   載せてしまう   感じ です。


70 ~ 80年代 の  外装 が  ボコ ボコ の、  

ボロイ  車 を  二束 三文 で  買ってきて、    


DSC_0979 - コピー


腐ってる  フロア を   レストア する 手間 も  省けるし


ボディ だけを   載せ替える する方が、    安くて

性能 も  良くなる。。。。。。 という  感じです


DSC_0980 - コピー


コスト パフォーマンス が  良いので、  アメリカ では   

ポピュラー な   技法 でして


N澤 くん の  ZEPHYR も、   見た目 は   75 年前 の

  
DSC_0982 - コピー


クラシック カー ですが、  中身 と   性能 は   シェベル でして


という、   ” 皮 が  被った  カウパー氏 ”  ではなく

まさに  羊の皮 を  かぶった、  オオカミ ですね


DSC_0983 - コピー


だから、  こんな  車 を  通勤 に  使ってて、、、、、、 


宇都宮 在住 ですが、   土曜 は  横浜。。。。。。

日曜 は  東京、、、、、、 月曜 は  川崎 へ、、、、 と


DSC_0984 - コピー


普通 に  乗り回して、  高速 でも   ” 紫色 した  アレ ”  と

競争 しながら、  飛ばしまくれる  ワケです


現在、  チャネリング & Z ING で、   低く なってますが


DSC_0992 - コピー


車高調 機能 は  付いていないので、   段差 では

擦ってしまうので、  車高 を  上げられたり


着地 まで   車高 を  下げられるように  したいそうです


DSC_0993 - コピー


チャネリング & Z ING   してあるので、   

C ノッチ  しなくても、   無理 の ない  


普通 の  組み方 で   エアサス を  組めば   

  
DSC_0994 - コピー


着地 できてしまう   構造 なので、  

容易 に   進むかと  思いましたが


フロント と、 リア フレーム を  Z ING してる 分


DSC_0996 - コピー


ミッション、  デフ が  フロア に  近づいているので


センター トンネル と、  ペラ シャフト の  

クリアランス が   少なく  なっていまして、


DSC_0997 - コピー


エアサス を  組んで、  デフ と  ペラ が  上がってくると

センター トンネル に  ペラ シャフト が  干渉 します。


なので、  ” センター トンネル の  かさ上げ ”  が  


DSC_0998 - コピー


必要 な ことが  判明 しまして、   

どれくらい  かさ上げ が  必要 か、、、、、  は


センター トンネル を  切開 して、   


DSC_0999 - コピー


当たって  行き止まる  部分 を  なくしてから

実際 に、デフ を  持ち上げてみて


どこまで   シャフト が  上がってくるか 

検証 する ことに なります


DSC_1000 - コピー


クルマ の  下 から、   どこを  どう  切るか  確認 し

フロア側 に  ケガキ を  入れまして


切開 する 部分 の   ダイナマット も  剥がして、


DSC_1001 - コピー


切断時 に  飛散する、  火の粉 で  引火 しないよう

ガソリン タンク や、   内装 を   全部 外しまして、


外せない  ダッシュや、  ガラス などは、  

火の粉 対策 の  養生 を  したら


DSC_1002 - コピー


ケガキ に  沿って、  切開 していきます

 
一箇所、  フロア の  左右 を  渡している

ボディ の  ブレス も   あるので


DSC_1003 - コピー


袋 構造 に  なってる、   ブレス も  含め

一気 に   切断 しまして


センター トンネル が   摘出 完了


DSC_1005 - コピー


ブレース 部分 は、   切ったまま に すると

ボディ の  強度 不足 に  陥るので


後 に  再生 していくことに  すると しまして、


DSC_1006 - コピー


早速、  デフ を   持ち上げると、   どこまで  

ペラ が  上がって くるのか   検証 が  始まりまして



楽しみです、  N澤 ZEPHYR !!!!!!




[ 2015/01/26 00:00 ] 40 LINCOLN ZEPHYR *NOZ | トラックバック(-) | コメント(-)